医者が信用されるためには?患者に疑惑を持たれるようではダメ

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

~患者が納得するテクニック~

あいまいな態度や煮え切らない言葉が、患者の信頼を失わせ疑惑を生む。どんな人間関係もそうだろうが、第一印象というのは強く残るものである。医者の一言がずしりと胸に突き刺さり、医者だけではなく看護婦や家族の顔色さえうかがう。こんな心理状態の患者に、だと思う、そうしたほうがいいでしょう、といってはダメなのである。

医者がハッキリいわないのは重い病気だからかもしれない。もう手遅れなのかもしれないなどと悩み、獲疑心に取りつかれてしまう。だから、殺然としていうべきなのだ。

一番悪いのが、病名を告げないことである。今はいないが、昔は患者は病名なんか知らなくてもいいと考える医者がいたようである。検査で入院して何日も経つのに、自分がどんな病気なのかわからない。これでは患者はたまらない。診断に多少不安はあったとしても、とりあえず予想される病名をつけ、的確な治療のためにといって検査を続ければいいのである。

カゼで外来に来た患者などは自分が軽い病気だと思っているから、「カゼだと思います」でも納得する。しかし、入院患者の心理状態は、触れれば壊れてしまうようなガラスの器のように繊細だ。この医者は自信たっぷりだ、この医者のいうことを聞いていれば安心だ、と患者に思ってもらえるようでなければならない。

あなたは慢性肝炎なんだ。何の心配もないから、治ることだけを考えなさいと。 たとえ末期ガンの患者であろうと、そういってやることで心を落ち着かせ、病気を治そうという意欲を持たせることができる。

医者が嫌がる寂しい老人

老人は全部が全部イヤなわけではないが、概して気が重いという。とくに家族に見放された老人の患者は、医者にも迷惑なものであるという。

自分で勝手にガンだと思うんならそう思い込んでいればいい。そのうちストレスが溜まって、本当のガンにかかることもある。そうしたら、望みどおりガンになったよ。よかったじゃないかと思うことにしているという医師もいるという。

できる限りの手を尽くしているのに、徒労感ばかりが残る。こういう家族が実に多いようだ。家族に惜しまれながら死んでいく人は、どんなに幸せなことか。不幸な老人をたくさん目にしてきた医師が多いので、我が身の将来を考えると背筋が寒くなってしまうようだ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

名医ランキングというものは必ずしもあてにならない!?

時々週刊誌などで紹介されている名医ランキングには、よく有名大学の主任教授や大病院の院長、部長といった

記事を読む

no image

なぜ、高学歴の親の子供がいい大学に入りやすいのか?

私が中学に入ってから成績が下がったのは、勉強をしなかったせいだ。それというのも、中学受験塾の先生がい

記事を読む

no image

必要な薬以外に、飲んではいけない薬は存在するの?

肝炎などの肝障害の治療には、栄養を多く与え、十分なビタミン剤を投与することがよいと考えられています。

記事を読む

no image

おまかせ医療から患者さんの自己決定医療へと変換

最近、薬のシートの薬品名の箇所(俗にフチという)の記載が、アルファベットからカタカナに変わりつつあり

記事を読む

no image

看護のお仕事はつらくずっと寝ていたいと思うもののようだ

ナースをはじめ女性の医療スタッフは、患者さんがうらやましいわねぇ、一日じゅうゴロゴロ寝ていられるし、

記事を読む

no image

治療が正しいことだったかどうかの判断

医者でさえ判断に迷うのが実態なのに、裁判所が勝手に判断して、そのやり方をしないと逮捕というのでは、医

記事を読む

no image

死化粧はナースが行う大事な仕事だが・・

お弁当箱よりやや大きめの箱の中には、化粧道具が入っています。人が亡くなると、体を拭いて清め、女性の場

記事を読む

no image

病院医局の内部-息を潜め教授の意見に黙って従う世界

医学部のさまざまな管理機構には、外部からの影響がほとんど及ばないという。そのために学長や理事長という

記事を読む

no image

医学部の学生や世間が持つ医者が特権階級だという誤解

結局ほとんどの学生は何も知らないまま、医学部に入っていくのだ。入学と同時に医者は特権階級だと信じ、周

記事を読む

no image

大学病院から赴任してきた医師の手術の腕前やいかに!?

週に一度、学位論文のまとめに大学へ行くときに顔を合わす程度だった。やはり、医師が自分の研究を進めるに

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑