医師不足の原因-大学病院へ行けば相変わらず外来は混んでいる

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

大学病院へ行けば、相変わらず外来は混んでいるし、いっこうに待ち時間は減らない。たしかに現場では、いまのところまだ医者が足りない。本当に医者は足りないのだろうか。しかし、医者が世に送り出されながら、どうも充足された感じがしないのは、どういうことなのだろうか。

ここに大きな落とし穴がある。開業医であれば、一週間フルに働くのは当たり前であるだから、大学病院で医者が増えても外来は混んでいるのだ。その医者をもっと臨床へ向けることができれば、医者が足りないなどということはないはずだし、外来の診察室の数の問題もあるが、もう少し混雑は緩和できるかもしれない。

優秀な医者が生まれる大学の定員は残し、他は削減したほうが、医療を受ける側にしてみればいいはずだ。昔に書かれた医学部入試についてふれている本には、医者は将来余ると予想されているが、そんなことはない。医者になって七、八年くらい経過した者は、研究中心の生活を始める。医者が足りないのではなく、研究至上主義のために、大学病院では臨床をやっている時間が少ないのだ。内科であれば外来半日を一回とすれば、一週間に行なっている外来診療は二から三回というところだ。それ以外は教育と研究に追われる。

医学が進歩し専門分野はどんどん広がり、医者はそれぞれの専門分野へ進むために、医者は将来も足りないのだというようなことが書かれている。この予測は大きくはずれた。医学部へ進むことは、人生がバラ色のように見えていた時代があったというのが正しいのだろう。

私立医大の建学の精神

臨床軽視は明治から官立系医学部が行なってきたことのようだ。研究こそ医学というスタイルに反発し、当時の高木兼寛が慈恵会医科大学を作り、北里柴三郎が福沢諭吉の接助を受けて、慶応大学医学部を作った。その目的は臨床重視の医学部を作ることであった。私立医大の建学の精神には、よき臨床医ということが謳われている。しかし、実際にはどうだろうか。

建学の精神のよき臨床医は、実にむなしいお題目になりさがってしまったといっていいようだ。ひたすら論文の数を稼ぐという方法でしか医者を評価しない、国立系大学医学部と同じ状況になっているという。新設医大も同じように臨床中心の医学教育であったはずが、現在では、研究至上主義になっているのはなぜだろうか。簡単にいえば、教授が国立系であり、看板は私立でも内部は官立であり、既設の私立医大とはだいぶ状況が違うようだ。

三十年以上経ったいま、よき臨床医は新設医大から生み出されたのであろうか。研究機関としての存在意義を考えるなら、新設医大はもう必要がないというのが本当のところであるようだ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

3分診療のカラクリ-ある医師の話を例に説明

~大病院の三分診療のカラクリ~ 三時間待ちの一三分診療を受ける患者さんの腹立たしさはよく分かっ

記事を読む

no image

当直なしの求人を探している先生におすすめのサービス

当直のない求人を探しておられるのであれば、転職支援サービスを使って探したほうがいいと思います。求人誌

記事を読む

no image

非公開求人多い医療求人サイトはここで見つかる!

非公開求人は、一般に公開されている求人よりも条件の良い求人が多くあると言われています。ですので、同じ

記事を読む

no image

今の若い医者は診察を軽んじている!?

診察のときに使う器具類は、聴診器や血圧計といった機械としては単純なつくりのものでも、過去から現在にわ

記事を読む

no image

医療行為を裁判所が判断できるのか

どんな簡単な手術でも、低い確率でも、死亡や悪化のリスクはある。だから昔は、お産でも手術でも、ある程度

記事を読む

no image

医師がお礼の商品券を断固として拒否した本当の理由

・お礼は断固おことわり新人医師のあきれた言い分 今日退院するNさんが、医局に挨拶に来た。皆さん

記事を読む

no image

医学博士の医師は名医?世間が思っている誤解-用語集

・医学博士 医学博士と名医とは、何の関係もない。いくら手術の腕が良くても、決して医学博士にはな

記事を読む

no image

外来診療を手抜きする医者-五分診療という言葉

大病院で外来を担当する医者は、ほとんどが中堅どころで臨床経験が豊かである。医局でいえば助手や講師クラ

記事を読む

no image

産婦人科の先生が転職する際に利用したい会社

産婦人科の先生が転職を考える場合、求人を探すのはけっこう大変です。産婦人科であれば求人がすぐに見つか

記事を読む

no image

医者と薬屋の接待現場での話

医者と薬屋の接待現場での話 ・お医者さんと薬の関係 小さなバーのカウンターで飲んでいるの

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑