医者のコミュニケーション能力の欠如の問題

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

手術などがうまくいった場合は、「口下手だけど、腕のいい医者」ですむことも珍しくない。しかし、手術などというものは、実はある確率で必ずうまくいかないことが生じる。医療ミスに詳しい医者や、ある有名な調査結果によれば、医療ミスがあっても必ずしも訴えられるわけではないが、医療ミスではなく、患者さんの体のほうに問題があったのに、結果的に手術後、具合が悪くなったようなケースでの訴訟も多いという。

最近では、コミュニケーション力が医者にとって重要なこととされる。いくら自分に知識があっても、それを患者さんに納得できるように伝え、患者さんの不安を理解できる能力がないと、医師としての評価は損なわれる。

その差は、医者と患者さんのコミュニケーション上の問題だということが大半だ。事前に起こりうるトラブルや確率をきちんと説明していなかったり、うまくいかなかった際のフォローや説明をきちんとしていなかったりで、不信感が強まった結果の訴訟というのが想像以上に多い。

コミュニケーションスキルについての講義がないこと

問題は、ほとんどの学校で、この手のコミュニケーションスキルについての講義がないことだ。ただ、この手のコミュニケーション・スキルについては、たとえば会社では、取引先との商談の進め方やセールスなどで重視されている関係で、それについて身につけるべきことなどの解説書や、よくできた研修コースなどは実はたくさんある。

医療ミスの問題だけでなく、患者さんにアンケートをとる限り、患者さんから見ていい医者とは、説明が丁寧だったり、不安を解消してくれたり、あるいはよく話を聞いてくれる、などが上位に並ぶ。

最低限の能力に自信がないのであれば、やはり身につけるに越したことはないだろう。性格を変えたり、人間性を変えることは困難でも、この手のコミュニケーション・スキルを身につけるだけで、医師としての好感度や信頼性がはるかに高まることは知っておいて損はないだろう。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

大企業の集団検診で達人の域に達する

R氏とて検診医の経験もあるにはあるが、それだって近所の小学校だけ。大企業あげての集団検診など、今回が

記事を読む

no image

医学部大学の学生は医者になる過程で二度の強烈なショックを受ける

医学部の学生は、医者になる過程で、二度の強烈なショックを受ける。医学部に入ったときと、医者になり入局

記事を読む

no image

診断が難しい病気も多く存在する診たての難しさ

医者側にとっての診たてとは?強調したいことは、患者さんにとって金科玉条のような診たてとは、医者側にと

記事を読む

no image

派手な看護師の意外な一面-しっかりと仕切ってくれる姉御肌

後輩ナースの面倒見もよくて、そんなオトコは甲斐性なし。ダメよ早く別れなよ。その彼は大事にしな。気持ち

記事を読む

no image

地域枠-医学部で定員割れとなるのか

医学部入試では、地域枠に希望者は殺到するだろう。すると、センター試験もこれまで以上の高得点が必要とな

記事を読む

no image

学会で二番煎じ三番煎じの発表が堂々と行なわれてしまう理由

学会では二番煎じ三番煎じの発表が堂々と行なわれてしまう。これは学会の数が多すぎ、無理に参加しなければ

記事を読む

no image

お医者様選びのヒント-色々なケースに見る質の高さや低さ

データ的には6カ月くらいだとしても、あくまでもそれは平均値。「厳しいですね」は、患者の命が長くないこ

記事を読む

no image

人体を解剖する実習

人体を解剖する実習だが、献体をしてくれる人に対する感謝の念や、あるいは医者としての精神を叩き込むとい

記事を読む

no image

大学病院は研究をするところで臨床は周辺の病院で学べばいいという意見

大学病院は研究をするところで、臨床は周辺の病院で学べばいいという意見もある。この考えは一部の医者に根

記事を読む

no image

姑息的手術の意味やそのほかの医学用語の意味の紹介

・姑息的手術 たとえば、すでに転移している大腸ガンの場合、手術してもガンが治ることはほぼない。

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑