医者になってからの職業選択の失敗が減ったことは歓迎すべきこと

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

医者になってからの職業選択の失敗が減ったことは歓迎すべきことかもしれないし、逆に言うと、研修医時代にいかに情報を集めるかで、将来が決まると言っていい。

研修医は自由にを経てから、行きたい医局に入ったり、どんな科に将来進めばいいか?どんな医者がいい医者か?などということは、意外に学生の間はわからない。研修医という形であっても、実際に医者になってみると、どの科が患者さんのニーズがあるとか、どの科に夢があるとか、どの科が大変か(逆に、それがわかるようになって、産婦人科や小児科のなり手がいなくなっているということも問題視されている)などがわかるのである。

新しい研修制度のもう一つの特徴と言えるものに、後期研修をむしろ勧めていることがある。通常、研修医といわれる最初の二年間の研修(これは前期研修ともいう)では、新しい研修制度になってからは、スーパーローテートのような形で、専門にそれほどとらわれない医師として基本的な能力の育成に重きを置いたものになっている。逆に言うと、それを終えてから、さまざまな科の専門性の高い研修を受けることも可能になっている。

若い間はとくに研究に重きが置かれる

医局に入って、そこで専門を学んだり、その科の研究をしたりという選択肢も、もちろんあるのだが、医局の場合は、医学博士という肩書きをくれる代わりに、どちらかというと臨床のトレーニングより、若い間はとくに研究に重きが置かれてしまう。

通常、一年間行われて、これが後期研修と呼ばれている。これを終えれば、精神科でも、耳鼻科でも、若手であっても一人前の医者の扱いを受ける。ただし、外科系では、それでもなかなか執刀医にはなれないのが現実だ。

即戦力になりたければ、後期研修を受けたほうがお得かもしれないし、現実にそう思う若い医者が多いので、多くの大学病院は医局員が集まらずに困っているようである。ちなみに、アメリカのレジデントシステムは優れているようである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

地域枠-医学部で定員割れとなるのか

医学部入試では、地域枠に希望者は殺到するだろう。すると、センター試験もこれまで以上の高得点が必要とな

記事を読む

no image

教授になっても研究をバリバリやっている人たちばかりではないらしい

バブル期の経済とともに、学会も増えすぎ、金をかけすぎているのだ。時代はそんな状況ではないことを学会開

記事を読む

no image

研修後に医師が雇用してもらうには

研修後に医師が雇用してもらうには。 研修が終わった後、雇ってもらえる方法としては、後期研修という形

記事を読む

no image

医者が勧める薬には必要のないものもあるようですので注意

ビタミン剤は、いわゆる薬とはちがって、飲んでも副作用などもまずなく、安心であることから、積極的に勧め

記事を読む

no image

医者がイライラしたり機嫌がよくなる境界線

・医者がイライラしたり、機嫌がよくなる境界線 最近、胃腸の調子が思わしくないOさん50歳、同じ

記事を読む

no image

看護記録とは-いろんなことすべてが書き残されるので注意

看護記録は主に入院している患者さんについて、病気のこと、体のことのほかに、心理状態や生活観察など、実

記事を読む

no image

死刑囚から移植を受けることについて

どんな重症でも助かるかもしれないと思って治療を続け、呼吸が止まっても人工呼吸器をつける。それを脳死か

記事を読む

no image

終末期の定義と厚生労働省

後期高齢者終末期相談支援料は、凍結されたが、厚生労働省は医療費を減らすために、このような考えを持って

記事を読む

no image

外国の病院の年間手術件数のスタンダードは一〇〇件

経験が多いほうがトラブルの経験も多くなるので、その対処が容易になるというメリットがある。規定外のこと

記事を読む

no image

看護師が意地悪をしたくなるとき-医療現場で起こる出来事

看護師の中には、オールドミスであることのひがみばかりが強い看護師もいるようだが、これが手に負えない。

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑