医者が患者などとのコミュニケーションがうまくいかない問題

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

「医学部に入ってから、他学部の人とのつきあいがない」「医者になってから医者以外の友達がほとんどいない」などという人も少なくない。これが、日本の医者が患者さんなどとのコミュニケーションがうまくいかなかったり、患者さんの背景となる世間一般のことを知らない(精神科などは、とくにこの知識は必要だろうし、ストレス関係の医学をやりたい場合だってそうだろう)という問題につながると思う。

大学医学部は、医学部だけの体育会系のクラブを持つ。もちろん、入る気になれば、よその学部の人と同じクラブに入ることもできる大学は少なくないだろうが、通常は医学部の野球部、医学部のゴルフ部といったクラブに入り、試合も医学部同士で行う。合宿なども行い、先輩との交流も強い。

試験対策から、医者になってからの情報まで、ここで手に入れる情報も大きいので、これらのクラブに入る人は少なくない。そういう点では、やはり医学部だけは、別という感じになるところは多い。大学にもよるが、これらのクラブは医学部だけのクラブではあるものの、同好会と違い、体育会のクラブなので、練習もそれなりに厳しい。

つきあいを広めていくしかないだろう

ある程度は意図的に医学部以外の人とのつきあいを広めていくしかないだろう。ここで、君たちが気になるのは男女交際だろう。女性の場合は、医学部は男性のほうが多いし、医学部に入れば、医学部生や医者のボーイフレンドができるというのは、なんとなくイメージできるかもしれない。

一九九五年には、医師国家試験合格者における女性の比率は二三・七%だったが、その十年後の二五年には三三・七%と一%も増えている。毎年、着実に増加し、現在は四割くらいになっているといわれている。今でも三人に一人以上は女性なのだから、すべての男子医学部生が女子医学部生とつきあいたいと望んだとしても、競争率は二倍を切ったということになる。

男性の場合、このように医学部が閉鎖社会だと、つきあいはどうなのかと気になるのが人情というものである。これについては、いろいろな意味で心配はいらないと断言できる。一つには、医学部における女子学生の割合が急増しているということがある。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医学部卒業後の進路をすぐに決めなくてすむようになった

研修制度の最大のメリットは、医学部を出てすぐに自分の進路を決めなくてすむようになったことだとされてい

記事を読む

no image

医学専門誌ならではの広告

・医学専門誌ならではの広告とは どんな企業でも新規開業して1番苦労するのは一代目である。開業医

記事を読む

no image

医者の触診を役得と考えるオタク医師の話

露骨に触れば問題にもなるだろうが、触診中に大きな乳房なら手に触てしまうこともある。役得である。普通の

記事を読む

no image

小児科医が子供にびびりまくった情けない話

・小児科医がコドモにビビった話 患者が大人だと、会話1つにも駆け引きがある。小児科医を選ぶ理由

記事を読む

no image

大学病院はメリットばかりとは限らない

カゼらしい症状でも大学病院の内科、小さな切り傷でも大学病院の外科に行きたがる人ってけっこういるんよう

記事を読む

no image

医学の進歩-新しい試みを行なった医者はアウトサイダーとなる

一番新しい医学の試みを行なった医者は、みな狂気やアウトサイダーと見なされた。事実、世界で初めて心臓手

記事を読む

no image

大病院は小さな病院よりも医療の質が高いとは限らない

大病院に患者が集まる理由は、 ・若手からベテランまで専門医がそろっている。 ・科目数が多い。

記事を読む

no image

医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれませんが(田宮二郎演じる財前教

記事を読む

no image

ハルンカップとは健康診断の尿検査で使う紙コップのこと-用語集

・ビーエスティー(BST) 医学部の学生を病棟で教育することをBSTといい、内容的には患者の診

記事を読む

no image

胃薬も処方しましょうかと聞かれたら断ってもかまわない

医者の言葉にもがつくときは、この薬もいっしよにを断ったほうがいいときもあるのです。最近、単なる風邪と

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑