医者の向き不向きなど

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

もともと医者向きの性格などという人がそんなにたくさんいるのか疑問だし、性格的には献身的で人助けが好きでも、たとえば記憶力がさっばりだったり判断力がさっぱりで、結果的に正しい治療ができずに患者さんを死なせてしまったり、具合を悪くさせてしまうのであれば、やはり医師として失格だろう、とある医師は語る。

勉強ができることはメリットでありこそすれ、医者にとってデメリットであることは何もないと言っていいだろう。私自身は、今の性格がどうのこうのとか、頭でっかちがどうのこうのということより、その後に受ける教育のほうが医者としての自覚に与える影響が大きいと考えている。医者という職業は性格の良さだけでできないとわかっているから、世界中のどの国でも難しい資格試験があるのだ。

医学部に入ってからは、記憶中心、暗記中心の試験の連続で、「受験生のころのほうがラクだった」と言う人さえいるくらい。私自身は、受験勉強は医者になってからのメリットが大きいと考えている。まず一つは、記憶力のトレーニングになることだ。医者の世界では、国家試験や専門医の資格試験を含めて、覚えなければならないことが多い。

経験で身につけたことは

経験で身につけたことはインターネットのサイトや医学書に載っているとは限らない。とにかく覚えておく姿勢は大切だ。たとえば私がかつてやっていたように、救命医療をやりたいのなら、インターネットや教科書で調べながらの治療はできない。頭の中に叩き込んでおかないといけないことは多い。

受験勉強をやっていると、記憶力を鍛えることになるし、記憶の工夫もするようになる。これが医学部に入ってから、また医者になってから役に立つのは間違いない。今、内科の医学書を読んでもチンプンカンプンで、書いてあることを覚えるのが難しいだろうが、国家試験レベルの知識があれば、ずっと読みやすくなるし、自分の知らないことも覚えやすくなる。いずれにせよ、新しい情報ひとつとっても、覚えていることが多い人のほうが理解しやすいだろうと、ある医者は語った。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医療ミスを隠蔽する体質-自主申告になっている事故の実際

医療事故はちょっとした不注意、集中力の欠如から発生します。なにしろ、交通事故で亡くなる人は年間八〇〇

記事を読む

no image

トレーニングができる地域医療のきちんとしたセンターがあれば

トレーニングができる地域医療のきちんとしたセンターがあれば、そこで研修を受けることにメリットがあるし

記事を読む

no image

看護婦長さんがずっとナースステーションにいる日はつらい

病棟では、婦長さんがずっとナースステーションにいる日には、どことなく緊張感のある空気が流れます。婦長

記事を読む

no image

地方の医学部の問題

都会の学校から地方の医学部に入学した人は、卒業した後、その地元の大学病院や医局に残ったり、あるいは地

記事を読む

no image

教授回診は権力の象徴で患者さんにとってのメリットはない!?

ドラマの世界では、教授回診は権力の象徴であり、患者さんにとってのメリットは示されていません。ところが

記事を読む

no image

医者としての教育や医療制度などについて

・医者としての教育、医療制度など 医学部の教育内容が見直され、かつてより医者としての情操教育や

記事を読む

no image

博士号を取得しても給料は上がらないらしい

博士号を取るためには、何か新しい研究成果を出し、それを論文の形にまとめます。その論文が医学雑誌に載る

記事を読む

no image

歯科治療は今と昔では全く違うものになっている

歯は一生もの。歯科医の治療法は変わりました。すぐに削る歯科医には通わないほうがいいようです。歯を悪く

記事を読む

no image

暗記数学の最終ステップである試行力が必須

精神的なことや家族の事情なども含めて、一人ひとりが違うから、同じ病気でも、相手に応じた治療方針を出す

記事を読む

no image

医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれませんが(田宮二郎演じる財前教

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑