医師過剰時代-大学病院の勤務医も町医者もあふれんばかり-用語集

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

・医は算術

最近は、医は算術と言い換えられてしまい、金儲け主義の医者が増えてきた。そうなった理由は、大昔の医者はあまり儲からなかったので、世のため人のために医者になる人が多かかったが、最近の医者はまあまあ備かるので、それが第一目標となってしまったわけだ。大昔は医は仁術といって、金儲けは度外視して、患者のために尽くす医者が多かった。

・医師過剰

町医者は、患者が医者を選ぶので、評判の悪い病院はつぶれてしまう。大学病院では、定員数よりも多くの医者が勤務している場合は、給与をもらえない医者が出てくる。現在は医師過剰の時代であり、大学病院の勤務医も町医者もあふれんばかりである。だが、これだけの医師過剰時代でありながら、無医村はやはり無医村なのである。患者が少なくて儲からないし、生活も不便だという理由で、誰も行きたがらないのだ。

・医療ミス

注射したところが腫れた、消毒不足のためバイ菌が入った、薬の量が少なかったので治るのが遅れたなど。こういう極端な医療ミスは滅多に起こらないが、細かいミスはしょっちゅう起こる。患者を取り違えたため、健康な肺を手術で取ってしまった等の医療ミスが、時たま報道されている。あまり大事には至らない場合、問題にされない。

医薬分業

・医薬分業

診療所にとっては、院内処方よりも院外処方の方が儲からないので、医薬分業に渋っていた。厚生省が医薬分業を指導したため、最近では診療所の外の薬局で薬を出している。以前は、診療所で薬を出していた。そこに薬局が目をつけ、診療所の損失の大半を補填するという条件で、診療所のすぐ近くに次々と開店していったようだ。

・医原性

このコトバを患者の前で使うことはあまりないが、もしどうしても必要ならば、医者しか分からないように、英語でイアトロジェニックと言う。たとえば、検査・治療・薬剤・手術による副作用や身体障害などである。医療行為が原因となって、何かまずい事態が起こったこと。そうなる可能性が予期されるし、不可抗力の場合もある点で、医療ミスとは異なる。しかし、中には、自分の医療ミスを棚に上げて、医原性だ。医原性だと言っている医者もいる。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

学閥を利用することで名医を見つけることも可能

ベッド数九九の中堅病院ながら、心臓外科としては大学病院や国立病院をしのぐ病院もあります。神奈川県の大

記事を読む

no image

臨床に即した研究調査機関を大学病院のなかに設置すべき

新薬開発の臨床試験、既存の薬の臨床効果判定、新しい手術方法の是非、そういった臨床に即した研究調査機関

記事を読む

no image

床屋の白衣が招いたある誤解

ある理髪店では、順番待ちをしている人たちがいた。しかし、突然、「これはたいへん」と店主のAさんは店を

記事を読む

no image

外科医の仕事の能力の優劣を決めるものは何か?

同じ外科でも脳外科と普通の外科とでは、それぞれ医者の適性がまったく違うという。脳外科は細かい手術が多

記事を読む

no image

交通事故現場で卒倒してしまったある病院の院長の話

交通事故現場で卒倒してしまったある病院の院長の話 ・事故現場で卒倒した辣腕外科医のひとりごと

記事を読む

no image

医師の就職先が見つからなくなる次代が来るかもしれないという予測

医者が過剰になった場合、医学部希望者の減少がはっきり出てくるだろう。大学病院に残って医療を続けている

記事を読む

no image

いろいろな流派の精神医学の勉強ができたのはありがたかった

精神医学の世界で非常に勉強になり、現在の治療に自信を持てたり、本を書くうえで役立っているだけではない

記事を読む

no image

病院患者同時でイジメが行われることもあるので注意

偶然、病室が同じになっただけの縁です。仲よくなれる人もいれば、気が合わない人もいて当然。入院生活は、

記事を読む

no image

キャンサーは英語で癌のことを指す-その他いろいろな用語も紹介

・キャンサー たとえば肺ガンならば、Lungcaというように、Caと略して使う。なお、カルシウ

記事を読む

no image

人体を解剖する実習

人体を解剖する実習だが、献体をしてくれる人に対する感謝の念や、あるいは医者としての精神を叩き込むとい

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑