医者の世界で不人気のものを選んだほうが高収入を得やすいかもしれない

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

これから人口も減り、医療が高度集中化すると、腕のいい一流の医者にはやりがいが出てくる
だろうが、一方では、海汰の可能性ははるかに高くなる。そうでなくても、医学部の定員を増やし、医者はどんどん増えていく。

日本中の大学に胸部外科とか心臓外科の医局があり、一つひとつの医局に毎年二、三人の人間が入るとすれば、一五〜二人が心臓外科医の候補ということになる。一倍以上の競争率に勝ち抜かないと、手術のできる心臓外科医になれず、生アシスタント(人工心肺のポンプのオペレーターでポンプ回し、などと呼ばれている、あるいは心臓の手術に使う脚の血管を取り出すなどの係)で終わるか、外科医なのに、循環器内科とかいう名前で、研修先は腕を牌けるレベルの品い病院を高血圧や心臓の悪い人に薬を出す医者に転業しないといけなくなるという。

産婦人科は現時点でも収入面では、かなり恵まれている。静岡のほうで、五、六軒の開業の産婦人科医たちが提携して、たとえば夜中のお産は当番でやったり、難しいお産の場合は応援に行ったりして、産婦人科医療を地域で続けているという。医者に聞いてみると、一人で年間六五件もお産を扱うという。お産だけで売り上げが年に一億円もあるのだ。おそらく一般的な開業医の四~五倍になるはずだろう。

医療ミスについての保護も手厚くなる方向性

医者になれば、十分豊かに生活できるはずなどという甘い考えを捨て、これからの需要と供給を考えて研修先を選ぶ必要がある。たとえば、産婦人科は訴訟リスクのため医師不足が問題になっているが、これからは医療ミスについての保護も手厚くなる方向性が打ち出されているし、収入面でも優遇されるだろうかと思う。

医者の世界で不人気と思われているようなものを選んだほうが、収入のことだけを考えれば、高収入を得やすいということだ。ただ、これもきちんと世の中の流れ、医者の世界の流れを把握しておかないといけないのであろう。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

研究熱心なある医師の毒味の楽しみ

研究熱心なある医師の毒味の楽しみ。 R内科のすぐ近くで喫茶店を経営するUさんは、開業当時からの患者

記事を読む

no image

研修後に医師が雇用してもらうには

研修後に医師が雇用してもらうには。 研修が終わった後、雇ってもらえる方法としては、後期研修という形

記事を読む

no image

現病歴はPI-今かかっている病気がどういう経過をたどっているか

・PI(現病歴) 今かかっている病気がどういう経過をたどっているかという意味。新入院患者のカル

記事を読む

no image

看護職の仕事はどう変わる?-活躍する場は広がってくるが問題も多い

高齢者の在宅医療を進めていこうとするこれからの医療では、医者より看護婦が活躍する場は広がってくる。そ

記事を読む

no image

看護婦と医者の関係-外科はほかの科と違ってかなり密接

ベテランの看護婦に嫌われたら、医者としての生命は終わりだ。そっぽを向かれたら、医者なんて羽をもがれた

記事を読む

no image

何でもかんでも薬漬け医療だというのは少し違う

現代の医療は、薬漬け医療だとよく言われることがあります。医者が必要のない薬をたくさん出したり、患者の

記事を読む

no image

風邪程度で入院を勧められたら注意しましょう

医者が診断をして、入院が必要ですなどといったら、それは、重い病気であることを意味するのだろうか、と受

記事を読む

no image

女のわがままに最も対処できるのは

・もっとも女のワガママを知りつくした医者 技術的には世界でも最高のレベル。現在の日本の美容整形

記事を読む

no image

人体を解剖する実習

人体を解剖する実習だが、献体をしてくれる人に対する感謝の念や、あるいは医者としての精神を叩き込むとい

記事を読む

no image

看護師が患者を死なせてしまった話-見よう見まねで起こった事故

ある救急医療センターには、日頃から若手医師をイジメるので有名なべテラン看護婦がいた。経験の浅い医者が

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑