医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

公開日: : 最終更新日:2016/08/29 医療に関する記事

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外国語みたいな土地もあった、が共通意見だそうです。会社員の栄転や左遷のように、その関連病院には当たり外れがあります。どこへ行くかというと、関連病院と呼ばれる、大学病院から医者を派遣しているところです。

なにしろ、医療は人と人とのコミュニケーションがなにより大切です。病院の規模もさまざまだし、設備もさまざま、職場の人間関係もさまざま、収入だってピンからキリまであります。痛みのたとえでも、一般に使われやすい、ゴチクチク痛いとゴキリキリ痛い、この二つの相違はわかります。でも、その地方独特の表現で、ウジウジ痛いとかミリミリ痛いなどといわれると、どんな感じなのかよくわかりません。

そこで医者がわからないと、患者さんにははっきりと嫌われます。配達に来た酒屋さんのオジさんは、その家の奥さんに、ヤブ医者情報を伝えます。八百屋さんの店先での立ち話のネタにされます。

地獄の日々になってしまうことも

その後、2年間はそこで暮らして診療をする転勤医にとって、地獄の日々になってしまうわけです。あの、しぇんしぇ~、標準語しかダメなんて、スカしてるヤブ医者だという噂が、地域一帯にものすごいスピードで広まりますから。

病院での会話では、お互いに理解できないことがあると治療に支障をきたします。医者もその土地の言葉や表現を覚えようと努力はするでしょう。でも、患者さんのほうでも、この医者は、来たばっかりだからしょうがない。標準語でしゃべってあげようと、少しは譲る気持ちを持ってあげましょう。長年住んでいる人々にとってはごく普通の言葉も、外来者にとっては最初はなじめないものです。

転勤の苦労は二つ。引っ越しのたびに貯金を使い果たすことと、方言を覚えることとだそうです。勤務医の引っ越し費用や、転勤地でのアパートの権利金や敷金と家賃、研究会で大学病院まで出向く交通費や宿泊代も自前のようです。でも、たいていの医者は、やがて転勤先の地域やそこの人々を、とても好きになります。ずっとあとになってもいいところだったなぁと、思い出を語ることになるようです。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医者のいじめの対象-性格が悪い助手が研修医をチクチク

大学病院の医局は、女の子が多い職場に似ているといわれることもあるようだ。特にイジメ。その対象は主に研

記事を読む

no image

今の若い医者は診察を軽んじている!?

診察のときに使う器具類は、聴診器や血圧計といった機械としては単純なつくりのものでも、過去から現在にわ

記事を読む

no image

研究費は知名度、人脈、教授の力の見せどころ

科学研究補助金と呼ばれる金が、研究者にとっては最も大きな研究費となる。これは申請した研究内容を文部省

記事を読む

no image

医者の家族は他人の医師に診てもらったほうがいい

近しい身内はなぜか治りが悪いようです。日ごろから尊敬しつづけているご夫妻なら別ですが、最も信頼できる

記事を読む

no image

行った治療行為に応じて医者に金を払うシステム

行った治療行為に応じて医者に金を払うシステムにすると、過剰診療になりがちなのだが、逆に定額制にすると

記事を読む

no image

医者の仕事に就きはじめてなくなってくる最初に持っていたやる気

卒業一年目の研修医というのは、ある意味では医局でのお荷物的存在である。しかし、二年目になってきて、あ

記事を読む

no image

医者の診たての間違いは自分の専門外の病気について

診断医者の診たてについては、診たてが医者の能力のすべてという専門家もいますが、ここでは、かしこく医者

記事を読む

no image

医学部の定員増の問題

定員増の合意は、文部科学省だけでなく、厚生労働省、総務省、そして財務省までが合意している。大学側も、

記事を読む

no image

病院のベットはいつもフル回転にしておく

空きベッドをつくることが、一番よくない。ベッド数に見合うだけの看護婦も揃えなくてはならないが、そうで

記事を読む

no image

「白い巨塔」のドラマそのままに繰り広げられる派閥争い

大学病院の系列化は、文部省などが中心となって中央に優秀な人材が集まり、地方の病院に優秀でない人材が集

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑