医師の評判が分からないときに自分で見て判断する方法

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

変わりないですか?は、高血圧などで長期間ずつと通院している患者に対して言うコトバ。このコトバの裏にはおそらく体調に変わりないと思うが、念のために聞いておこうというニュアンスが含まれている。体調に変わりがあるかないかを聞いているようだが、実は違う。もし本当に体調が良いか悪いかを聞くなら、いかがですか?という言い方をするのが普通だ。だから、このコトバをこんにちはと同じ意味で使っている医者もいる。

もし、主治医が患者に検査結果を説明した時や、他の病院に患者を紹介する場合に、カルテをコピーしましようと言ったら、その医者はカルテの内容に自信がある。つまり、良い医者なのだ。昔はカルテは医者のものに決まっていたので、患者にカルテを見せることは殆どなかった。しかし、最近では患者にカルテを開示する病院もふえてきた。カルテは誰のものか?という議論は、以前からあった。悪い医者は、とてもじゃないが、カルテを人に見せられない。

「患者は他にもいるんだ」。もし、このコトバを聞いたら、医者よりも患者に問題があると思った方がよい。悪い医者はもちろん、良い医者でも、このコトバを言うことがある。待合室では、もっと具合の悪い患者が、順番を待っているというのに。たとえば、病状は大したことがないのに、ここを見てほしい。それから、ここも見てほしい。検査はこれをやってほしいなどと一人で大騒ぎしている患者だ。

病院での人間関係

良い医者は、病院での人間関係もスムーズにいっているから、自然と看護婦を○○さんと名前で呼ぶようになる。医者が看護婦に患者の処置を頼む時に、看護婦のことを何と呼んでいるか聞いてみよう。もしOOさんと名前で呼んでいればいいが、看護婦さんと呼んでいるようならダメだ。しかし、悪い医者は看護婦とぶつかることもあるので、名前で呼べずに看護婦さんと呼ぶものだ。

学会のためによく休診する医者は、学者としては一流だが、医者としての腕は二流だと思ってよい。
学会の内容は、患者の治療に直接に役立つような発表は皆無であり、患者の治療とは何の関係もないヘンテコリンな動物実験の結果報告が大部分である。大学病院の医者は、外来診療と学会の日程が重なった場合は、学会へ行くのが普通である。つまり、大学病院の医者にとって、患者の診察などは二の次なのだ。

スポンサーリンク

関連記事

no image

病院選び-いい医者と悪い医者の分かりやすい見分け方

病気の種類と程度によって、治療方法は二つに大別される。もちろん、痛くて我慢できないなら手術を受けた方

記事を読む

no image

博士号のメリット-医学博士でなければ教授の地位に昇る資格はない

医学博士でなければ、教授と名のつく地位に昇る資格はない。国公立、私立を問わず、大学で出世するためには

記事を読む

no image

ナースステーションでワイドショーの話題で盛り上がる

入院患者さんのベッドサイドには、テレビがあります。これは入院費用とは別で、病院外から業者が入ってレン

記事を読む

no image

実習をやっていない人間が外科医になるのは現代の怪なのか

よく、頭でっかちの医者は患者さんの心がわからないなどと言われる。「解剖のテストは満点だが、実習をやっ

記事を読む

no image

赤レンガ病棟に入ったある人

私は左翼学生ではなかったが、同期の友人が、赤レンガは人間的な精神医学をやるところで、外来派は生物学的

記事を読む

no image

大学病院の役職などの仕組み-医局の大きさはまちまち

旧国立一期の大学の付属病院だと、内科だけでも第一内科から第四内科まで医局があったり、私立だと専門の分

記事を読む

no image

医師が患者さんを診察するときに困ること

医師が患者さんを診察するときに困ることがよくあるようです。診察の中でも、胸の診察で困るのがスリップや

記事を読む

no image

院内感染-MRSAなどの耐性菌との果て無き戦い

抗生物質の投与に厳しい規制のある欧米では、日本のような院内感染の事故の例はないようです。MRSAなど

記事を読む

no image

名医とは-手術の腕だけでなく患者への対応も見ておこう

たとえば高血圧の初期は、症状が何もないので、自分で勝手に通院をやめてしまう人がいる。そういう人が体調

記事を読む

no image

学会で二番煎じ三番煎じの発表が堂々と行なわれてしまう理由

学会では二番煎じ三番煎じの発表が堂々と行なわれてしまう。これは学会の数が多すぎ、無理に参加しなければ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑