医者が開業医を目指しアルバイトを増やす際に利用したいサービス

公開日: : 最終更新日:2016/08/25 医師求人

医師が開業院を目指す場合、開業資金をかなり集めないといけません。本気で開業を目指している医師の中には、常勤だけではお金が貯まらないので、アルバイトもしながらお金を稼いでいる医師もいます。

非常勤のアルバイトの場合、常勤よりも高収入の場合が多く、1日でかなりのお金を稼げます。

もしも、非常勤のアルバイト求人を探しておられるのであれば、Dr.アルなび医師バイトドットコムなどのサービスが見つけやすいと思います。

また、エムスリーキャリアの非常勤のほうで探せば、かなりの数の求人を見つけることができるでしょう。利用は無料ですので、いい求人が見つからなければ、複数のサービスに登録をして、一気に求人をたくさん探すといいと思います。

実力よりもキャリアよりも開業はカンロク

医科大学に進んだ中学時代の親友Mさんは、学位を取ってようやく大学から離れ、一般病院に赴任したばかり。男32歳といえば、普通の会社員ではもう中堅どころだ。医者が本当に一本立ちするというのは、やはり開業のことだろうか?それに比べて、銀行マンのNさんも主任の職につき、家庭では2児の父親である。銀行という仕事柄、医者、とくに開業医とのつき合いが多いNさん、ついつい商売っけが出てMさんにこう聞いてしまう。

結婚も今年ようやくといったころ。おまえと同期で開業したヤツっている?開業?さあ、いないんじゃないか。開業なんてはるか先のことだろう。若手といってもせいぜい30代後半だ。そうなるとNさんの得意先のO医院の院長は老けて見えるが、若手の部類に入るだろう。突然、あ、いたいた。Oっていう変わり種のオジさんがいた。1人いるよとMさんが思い出した。田舎の学校の先生のような丸メガネで、ゴマ塩頭の優しげな風貌、温厚な人柄で、3年前の開業当初から、Nさんの家族全員がお世話になっているO院長は、だいたい40代半ばぐらいか。

それはまさにNさんのかかりつけ

よくよく聞いてみると、なんという偶然、それはまさにNさんのかかりつけ、O院長のことではないか。2年ぐらい研修やっただけで、すぐ開業したんじゃないか。たった研修2年で開業なんかできるのか?と、思わず声がうわずるNさんに、できるだろう。O院長は九州の高校で英語教師をしていたが、一念発起して医学部を目指し、三浪、そして2度の国家試験失敗の末、晴れて医者になったという。

まあ、開業資金は最低条件だが、Oなら十分カンロクあるからと、Mさんは一言。そりゃ年が年だからカンロクはあるだろう。開業ってカンロクでするものなのか?実際、開業医には年配が多い。実力よりもキャリアよりも開業はカンロクなのか?医者としては新人Mと同期じゃないか、と思うのであった。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

神経内科求人をできるだけ多くチェックしたいならここで知ろう!

神経内科医の数はあまり多くありません。それとは反対に、神経内科の求人は増える一方です。神経内科医の先

記事を読む

no image

訪問診療のみの医師求人が見つかりやすい紹介サービス

在宅医療(訪問診療)の求人を見つける場合、なかなか見つからないことがあると思います。自分で探すと意外

記事を読む

no image

整形外科のドクターが転職を考えているなら読んでおきたい

整形外科医のニーズは高まっています。総合病院などで、整形外科領域全般をカバーするため、積極的に整形外

記事を読む

no image

かなり必見!高額年俸が期待できる医師求人サービス

高学年歩で雇ってもらいたいと考える先生は多いかもしれませんが、高額年俸を稼げるようになるとい思うと、

記事を読む

no image

ここで決まり!皮膚科医師が求人検索に役立てるサービス

皮膚科の医師の求人はそれほど多くはありません。皮膚科の求人では、美容系の美容外科、美容形成、美容皮膚

記事を読む

no image

見つかりにくい療養型の求人がすぐに見つかる医師求人サービス

療養型の医師求人を探しておられる先生であれば、ネットで簡単に見つけることができます。ネット上には、転

記事を読む

no image

知っておきたい!先進的医療で働ける医師求人が多いサービス

医療技術はどんどんと進化を遂げ、先進医療の分野は、昔に比べてはるかにレベルアップをしてきています。高

記事を読む

no image

医療従事者が仕事を変えたい場合に利用したいサービス

医療従事者の先生方の中には、今の職場に満足をしていない方もいらっしゃいます。そして、辞めて別の病院に

記事を読む

no image

要チェック!呼吸器内科の求人を見つけたいなら登録したいサイト

呼吸器内科医のニーズは高まってきています。ガンは日本人の死因の1位となっていますが、肺がんでお亡くな

記事を読む

no image

大手で探しやすいドクター求人サイトといえばどこ?

現在、日本国内には、多くの医療求人サイトが存在します。今はネットで簡単に医療求人が探せますので、昔よ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑