ベテラン医者が仕事を辞めたがっている

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

大学のOB会でビールを飲みながら、学会のランチタイムにハンバーグ定食を食べながらなど、40~50代のオジさん医者が数人集まると、あ~ぁ、辞めたいなぁと嘆いている光景をよく目にするそうです。そのうえ、時間は自由にならないし、最近では収入だってたいしたことはない。
恵まれない面もたくさんあるようです。肉体的にもハードだし、精神的にも大きな責任がかかってしまい大変です。つらいことも多いようです、医者の仕事は。

ところが、そのオジさん医者は、下の息子が大学受験を控えてて、悩みのタネです。上の子は今年やっと医学部に入ったんですけど、長い道のり。医学部はどこも入れなくって、浪人中です。そういいながら、最後にニヤツとしています。なんのかんのといって、長男が医学生になったことはホッと安心なのでしょう。

目には輝きが消え、肌のつやは悪く表情は乏しく、声は小さくくぐもっています。スーツに、ボヤけた色彩のネクタイを締めています。地味なグレーの人生の疲労がたまりきった様子の人たちです。辞めたければ、辞めちゃえばとアドバイスしたくなってしまいます。近くに行って、こんな元気のない医者に診てもらいたくない。

皆さんのちょっとした一言

患者の皆さん、ちょっと元気を失ったオジさん医者を救ってあげてください。おかげさまですっかり元気になりました。皆さんのちょっとした一言、先生に出会えてよかったです。医療のベテランで技術や経験が豊富だけれど、活力のないオジさん医者が世の中にはいっぱいいるようです。忙しくても、大変でも、これが医者にとっての喜び。輝く笑顔を見せて、元気を分け与えてください。
やりがいを感じる、意欲たっぷりな医者がふえることは心強いことです。

オヤジは辞めたいが、息子は自分の意志だけで医者を目指すこともありえますが。それにしても、矛盾しています。自分が辞めたいといっている世界に子供は入れたいなんて。それだけ、医者は辞めたい反面、やりがいのある仕事なんでしよう。

息子にも同じ道に進ませるくらい、医者の仕事が本来は好きな人たちですが、ちょっと疲れているだけなんです。みんなでおだてて、ちょっぴり恵まれないベテランのオジさん医者は上手に使いこなしましょう。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医師はモテると世間で見られがちだが

世間では医者はモテると思われているようだが、検査技師Nさんは、31歳の独身。キリリと太い眉に切れ長の

記事を読む

no image

医療行為を裁判所が判断できるのか

どんな簡単な手術でも、低い確率でも、死亡や悪化のリスクはある。だから昔は、お産でも手術でも、ある程度

記事を読む

no image

医療学会の増えた最大の理由-まさに細胞分裂のように増えた

学会の会長となっている教授は大学を定年になっても、その学会の理事として留まり、権力を振るうことになる

記事を読む

no image

いい病院に就職できるチャンスは小さいものに

いい病院に勤めることのできるチャンスや、とくにその病院で医長や部長に昇進するチャンスは、今はどんどん

記事を読む

no image

脳死移植とそのメリットについて

脳死移植とそのメリットなどについて考えていこう。 先進医療であれば法を犯してもいいのかという問

記事を読む

no image

趣味は献血ですというある男性のお話し

・趣味は献血の疑問と納得 会社員のNさんの趣味は献血である。いやあ、これがねえ。いいんですよ。

記事を読む

no image

地方の医学部の問題

都会の学校から地方の医学部に入学した人は、卒業した後、その地元の大学病院や医局に残ったり、あるいは地

記事を読む

no image

当直勤務-枕元に患者が立っていたり眠れてもせいぜい二時間

自分の医局で月に四〜五回、アルバイトで週一回は必ず当直をする。当直は午後五時から、翌朝ほかの医師が出

記事を読む

no image

看護記録とは-いろんなことすべてが書き残されるので注意

看護記録は主に入院している患者さんについて、病気のこと、体のことのほかに、心理状態や生活観察など、実

記事を読む

no image

医師国家試験の合格率は何と90パーセントらしい

医師国家試験は内科、外科、産婦人科、小児科、公衆衛生学の必修科目と、年によって二科目の選択科目が加わ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑