医療従事者数が増えすぎることで起こるデメリット

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

医者は増えすぎて余る傾向があることは問題です。厚生者は一九九四年の時点で、二〇二五年には約二万六〇〇〇人の医者が過剰になると試算の結果、予測しています。毎年約八〇〇〇人が国家試験に合格し、廃業したり死亡する二〇〇〇人を差し引いても年に約五~六〇〇〇人もの医者が増えています。

当然医療費も増加することになり、もし、医者一人に年間五〇〇万円の給料を支払うとすると、単純計算で五〇〇万円×六〇〇〇人=年三〇〇億円という国民医療費が増えていく計算になります。病気になる国民がそのぶん増えているわけではないので、医者は健康な人に生活習慣病の可能性があるといって検査漬けにすることで収益を確保し始めているというわけです。

医師一五〇人態勢というのは、人口一〇万人あた打に医者を一五〇人作るというもので、当時の欧米先進諸国並みにしたいという発想から生まれた目標値です。医者が増えれば、国民皆保険制度とあいまって、お金がなくて医療を受けられないという人が減るだろうという考え方で、少なくとも当時の官僚の発想としは正しかったのでしょう。

医療従事者を増やすという意図

もうひとつの医大新設のほうは医科大学を新たに作って医療従事者を増やそうというもので、こちらは医療従事者を増やすという意図がすんなりわかります。一九六一年の国民皆保険制度といっしょにスタートしたのが医大新設構想と医師一五〇人態勢でした。医大が増えればそれだけ卒業生も増えますから医者への道も幅が広くなるわけです。

ところが、この医大新設、医師一五〇人態勢の目標は思わぬ方向に展開してしまいました。新設医大の乱立が起こり、入試は金権入試になってしまいました。医師一五〇人態勢は、一九八〇年代にとっくに達成されているのですが、その後も医者は増え続けています。裏口入学という言葉が流行語になるほど、一般的に正当とはいえない手段で医大に入学し、そのまま医者になる人が続出したのです。

医者を養成する制度が一九六一年から基本的に変わっていないからです。問題は、裏口入学が流行した当時、医者になった人もいまだに医者として現役で、お金をつかって裏口から医者になったわけですから投資したお金を取り戻すための医療を続けているということです。

そういう医者ばかりではないと信じたいところですが、不必要な薬剤、検査を勧める医者には、やはり医者になるために投資したお金が大きかったためにそうなるという傾向も見られます。
裏口でなくても医大に進学するにはお金がかかりますから、どうしても投資したぶんを回収したいという心理が働くでしょう。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

海苔の食べすぎで結石が出たある医師の話

近所に住むYさん(70歳)が、隅田川近くの市中病院によく駆け込むようになったのは1年ほど前から。彼の

記事を読む

no image

医学部大学の学生は医者になる過程で二度の強烈なショックを受ける

医学部の学生は、医者になる過程で、二度の強烈なショックを受ける。医学部に入ったときと、医者になり入局

記事を読む

no image

手術用メスが飛ぶとき-上司の研修医への扱いはヒサンなものだった

たとえ見習い期間中であろうと、人の命を預かることにかわりはないのだから、ミスは絶対に許されない。ふつ

記事を読む

no image

貧血について-男性や中高年の女性の場合は危険なことがある

・パソ パソというのはパソロジーの略で、病理という意味だ。つまり、ガン細胞のありそうな場所から

記事を読む

no image

病院機能評価-実態を知る方法というのはあるのか?

病院の評価すらまだまだ進んでいない現状では、大学病院の医療の実態を知る方法というのはほとんどないとい

記事を読む

no image

医者を目指すと決めた頃にあった志はすぐに崩壊していくという話

医者になり、実習の頃に見ていた先輩の姿が医局ではまったく違って見えることを知る。同時に自分が医者とし

記事を読む

no image

勤務している医療機関を変えたいなら-利用したいサービスを紹介

医局のしがらみから抜け出すことができず、自分が思い描くような収入を得ることができず、医局を抜け出した

記事を読む

no image

研修医の仕事-都会から地方病院に行ったらモテる

研修医は普通は外来の新患は診ない。初診は怖くて診られないし、病院としても診させられないというのが正直

記事を読む

no image

成績は遺伝ではない

私は小学校のときは、とても勉強ができて、西日本の模擬試験でもトップをとったことがあった、というある人

記事を読む

no image

注射が怖いと騒ぐ人-採後しっかり押さえて5分間待ちましょう

痛〜い。やめてくれ〜、なんて叫び声が、診察室から響いてくることがあるでしょう。その悲鳴を聞いた待合室

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑