医者は専門に進んでもいわゆる専門バカにならないように

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

専門に進んでも、いわゆる専門バカにならないで、社会のニーズにアンテナを張るようにしてほしい。専門医になるのもいいだろう。しかし、たとえば心臓外科医になりたいとして、日本の場合、アメリカと比べて人数が多すぎるから、一人当たりの手術数が少なくて勝負にならないとされる。

外科より、放射線や、がんの薬物療法のニーズが高まることがアメリカの動向から予想される。ただ当面は、完全にがんが制圧されることはないだろうから、緩和ケアといって、がんの苦しみを救う医療も重要になってくる。

また年に一二人補充があればいいという試算もある。それに勝ち残れる自信のある人間がめざしてほしい。医者になるということが、生活の安定を保証しない時代は目の前となっている。医学以外もしっかり勉強して、「いい医者」になりたいものだ。

医者になりたくて医学部に入ったのではなく

もともと、医者になりたくて医学部に入ったのではなく、当時の夢は、映画監督になることだった。学生時代に自主映画を撮って、当たれば映画監督の道が開けると思っていた、というような人もいる。実際、今、ゴジラシリーズやアイドル映画の巨匠といわれる大森一樹監督は、私が高校生のとき、医学部生としてメジャー(松竹)の監督でデビューしているという。

昔の医学部は、入ればラクだったという。医学部の実習のほうは、出ないと進級できないので、ギリギリくらいは出ていた。教養学部のある駒場では二年間で三回、医学部の専門課程である本郷では四年回しか出ていない。この一回のうちの一回は、内科の患者さんに対するリポートの発表の間に一回った。

実習で診た患者さんについて友達にまとめてもらって、教授や学生の前で講堂で読みあげたのだが、まったく医学の勉強をしていなかった私は、「chol」をコレステロールと読めないで恥をかいた記憶がある。しかし授業のほうは、出席をとらないのをいいことにサボり続けていた、というような学生もいたようだ。

スポンサーリンク

関連記事

no image

病院船とは災害時に有効な動く施設

災害時に病院が機能しなければ、助かるはずの人命が多数失われてしまいます。また大都市で震災が発生したら

記事を読む

no image

医学部の学生寮に謎の縫合

・医学部生寮の謎の縫合 これから6年間、親のスネをかじって、地方で下宿生活を送らねばならないの

記事を読む

no image

日本の医学部は偏差値が高すぎると批判されるが

日本の医学部は偏差値が高すぎると批判されるが、外国と比べて医学の世界に優秀な人材が集まっているから、

記事を読む

no image

スクリーニング検査とは?どこまで分かるようになるのか?

~スクリーニング検査でどこまでわかるか~ スクリーニング検査とは、初診のときや経過中に検血血査

記事を読む

no image

注射が怖いと騒ぐ人-採後しっかり押さえて5分間待ちましょう

痛〜い。やめてくれ〜、なんて叫び声が、診察室から響いてくることがあるでしょう。その悲鳴を聞いた待合室

記事を読む

no image

後期高齢者の医療費の自己負担割合など

医療費を、これまでは自分が入っている保険(国民健康保険や、まだ会社に雇われている人は組合健康保険など

記事を読む

no image

いい医者とよくない医者を見分けるコツや注意点

もし、聞かれもしないのに、自分の方から二流大学病院に勤務していたんだと言う医者がいたら、ヤブ医者だと

記事を読む

no image

精密検査を病院で行うことは人によってはマイナス効果になることも

検査の中には体力を相当消耗させるので、健康上に悪影響をもたらすものもある。それでも必要だからするのが

記事を読む

no image

心臓の雑音のことをマーマーという-用語集

・ポケベル(pocket bell) 20年前に女子高生にかわいいポケベルが流行し、医者の持つ

記事を読む

no image

医師国家試験の合格率は何と90パーセントらしい

医師国家試験は内科、外科、産婦人科、小児科、公衆衛生学の必修科目と、年によって二科目の選択科目が加わ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑