医者について-良心的な場合とそうでない場合の見極め方

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

薬を出す場合には、その薬の長所だけでなく、短所のことも説明すべきである。良い医者は、必ずそうしている。
悪い医者は、副作用については何も説明しない。もっと悪い医者になると、たんに薬を出しておきましょうと言うだけで、どういう薬かも説明しない。薬の副作用のために医療事故が起こったという話は、新聞紙上を時々にぎわしているというのに。

点満というと、いかにも効き目がありそうだが、そんなことは決してない。値段が高いわりには殆ど効果がなく、単なる気休めにしかならない。カゼをひいたので病院へ行くと、普通は飲み薬と座薬しか出ない。しかし、病院によっては、ビタミン剤の点満や注射をしてくれるところがある。カゼの時にビタミン剤を点満する医者は、単に金儲けが目当てなのだ。

一つの病気の治療をするのに、二つの病院に同時にかかっている患者がいる。それがバレた時の医者の反応には二通りある。一つは向こうの病院の治療は動きましたか?と平然としているタイプだ。もう一つは三股かけているとは失礼なヤツだと怒り出すタイプ。前者は、良い医者だ。後者は自分の診療内容に自信がない悪い医者。

自分自身はそうやっていない医者

医者の中には、タバコやお酒はやめなさい、体重は減らしなさいと患者には言うくせに、自分自身はそうやっていない医者がいる。これは、典型的な悪い医者の見本だ。タバコの吸いすぎは肺ガン、お酒の飲みすぎは肝臓病、太りすぎは生活習慣病になりやすい。これは常識である。もし、こういう医者がいたら、その診療内容も少し疑ってかかった方がよい。

もし非常識な人が主治医だったら、院長に頼んで主治医を変えてもらうか、別の病院に行った方がよい。患者にデートを申し込んだり、TシャツとGバンで診察をしたり、患者の前でタバコを吸ったり。医者の中には、このような非常識な人間が時々いる。患者の病気を治すことより、医者が自分自身を治すことを優先すべきだ。

肩は痛いし、目は見えにくいし、血圧は高いし、トイレは近くなるし。歳をとると、あっちもこっちも具合が悪くなる。もちろん、これらすべてに肩関節周囲炎、白内障、高血圧、前立腺肥大症などの病名をつけることはできるが、そんなことをしても患者が不安になるだけだ。それよりも、年齢的なものですよと言いえば、何だ、じゃあ仕方がないなで済むのである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

研修医の仕事-都会から地方病院に行ったらモテる

研修医は普通は外来の新患は診ない。初診は怖くて診られないし、病院としても診させられないというのが正直

記事を読む

no image

日本の医者は腕がよくなることにきわめて動機づけが乏しい

日本の医者は、腕がよくなることにきわめて動機づけが乏しいという問題がある。日本の場合、臨床の腕のよし

記事を読む

no image

研修医が何年後かにどんな医者になりたいか考えるのは

病院で相補的な研修ができる「臨床研修病院群プロジェクト群星沖縄」という研修システム、そのほか、岩手や

記事を読む

no image

医者からもらった薬たまっていませんか?

患者さんのドクターショッピング(あちこちの医療機関や診療科を転々とすること)によって、自分の飲み薬が

記事を読む

no image

医学の進歩-新しい試みを行なった医者はアウトサイダーとなる

一番新しい医学の試みを行なった医者は、みな狂気やアウトサイダーと見なされた。事実、世界で初めて心臓手

記事を読む

no image

認定医の現状-その数があまりに多いために起こる問題

専門医先進国のアメリカでは、意外な現状がある。日本と医療保険制度が違うために、単純に比較はできないが

記事を読む

no image

後期高齢者終末期相談支援料

凍結されているが、後期高齢者終末期相談支援料の新設が行われた。七十五歳以上の高齢者が、終末期と診断さ

記事を読む

no image

心臓マッサージとは?止まって動かなくなったから動かす-用語集

・スクリーニング(screening) たとえば、入院すると、その病気と直接に関係があってもな

記事を読む

no image

大学病院の売店や食堂があまりよくないといわれる理由

入院患者にしてみれば、売店というのは、ある種の楽しみの場所である。アメニティーという発想のないといわ

記事を読む

no image

医師への色々な謝礼の実態-現在でも本当にあるのか?

医療器械や機材のメーカーは、製薬会社ほどまだ自主規制していないために、いまだに医者への過剰な接待やバ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑