医療ミスの鑑定は有能な医師の存在なしには成り立たない

公開日: : 最終更新日:2015/12/31 医療に関する記事

さまざまな医療ミス事件の報道があったことを契機に、二〇〇〇年に厚生省が診療関連死を警察に届け出るように指導を行った。それによって医療者から警察の届け出が急増したのだが、それに伴って刑事立件が急増した。

二〇〇五年について見ると、届け出一七七件に対して、九一件が刑事立件されている。事故調ができるとさらに届け出が増え、立件が増えることになるのは間違いないだろう。

刑事罰がからむと、医師は過失をより認めたがらなくなるだろうし、過失がなければ補償が得られないということならば、その後の患者さんやその患者さんの家族の生活に大きな支障が出ることになりかねない。

医療ミスでもないのに、患者さんが亡くなったことに感情的になっている患者さんの家族が訴えた際に、事故調に報告がいっていないと処罰の対象になりかねない。これは大変なことである。

刑事罰は、一部の患者さんにとっては、医者をとっちめてやった感じになるかもしれないが、本当に意味があるのは民事訴訟で、患者さんが納得できる賠償が得られることだろう。とくに後遺障害が出た場合は、医師の過失があろうがなかろうが、金銭的補償の意味は大きい。

医療ミスの鑑定は

マンパワーの問題だってクリアされていない。医療ミスの鑑定は、やはり有能な医師の存在なしには成り立たない。診療関連死を全例ということであれば、相当な数で、しかも専従の鑑定医が必要だ。そうでなくても医師不足が問題になっている地方で、このようなことが可能であるとは思えない。

また、事故調案が出てから、臨床研究まで妻縮することになった。東大医科研の上昌広准教授の報告では、二〇〇七年から日本における副作用や合併症の症例報告が激減している。

自分がかかわったことを告白して、やぶへびになりたくないという医師の心理が働いているのだろう。原因究明のためにつくるという触れ込みになっているが、やはり逆効果になっている。これはあまりよくないと思う。

スタッフ不足のなか、いい加減な鑑定機関になるのであれば、現場の医師を不安にするだけの、厚生労働省の単なる天下り機関になるだけだ。単に厚生労働省の役人が、社保庁がつぶれることを見越して天下り機関をつくったと見ている。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

理想の医師とそうでない人-分かりやすい例を挙げて善し悪しを紹介

横柄で傲慢でイバってばかりいる医者は、本当に良い医者とはいえない。聞かれもしないのに手術は99%成功

記事を読む

no image

医者が研究の看板のもと医療がおろそかになる現状

現時点では医学研究のための重要な機関である。しかし、その看板のもと、無駄で意味がないと承知していなが

記事を読む

no image

医療従事者数が増えすぎることで起こるデメリット

医者は増えすぎて余る傾向があることは問題です。厚生者は一九九四年の時点で、二〇二五年には約二万六〇〇

記事を読む

no image

働けると見なされれば生活保護は受けられない

働けると見なされれば生活保護は受けられない。お金もないので、薬はもらえず、さらなる検査や手術も受けら

記事を読む

no image

ナースステーションでワイドショーの話題で盛り上がる

入院患者さんのベッドサイドには、テレビがあります。これは入院費用とは別で、病院外から業者が入ってレン

記事を読む

no image

医者がテレビ出演をすることは必ずしもいいことばかりではない

テレビ出演なども、本来は病院の就業時間であっても、教授レベルであればまったく問題がない。外来の代診を

記事を読む

no image

研修医が病院に初出勤時に起こる嬉しい出来事

医師の、ボールベンにはガスターだのザンタックなどと、カタカナ名が入っているはずです。場合によっては英

記事を読む

no image

医師になるための条件が欠如している今の若者の傾向

人を愛し、救おうとする医学の道に、人間嫌いの学生が入ってきたらどうなるか。医者は科学者であり、人体の

記事を読む

no image

医療格差と情報の意味-治療をおすすめしても治りたい意欲なし

「どうせ生きていてもいいことがないから」「一生、貧乏だから」「一生、結婚できないから」と自棄を起こし

記事を読む

no image

注射が怖いと騒ぐ人-採後しっかり押さえて5分間待ちましょう

痛〜い。やめてくれ〜、なんて叫び声が、診察室から響いてくることがあるでしょう。その悲鳴を聞いた待合室

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑