医師の就職先が見つからなくなる次代が来るかもしれないという予測

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

医者が過剰になった場合、医学部希望者の減少がはっきり出てくるだろう。大学病院に残って医療を続けている理由の一つに、時間が自由になるということがある。研究が好きで残るというより、医療をやりながらも、経営を考えなくてもいいという安易なところがあるのは事実である。

医師不足で全県に国立系大学の医学部を作り、新設医大を作った結果が、医師過剰状態を作り出しつつある。これまでは、大学病院がその過剰になった医師を吸収雇用していた。その一つのテクニックとして、余った医者は周辺の病院への長期出張という形で派遣され、大学病院に所属はしているものの、実際には大学病院で勤務していない医者がかなり存在しているという。

百床くらいの小規模な病院への就職も自由な選択ができないほど、医者にとってかなり厳しい状況となってきている。長期出張という形で所属していた医者たちが、年齢的にも、医局内での出世の可能性がなくなってくると、そのまま大学病院とは切れて、出張先の病院へ就職するようになってきているようだ。

開業するにも、親の後を継ぐという形で開業を引き継ぐ場合は、借金もなくほとんどリスクはないが、現在首都圏で新規開業するには、土地建物を含め一億円以上の資金が必要になる。銀行の貸し渋りもあり、開業という医者の最後の切り札まで、かなりリスクが高くなってきている。

大学病院の不安要素とは?

既設の大学病院の理事長は同族、身内経営から脱却し、もっと広い視野で大学病院の将来を考えているのを見ると、これからの規制撤廃で、海外資本の流入、病院間の競争が起きたとき、病院経営が個人経営的な従来型の経営戦略で生き残れる可能性は低い。そういう意味では、経営者の交代をどう選択していくのか、それによっては大学病院自体の経営が行き詰まる可能性がある。

現在では、理事長が二代目や三代目に引き継がれる状況にあるという。新設医大は、個人が医療経営の拡大と自分医療信条を実現するために作られた。それだけに個人経営の色合いが強い。そこで、未経営的な世襲制の延長で大学病院を引き継いだ場合、他の産業と同じように、時代に即した大学病院経営ができるかは疑問の残るところだ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医者が女遊びがすぎて痛い目にあった話

彼が一躍その名を轟かせたのは、有名女優と噂になった時である。二人の交際はマスコミにも知られるようにな

記事を読む

no image

医者と付き合う場合、待ち合わせの時間を決めるのに苦労する

救急車で運ばれてきた患者さんを譲ることは緊急を要しますから、デートよりも優先順位は上にしないといけま

記事を読む

no image

女のわがままに最も対処できるのは

・もっとも女のワガママを知りつくした医者 技術的には世界でも最高のレベル。現在の日本の美容整形

記事を読む

no image

入院患者のトラブル-ライバル感覚からくる争い

患者さん同士にはライバルという感覚があります。特に、同じ時期に同じような手術をした人たちです。

記事を読む

no image

看護職の仕事はどう変わる?-活躍する場は広がってくるが問題も多い

高齢者の在宅医療を進めていこうとするこれからの医療では、医者より看護婦が活躍する場は広がってくる。そ

記事を読む

no image

医師はモテると世間で見られがちだが

世間では医者はモテると思われているようだが、検査技師Nさんは、31歳の独身。キリリと太い眉に切れ長の

記事を読む

no image

製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうことがあるという。こんなに大事にさ

記事を読む

no image

病院内の売店の経営は意外に儲かるらしい

東京郊外にある大学病院に出入りするW商店社長の車は黒塗りのベンツ。それもサンルーフつき。大病院の職員

記事を読む

no image

医者からもらった薬たまっていませんか?

患者さんのドクターショッピング(あちこちの医療機関や診療科を転々とすること)によって、自分の飲み薬が

記事を読む

no image

若い看護師に悩むベテラン婦長の不満

Wさんは46歳のベテラン看護婦。婦長より6歳も年長だが、ウマが合い、なにかと婦長を立ててくれる。婦長

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑