医療ミスの民事訴訟の問題

公開日: : 最終更新日:2015/12/28 医療に関する記事

死がからむような重要なケースは、まず担ぎ込まれないし、担ぎ込まれても大きな病院に送ればいいだけの話。しかし、ほとんどの勤務医にとっては、事故調は脅威になる。医師会に入っている勤務医は、即刻、医師会を辞めたほうがいい。

病院で「死因がはっきりしない」死をなくそうとしたら、技術レベルが低いと自分で思っている医者(もちろん若手のトレーニング中の医者も含む)は手術や救急措置をますますやらなくなるだろう。ベテランだって逮捕される危険を冒してまで難度の高い手術をやりたがらなくなるのではないか?そうすれば医療崩壊がさらに進むだけだ。

民事だと、証拠はうやむやにされるし、証拠の改ざんもされる可能性がある。さらに証言をしてくれる医者がろくにいないために、患者さんが泣き寝入りになることが多く、十分な補償が得られない。これはなんとかしてほしいものである。

医療ミスを疑う家族が民事裁判を行う際に、十分な相談ができ、証拠保全の強制権を持ち、証言や中立的な鑑定をしてくれる医者を紹介してくれる現実的な医療事故の調査機関のほうが、医師にも患者さんにもはるかにメリットがあると考える。

ミスがないのに訴えるような人は

ミスがないのに訴えるような人は訴訟マニアであったり、クレーマーのような人とも考えられるが、一つ考えないといけないのは、医師側と患者さん側のコミュニケーションの行き違いのケースがかなりある。コミュニケーションのやり方を間違うと、大きな問題が起こることもある。

刑事事件にすると、医療崩壊は進むし、患者さんも金銭的な補償に直接つながらない。これは双方にとってデメリットのはずだ。いい加減な事故調より、患者さんのためになる医療ミスの相談調査機関をきちんとつくるべきだろう。

他方、刑事になると証拠は強制捜査できるし、警察に頼まれれば検察側の証言を断る医者はほとんどいないし、医者は密室で、弁護士もつかないまま、警察署の中で取り調べを受ける。これを代用監獄という。先進国では取り調べは警察署の中でなく拘置所で行われるし、弁護士も取調官も両方がついている。この状況から改善しないと免罪はなくならない。だから刑事で訴えたくなる気持ちはわからなくはない。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

検温カードで勘付かれてしまった病気の勘違い

研修医の小僧など、彼女たちの手にかかっては赤子も同然。キャリア6年の医局員M医師でさえ、表面はにこや

記事を読む

no image

エゴグラムの結果の見方の例を紹介

あなたの前で、ヨチヨチ歩きの幼児が転んでしまったとき、あなたは最初にどう思うでしょう。 ・あら

記事を読む

no image

病院の受診時に注意したいボディースーツの着用について

ボディースーツは、特に40代の女性に好まれるようです。美味しいモノを我慢するのもイヤ、ハアハアいいな

記事を読む

no image

医者としての教育や医療制度などについて

・医者としての教育、医療制度など 医学部の教育内容が見直され、かつてより医者としての情操教育や

記事を読む

no image

研修医が病院に初出勤時に起こる嬉しい出来事

医師の、ボールベンにはガスターだのザンタックなどと、カタカナ名が入っているはずです。場合によっては英

記事を読む

no image

病院食がまずいのは調理のせいではないようだ

もちろん病気によっては食べてはいけない食品があり、好き勝手に食べられては満足な治療ができないことはあ

記事を読む

no image

ナースは注射を打つとき血管が細いと緊張するらしい

血管の直径なんて日常生活上ではどうでもよいことですが、病院での掘血や静脈注射の際には大いに関係があり

記事を読む

no image

さまざまな難しい皮膚科の病気を専門に診る病院をつくれば

日本には皮膚科の大きな専門病院がない。勤めている優秀な皮膚科の医者を、五年のうち一年くらいは、いろい

記事を読む

no image

行った治療行為に応じて医者に金を払うシステム

行った治療行為に応じて医者に金を払うシステムにすると、過剰診療になりがちなのだが、逆に定額制にすると

記事を読む

no image

8020運動という厚生労働省のスローガンをご存知でしょうか?

八〇歳になっても自分の歯を二〇本残し、自分の歯でものを噛んで食事をしょうというスローガンの8020運

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑