医療ミス訴訟-処理にはあらゆる手を使う

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

たいしたことのない病気で、外見は元気な患者が注射ミスで死亡すると簡単にはいかない。おかしいじゃないかと家族からクレームがつき、医者があいまいな態度をとったりすると訴えられることになる。

生死の境をさまよっている患者であれば、注射ミスで死亡させてしまったところで、患者の家族には疑われないですむことが多い。手術後に麻酔が切れると、苦痛に耐えきれずに暴れる患者がいる。そんなときは鎮静剤を打つが、患者によっては不整脈が起きていて鎮静剤の副作用で死亡するケースもある。こんな場合は、手術後の経過が悪く、体力もなくなっていたので持ちこたえられなかったといいわけすれば、たいていの家族は納得してしまうのである。

医療事故は、思いもかけずにやってくる。診療ミス、手術ミス、投薬ミスなど、病院ではあらゆる場面でミスや事故が起こりうる。

マスコミに知られないようにするために、患者の家族にも徹底して嘘をつき通す。そうした努力にもかかわらず、発覚し裁判になったところで、ほとんどは医師側の勝訴となる。しかし、ミスした医師のその後の昇進に影響し、自分の地位が危なくなることもあるので、闇から闇へ葬るのが得策と考えるのである。

医療ミスが起こってしまったあと

患者の家族が疑いをもって裁判に持ち込み、医師側は敗訴した。医療ミスが起こってしまったあとの病院の常春手段は、外部にミスをしたことの情報が漏れないように最大限の努力をするというものだ。手術でもミスは多い。比較的多いのは手術に付随する麻酔のミスで、酸素と笑気ガスの接続を間違えて患者を死亡させたケースもある。

最後まで医者に信頼を寄せ、毎日患者に付き添っている家族は、死因についても医者からの説明で充分に納得し、訴えることは少ない。ミスを起こしても、医師側はごまかしにくいから率直にミスを認めて示談ですませようとする。裁判で勝てる患者の家族は訴えず、決め手を持たない家族が疑惑で訴えるから、絶対的な証拠をなっている医師側を追及できないまま結審となり、医師側の勝訴となるのだ。

裁判で医師側が勝つケースが多い理由の一つは、患者の家族は医学的知識が乏しいままに訴えるからである。それも入院中は患者をほったらかしにして、どのような処置が行われていたかを知らないまま、慰謝料をふんだくれないものかと考える人が多い。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医者が女遊びがすぎて痛い目にあった話

彼が一躍その名を轟かせたのは、有名女優と噂になった時である。二人の交際はマスコミにも知られるようにな

記事を読む

no image

医師国家試験の合格率は医学部のレベルを反映しなくなった

いまさらながら、新設医大の果たした役割を考えてみると、日本の医療事情が見えてくる。多くの新設医大は、

記事を読む

no image

センター対策や理科対策に十分な時間が使える

高1や高2から始めるのであれり時間がとられるから、早めに数学にもとりかからないと受験に間に合わない。

記事を読む

no image

医師会の力は昔よりは弱まったとはいえとにかく絶大

政治にも絶大な力を誇ると言われている医師会。医師会の力は昔よりは弱まったとはいえ、とにかく絶大だ。政

記事を読む

no image

医者を目指すと決めた頃にあった志はすぐに崩壊していくという話

医者になり、実習の頃に見ていた先輩の姿が医局ではまったく違って見えることを知る。同時に自分が医者とし

記事を読む

no image

医者はきちんと哲学を学ぶべきだという考え方

医者というのは、理系のせいか、一部の例外小説家などになって成功する医者も少なくはないが、やはり少数派

記事を読む

no image

翼状針の意味を取り違えた恥ずかしい話

・翼状針を間違った意味にとってしまった話 ある病院でのお話。患者の点満液の具合を見ていたH医師

記事を読む

no image

検温カードで勘付かれてしまった病気の勘違い

研修医の小僧など、彼女たちの手にかかっては赤子も同然。キャリア6年の医局員M医師でさえ、表面はにこや

記事を読む

no image

医者がイライラしたり機嫌がよくなる境界線

・医者がイライラしたり、機嫌がよくなる境界線 最近、胃腸の調子が思わしくないOさん50歳、同じ

記事を読む

no image

暗記数学の最終ステップである試行力が必須

精神的なことや家族の事情なども含めて、一人ひとりが違うから、同じ病気でも、相手に応じた治療方針を出す

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑