医師は聴診器などを自費で購入しているらしい

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

白衣は医師の制服です。名刺は勤務病院の名前や肩書きを入れておきます。医者にとって聴診器は必需品です。それなのに、三つともすべて自費だったんです。白衣もクリーニングは、病院で負担してくれる。院内に洗濯物を入れるポリバケツが置いてあって、しっかりと名前を書いた白衣をバケツに放り込んでおくと、10日くらいの間に、返ってくる。途中で連休が入ると白衣が戻るのに2週間はかかるときもあるようです。

そんなことくらい、自分で払ってもいいじゃないと思うでしょう。お金のないときに限って、聴診器が壊れてしまったり、なくしたりするようです。価格は聴診器で、最低3万円くらいはします。
高いモノは10万円以上するそうです。白衣は4千円くらいのようです。最低でも4~5枚は持っていますから何万円かになるわけです。

強制的に着せられるモノのために、お金を払うのはとっても損した気分のようです。いつのまにか、行方不明になってしまう白衣もあって、ときどき定期的に購入しないと間に合いません。使い勝手から考えると、まあお買い得商品です。

名刺も自費で作成している

会社に勤めれば、自動的に作ってもらえる名刺も、自費で作成しているとか。値段は百枚で3千円程度ですが、これもおサイフの中身が寂しい時期には、痛い出費なのです。自分で作るのだから、病院の住所と電話番号に並べて自宅の連絡先も印刷してしまう医者もいます。

かつて雑誌で、担当の医者に名刺をもらってみて、そこに自宅の住所も書いてあったら、自宅に付け届けしろという意味があると書いてあるのを見ました。そんなことは、まったくの俗説です。もし、主治医の名刺を手にすることがあって、自宅の連絡先も刷られていたら、きっと仕事用とプライベート用の2枚の名刺を作るのがもったいないから、ー枚にまとめたに違いないと思っていいでしょう。

ちなみに、看護婦さんの白衣や事務職の女性の制服は支給されるらしい。なんで?ズルイ!と思いますが、多くの大学病院はこの体制らしい。木綿製で肌に優しく、着心地はいいんですけれど、支給されないのは納得できないとのこと。女医は、白衣を着ると太って見えるし、嫌いなという人も多いようです。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

必要な薬以外に、飲んではいけない薬は存在するの?

肝炎などの肝障害の治療には、栄養を多く与え、十分なビタミン剤を投与することがよいと考えられています。

記事を読む

no image

医者の家族は他人の医師に診てもらったほうがいい

近しい身内はなぜか治りが悪いようです。日ごろから尊敬しつづけているご夫妻なら別ですが、最も信頼できる

記事を読む

no image

ニューハーフの患者が大部屋に入ったらどうなる?

パンツスーツは女性のファッションとして定着しましたし、髪の長い男性もふえています。世間では男女の区別

記事を読む

no image

良い医者の見つけ方-良い例と悪い例をあげて分かりやすく紹介

悪い医者は、やたらと多くの薬を使いたがる。一方、薬を必要最小限にしぼって病気を治すのが、上手な医者で

記事を読む

no image

新薬治験とは?-医者がやけに勧める薬には注意が必要かも

新しい薬を医療現場で使えるようにするためには厚生労働省の承認を受けなければなりません。そのためにはま

記事を読む

no image

娘にどんな教育方法を医者たちはしているのか

・娘にどういう教育を医者たちはしているか 結婚間近のMさんが、鎖骨を痛めて入院した。原因はゴル

記事を読む

no image

良い歯医者の具体的な見つけ方を紹介

歯科医院はそれこそ軒を連ねるほどありますが、歯科医の専門にもいろいろな分野があります。××歯科という

記事を読む

no image

女医研修医の出産時の笑えないセリフとは?

・笑うに笑えぬ女医のセリフ なんとか無事男の子を出産し、ホッとした翌朝のこと。Aさんが初めての

記事を読む

no image

医者の優しい言葉-良い悪いを判断する判断例集

良い医者は、薬の量に精通しているので、何グラムだったかな?とは言わない。しかし悪い医者は、薬の分量を

記事を読む

no image

院内感染-MRSAなどの耐性菌との果て無き戦い

抗生物質の投与に厳しい規制のある欧米では、日本のような院内感染の事故の例はないようです。MRSAなど

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑