医者になりたいなら志望校対策

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

塾や学校での成績はいいのに、志望校の過去問では、もう一つ成績がよくないとか、帰国子女でTOEFLなどではいい点をとれるのに、志望校の英語の問題がイマイチなどというケースは珍しくない。この手の人は、ほんの少し、志望校対策で、その傾向に合わせた問題の練習をするだけで点が伸びる。

国立の医学部の場合、センターをどのくらい重視するかは学校によって違う。現行の臨床研修制度のおかげで、どこの大学を出ていても好きなところで(マッチングに合格できればの話だが)研修ができるのだから、とりあえず早く入ってしまうというのは一つの考え方だ。だったら、センターがよくできた場合は、それを有効に使えそうな大学を受けることで、合格の可能性がぐっと高まるだろう。

自分の学力を、志望校の問題にアジャストする。過去問を二、三年分やって、本番戦術をきちんとシミュレーションしておいてほしい。せっかく伸ばしてきた学力なのだから、志望校の問題でアウトプットできるようにするために少し練習してみる。そういうちょっとした「ツメ」が合格の成否を決めると言っていい。

ギリギリで志望校を変えることもアリ

また、ギリギリで志望校を変えることもアリ。センターの自己採点を終えて、思ったよりとれたとか、とれなかったという場合があるだろう。うまくいかなかった場合は、センターの配点の低いところに志望校をチェンジするべきだし、その際に過去問を見て、自分と問題の相性のよさそうなところを選ぶのは当然の戦術だ。とにかく、最後の最後までやれるだけのことをやって、合格を勝ち取ってほしい。

効率よく勉強して合格を勝ち取ろうということで、今は気分を高めておくことが大切だろうから、入ってからの夢を見ておくのもよい。たしかに、医学部生になれればバラ色のことが多い。異性にモテ。今のご時勢、どこもかしこも不景気で、地方に行くと医者くらいしかお金を持っている人がいないなどということがざらにある。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医者の紹介状があるからといって特別扱いは期待しない

ある日、初めて受診する患者さんがいました。たとえば、患者さんとして訪れた人が、かつての同級生だったな

記事を読む

no image

看護のお仕事はつらくずっと寝ていたいと思うもののようだ

ナースをはじめ女性の医療スタッフは、患者さんがうらやましいわねぇ、一日じゅうゴロゴロ寝ていられるし、

記事を読む

no image

医療格差と情報の意味-治療をおすすめしても治りたい意欲なし

「どうせ生きていてもいいことがないから」「一生、貧乏だから」「一生、結婚できないから」と自棄を起こし

記事を読む

no image

大病を患った患者の場合、家族を呼んで話をすることがある

医者の言葉のウラに隠されたやホンネを知っておくことで、医者に対して的確な質問をすることができます。自

記事を読む

no image

嫌な患者-こんな患者はお断りという医者の本音

こんな患者はお断り・神経科 ラクなのは軽いうつ病の患者である。典型的な精神分裂病と同様に薬にす

記事を読む

no image

健康診断システムに疑問を持つ専門家の意見

現在の健康診断のシステムを否定したり、健康診断の問題点をいくつか指摘している専門家が多くいるようです

記事を読む

no image

エゴグラムの結果の見方の例を紹介

あなたの前で、ヨチヨチ歩きの幼児が転んでしまったとき、あなたは最初にどう思うでしょう。 ・あら

記事を読む

no image

病院の職員組合はマスコミも操作するらしい

公立病院は、たとえば東京の場合は職員は都の職員になるわけで、組合員は東京都職員組合という大所帯の一員

記事を読む

no image

医者はきちんと哲学を学ぶべきだという考え方

医者というのは、理系のせいか、一部の例外小説家などになって成功する医者も少なくはないが、やはり少数派

記事を読む

no image

親父ギャグで爆笑するのは自分だけ

本来、上司のギャグには、たいしておかしくなくても、瞬発的に反応しないといけないのが、今や不文律です。

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑