医者の学閥を抜け転職をしたい人が利用すべきサイト

公開日: : 最終更新日:2016/08/26 医師求人

学閥を抜け転職をしたい人は多くいるようです。もしも転職を考えているのであれば、自分で動くよりも、転職支援サービスを利用したほうがうまくいくと思います。

転職支援サービスであれば、キャリアコンサルタントが、先生に変わって求人を探してくれますし、自分で探すよりもかなり条件の良い求人が見つかると思います。

医師転職ドットコムエムスリーキャリアなどといった、業界でも大手のサービスを利用することで、幅広い求人を探すことができ、自分に有利になる求人を見つけられると思います。

転職支援サービスであれば、忙しい先生でも求人が探しやすいですし、無料で利用できますので、利用がしやすいでしょう。

東京大学を頂点とする支配がもたらしたもの

母校の卒業生のなかから教授が出せないで苦しんでいるというのが現状であるようだ。むしろ東大支配が再び起きていると考えるほうがいいのかもしれないという話だ。初期の主任教授たちによって作られた学閥(ジッツ)は守られてきた。

医学部ができた当初、うまくそのポストに滑り込んだ他大学から来た教授たちに、利用されてしまったにすぎなかったのではないだろうかという意見もある。ジッツに支配されている教授であるために、既存の医学部と同じものを作り上げてきたようだ。出先機関である限り、独自性を発揮することができない。こうして考えてくると、新設医大の果たした役割は何だったのでしょうか。

教授会全体を見れば、まだまだ新設医大は他大学の出先機関としての役割しか与えられていない。それを考えれば、新しい医学部としての試みは何もなされなかったといってもいいという。

新設医大の医学研究の程度

一九九四(平成六)年十一月十一日号のネイチャーに、東京慈恵会医科大学医学部情報センターの山崎氏の論文が発表されている。それによると、アメリカの国立医学図書館のデータベースのなかの日本研究者の英語論文数は、大阪大学医学部がトップで国立大学医学部が上位を占める。このなかには、新設医大の名前はないようです。

私立医大ということで、公の科研費はなかなか取れないし、製薬会社から大きな援助もなく、財団からの研究費も少ない、となれば、数憶かかるような大きなテーマの研究には取り組むことができない。一年後に結果の出る研究をやらざるを得ず、小手先の研究ということになる。臨床でかなり労力を消費しながら、研究を続けているのが現状であるよう。新設医大の医学研究の程度を問われると、かなり厳しい結果しかないという。

医師国家試験の合格率を上げることに、十年以上を費やした。最近の十数年は医学研究を既存の医学部のレベルに追いつくように努力はしているが、発表論文を評価するインパクトファクターで評価すれば、国立系大学の医学部とは歴然とした差があるのが実情のようです。

関連記事

学閥を利用することで名医を見つけることも可能

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

これはいい!マイカー通勤可の見つかるドクター求人サービス

当直など、勤務体制が不規則な医師の場合、マイカー通勤ができないと出勤するのが大変である場合が多いです

記事を読む

no image

将来のためのスキル活かせる医者の求人サイトでおすすめがこれ

スキルアップのために転職を考えたり、スキルを活かすために転職をしたいと考える先生が多くいらっしゃいま

記事を読む

no image

すぐに見つかる!老健医師の転職を支援する会社を紹介

老健、いわゆる、介護老人保健施設は、超高齢化社会に向かっている現在において、採用ニーズが高まってきて

記事を読む

no image

転職したい乳腺外科のドクターのお役立ちサービスを紹介

乳腺外科では、手術ができる医師であればもちろんいいのですが、手術ができない医師でも、病院側からのニー

記事を読む

no image

訪問診療のみの医師求人が見つかりやすい紹介サービス

在宅医療(訪問診療)の求人を見つける場合、なかなか見つからないことがあると思います。自分で探すと意外

記事を読む

no image

利用しよう!祝日休みのドクター求人を紹介してもらえるサービス

祝日が休みの求人を探す場合、意外にあっさりと見つかる場合もありますが、なかなか見つからないこともあり

記事を読む

no image

知っておきたい!認定施設求人が見つかる医師転職サービス

病院のホームページなどを見ていますと、認定施設であることをアピールしているのをよく見かけます。認定を

記事を読む

no image

医療従事者が仕事を変えたい場合に利用したいサービス

医療従事者の先生方の中には、今の職場に満足をしていない方もいらっしゃいます。そして、辞めて別の病院に

記事を読む

no image

休みが多い医者の求人を知りたいならこのサイトを見るべき

医師といえば、休みが少ないというのが当たり前ですが、常勤ではなく、非常勤をメインに仕事をすれば、休み

記事を読む

no image

これは必見!夜診の先生が見ておくべき転職支援サービスとは?

夜診の求人を探す場合、すぐに見つからない時があります。そんな時には、医師転職ドットコムやエムスリーキ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑