医療ミスについて-認定医の制度をほかの科にも広げるべき

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

医療ミスを招く原因の一つは、明らかに人手不足だ。絶対数が足りない上に、患者に主に接するのが経験の少ない看護婦になるから、ミスが発生しやすい。医者にしても、今は麻酔医にだけある認定医の制度をほかの科にも広げるべきだ。

外科や産婦人科、美容外科などの手術後に起きる障害や死亡に関して、医者のミスではないかと思ったら、すぐに医療事故を担当したことのある弁護士に相談したほうがよい。弁護士会に問い合わせればそうした弁護士を紹介してくれる。弁護士に相談するほどではないが、何か引っかかるというなら、保健所の相談コーナーを利用してもいいだろう。

医者といえども人間だから、当然ミスは犯す。しかし人の生命を預かる以上、許されるミスと許されないミスがあり、どのようなミスであれかぎりなくゼロに近づけていく努力が求められると思う。医療ミスを減少させる一つの力になるのは、患者側の総然とした態度である。

麻酔科の認定医制度は、医療ミスの発生率が麻酔科で最も多いことが危惧されて制度化された。認定医がいなければ、医師の免許があっても麻酔ができない制度で、現在は申告制である。医療ミスはほかの科でも起きているわけだから、制度化して医者の技量の差を明らかにすれば、総体的な質の向上が図れるのではないか。ただし認定を医師側が行うようにすると、学界の意向で認定・非認定が裁断される。

何かと暗躍するのが習性になっている医学界だから、不正がまかり通ることにもなりかねない。やはり厚生省あたりがやるべきだろう。

医療ミスが発覚するケース

医療ミスが発覚するケースに内部告発もある。病院の体質を問題にしてというより、日頃から仲の悪い医者同士が相手を告発して自分を有利にしようという意図で行うようだ。医療ミスにかぎらず、製薬や医療機器の会社からのリベートがバレるのも内部告発、というより密告からだ。患者のためになるのであればそれも悪いことではないが、そうした病院に入ることから患者の不幸がはじまってしまうのだから、いかんともしがたい。

医療事故保険を扱う保険会社は、大学のOB会や医師会の有力者、医局の教授などにリベートを贈り、加入を勧誘させているという。医学界はタテ社会であるから、有力な人脈さえつかめば下っ端まで支配できるらしい。万が一裁判に負けた時の慰謝料などの賠償に応じるため、医療事故保険が各損保会社から発売されているが、一件につき最高一億円が保障されている。月々三〜四千円の掛け金なので、大学の勤務医から個人開業の医者まで、ほとんどの医者が加入している。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

親父ギャグで爆笑するのは自分だけ

本来、上司のギャグには、たいしておかしくなくても、瞬発的に反応しないといけないのが、今や不文律です。

記事を読む

no image

産婦人科の先生が転職する際に利用したい会社

産婦人科の先生が転職を考える場合、求人を探すのはけっこう大変です。産婦人科であれば求人がすぐに見つか

記事を読む

no image

医療ミスの事例は多いが隠蔽しようとするものもいる

医者は、警察官や自衛官、教員などと同じで、いったん反社会的な行為をしたら、その人の信用は一気にゼロに

記事を読む

no image

市販薬の種類が増えている理由

~薬の種類が増える理由~ 現在、市販薬においてはまだ多くの合剤が見られます。その代表がテレビの

記事を読む

no image

開業医師は流れ作業に追われる毎日

一般の人たちからすると、開業医というのは、何かあった時にすぐに行ける身近な医療機関としてなくてはなら

記事を読む

no image

研修医は日雇いの扱いなので休むと給料はもらえない

体を壊したときの保障がない。原則的に研修医は日雇いの扱いなので、休むと給料はもらえない。また、正社員

記事を読む

no image

オーダリングシステムを取り入れた病院の努力だが・・

医者個人の情報、つまり卒業大学、持っている専門医資格、研修をした病院、研究、医療に関する考えなどを患

記事を読む

no image

病院内で事故が起こることもありえるので注意しましょう

病院内は安全な場所っていうイメージがあるのに、実際は危険も多いんです。病院内の交通事情は不良です。気

記事を読む

no image

憧れの芸能人が病院に来たときの医師の心境

・憧れていたタレントを診察するときの医師の心境とは? H市民病院の内科に勤めるW氏はある俳優に

記事を読む

no image

さまざまな難しい皮膚科の病気を専門に診る病院をつくれば

日本には皮膚科の大きな専門病院がない。勤めている優秀な皮膚科の医者を、五年のうち一年くらいは、いろい

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑