医者はきちんと哲学を学ぶべきだという考え方

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

医者というのは、理系のせいか、一部の例外小説家などになって成功する医者も少なくはないが、やはり少数派なのは確かだを除くと、文系の書き物になじみの少ない人が多い。小説や哲学書などを好きで読む人が意外に少ない。教養課程の間に触れられる限り触れるに越したことはな経済学や心理学、統計学も、習えるものなら習っておきたい。

医者はきちんと哲学を学ぶべきだという考え方がある。たしかに、医療経済が避してきて、どんなに金がかかっても患者さんを助ければいい考え方が通用しなくなりつつあるし、また逆に医学が発達しすぎて、クローン人間などが許るのかなどという問題も生じてきた。哲学や生命倫理が、一部の医者だけでなく多くの医師に必要なものになりつつある。

医療というのは、どんなに不景気でも病気になる人が必ずいるので、経済の影響を受けにくいものと考えられてきたが、日本のように、公的保険が基本の国だと、意外に国家財政の影響を受ける。経済学をしっかり学んでおくと、多少の対策を考えられるかもしれない。統計学は、研究者になるためには必須のものと言っていい。それ以上に大切なのは、心理学だろう。

教養課程で心理学をしっかり勉強しておくことは

教養課程で心理学をしっかり勉強しておくことは、多少なりとも、患者さんへの心理的アプローチのヒントになる。もちろん、これは精神科に限らず、すべての科の医者に学んでほしいことだ。
ところが、多くの医学部で、とくに私立の医学部で、この教養課程がどんどん削られているという。

専門に上がってからも精神医学の授業はあるのだが、今では全国に大学医学部のなかで、精神科の場合、教授の九割は、生物学的精神医学といって、脳や神経伝達物質などの研究者である。だから医学部生時代の講義のなかで、精神科のカウンセリングのやり方などをろくに教えてもらえない可能性は大だ。

医学部の専門課程で習うことが増えていることや、国家試験の合格率を上げるために、専門の勉強をする必要があるということなのだろうが、将来のことを考えたら、教養の勉強で必要なものはしっかりやっておくに越したことはない。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

整形外科は人気-血を見たくないと外科の人気は降下

外科は男の世界。男性が女性化していると話題になっているが、医学界でも同様で、内科や眼科というきれいな

記事を読む

no image

アメリカのレジデント時代の給料おおむね日本の研修医と同じ程度だが

日本の臨床研修のシステムは昔と比べると、かなり改善されたが、アメリカと比べると、まだまだという感じは

記事を読む

no image

病院の教授回診-ピリピリする神経の使う行事

明日が回診ともなると、教授の機嫌を損ねては自身の立場が危うくなるので、神経の使い方は並じゃない。一週

記事を読む

no image

タレント教授で生き残る大学病院のやり方

自分の大学病院の情報を外に発信することが、社会的にも、自分の大学病院にとっても重要であり、社会的にも

記事を読む

no image

病院の職員組合はマスコミも操作するらしい

公立病院は、たとえば東京の場合は職員は都の職員になるわけで、組合員は東京都職員組合という大所帯の一員

記事を読む

no image

医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。やはり女性は、ワイドショー的な

記事を読む

no image

評判の良い病院が分からないときに自分でいい医者を見極める基準

もし、熱が高いから点満しましょうとか、のどが赤いから血液検査をしましょうなどと言って点満や検査をする

記事を読む

no image

私費でいいからいい医療を受けたいという人が出てくる可能性

美容外科の手術は私費や自費なので、保険が併用できな液検査や手術の後の抗生物質の使用も、自費で受けない

記事を読む

no image

病院の受付嬢が対応に苦労した来院者たち

最近の大病院の薬局や受付は、オープンカウンターが一般的である。内と外はちょうど銀行のカウンターのよう

記事を読む

no image

良い病院の見分け方-素人でもわかる簡単なポイント

スタッフのストレスは、いい病院かそうでないかを見極めるための観察ポイントとなるようです。昔、横浜の病

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑