医師不足の原因-大学病院へ行けば相変わらず外来は混んでいる

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

大学病院へ行けば、相変わらず外来は混んでいるし、いっこうに待ち時間は減らない。たしかに現場では、いまのところまだ医者が足りない。本当に医者は足りないのだろうか。しかし、医者が世に送り出されながら、どうも充足された感じがしないのは、どういうことなのだろうか。

ここに大きな落とし穴がある。開業医であれば、一週間フルに働くのは当たり前であるだから、大学病院で医者が増えても外来は混んでいるのだ。その医者をもっと臨床へ向けることができれば、医者が足りないなどということはないはずだし、外来の診察室の数の問題もあるが、もう少し混雑は緩和できるかもしれない。

優秀な医者が生まれる大学の定員は残し、他は削減したほうが、医療を受ける側にしてみればいいはずだ。昔に書かれた医学部入試についてふれている本には、医者は将来余ると予想されているが、そんなことはない。医者になって七、八年くらい経過した者は、研究中心の生活を始める。医者が足りないのではなく、研究至上主義のために、大学病院では臨床をやっている時間が少ないのだ。内科であれば外来半日を一回とすれば、一週間に行なっている外来診療は二から三回というところだ。それ以外は教育と研究に追われる。

医学が進歩し専門分野はどんどん広がり、医者はそれぞれの専門分野へ進むために、医者は将来も足りないのだというようなことが書かれている。この予測は大きくはずれた。医学部へ進むことは、人生がバラ色のように見えていた時代があったというのが正しいのだろう。

私立医大の建学の精神

臨床軽視は明治から官立系医学部が行なってきたことのようだ。研究こそ医学というスタイルに反発し、当時の高木兼寛が慈恵会医科大学を作り、北里柴三郎が福沢諭吉の接助を受けて、慶応大学医学部を作った。その目的は臨床重視の医学部を作ることであった。私立医大の建学の精神には、よき臨床医ということが謳われている。しかし、実際にはどうだろうか。

建学の精神のよき臨床医は、実にむなしいお題目になりさがってしまったといっていいようだ。ひたすら論文の数を稼ぐという方法でしか医者を評価しない、国立系大学医学部と同じ状況になっているという。新設医大も同じように臨床中心の医学教育であったはずが、現在では、研究至上主義になっているのはなぜだろうか。簡単にいえば、教授が国立系であり、看板は私立でも内部は官立であり、既設の私立医大とはだいぶ状況が違うようだ。

三十年以上経ったいま、よき臨床医は新設医大から生み出されたのであろうか。研究機関としての存在意義を考えるなら、新設医大はもう必要がないというのが本当のところであるようだ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

自律訓練法で簡単リラックス

心身医学療法でよくなったやせ症やせ症は拒食症とも言われ、正式には神経性食思不振症と呼ばれます。自ら食

記事を読む

no image

病院で使われる用語集-色々な略語を紹介

医師の間で使われている、色々な略語を紹介していこう。 ・エソファグス(esophagus)

記事を読む

no image

医学専門誌ならではの広告

・医学専門誌ならではの広告とは どんな企業でも新規開業して1番苦労するのは一代目である。開業医

記事を読む

no image

交流分析テストで分かるエゴグラム

~交流分析が有効であった患者さん、交流分析とエゴグラム~ アンケート形式のテストは、心療内科で

記事を読む

no image

大学病院は研究をするところで臨床は周辺の病院で学べばいいという意見

大学病院は研究をするところで、臨床は周辺の病院で学べばいいという意見もある。この考えは一部の医者に根

記事を読む

no image

博士号を取得しても給料は上がらないらしい

博士号を取るためには、何か新しい研究成果を出し、それを論文の形にまとめます。その論文が医学雑誌に載る

記事を読む

no image

臓器移植の問題点-チンパンジーの脳に換える

心療内科では、交流分析、自律訓練法、行動療法の三本柱に加え、一般心理療法、カウンセリング、催眠療法を

記事を読む

no image

臨床技術を勉強させてもらっている身で給料をもらうなどという声

臨床技術を勉強させてもらっている身で給料をもらうなど、贅沢だと思うかもしれない。研修医の指導をしても

記事を読む

no image

医学部の学生や世間が持つ医者が特権階級だという誤解

結局ほとんどの学生は何も知らないまま、医学部に入っていくのだ。入学と同時に医者は特権階級だと信じ、周

記事を読む

no image

入院患者が強制的に退院転院させられる理由には色々ある

病院の区分けをますます進める厚生省の考え方からすれば、大学病院は急性期の病気しか診ないと定義付けられ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑