医者について-良心的な場合とそうでない場合の見極め方

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

薬を出す場合には、その薬の長所だけでなく、短所のことも説明すべきである。良い医者は、必ずそうしている。
悪い医者は、副作用については何も説明しない。もっと悪い医者になると、たんに薬を出しておきましょうと言うだけで、どういう薬かも説明しない。薬の副作用のために医療事故が起こったという話は、新聞紙上を時々にぎわしているというのに。

点満というと、いかにも効き目がありそうだが、そんなことは決してない。値段が高いわりには殆ど効果がなく、単なる気休めにしかならない。カゼをひいたので病院へ行くと、普通は飲み薬と座薬しか出ない。しかし、病院によっては、ビタミン剤の点満や注射をしてくれるところがある。カゼの時にビタミン剤を点満する医者は、単に金儲けが目当てなのだ。

一つの病気の治療をするのに、二つの病院に同時にかかっている患者がいる。それがバレた時の医者の反応には二通りある。一つは向こうの病院の治療は動きましたか?と平然としているタイプだ。もう一つは三股かけているとは失礼なヤツだと怒り出すタイプ。前者は、良い医者だ。後者は自分の診療内容に自信がない悪い医者。

自分自身はそうやっていない医者

医者の中には、タバコやお酒はやめなさい、体重は減らしなさいと患者には言うくせに、自分自身はそうやっていない医者がいる。これは、典型的な悪い医者の見本だ。タバコの吸いすぎは肺ガン、お酒の飲みすぎは肝臓病、太りすぎは生活習慣病になりやすい。これは常識である。もし、こういう医者がいたら、その診療内容も少し疑ってかかった方がよい。

もし非常識な人が主治医だったら、院長に頼んで主治医を変えてもらうか、別の病院に行った方がよい。患者にデートを申し込んだり、TシャツとGバンで診察をしたり、患者の前でタバコを吸ったり。医者の中には、このような非常識な人間が時々いる。患者の病気を治すことより、医者が自分自身を治すことを優先すべきだ。

肩は痛いし、目は見えにくいし、血圧は高いし、トイレは近くなるし。歳をとると、あっちもこっちも具合が悪くなる。もちろん、これらすべてに肩関節周囲炎、白内障、高血圧、前立腺肥大症などの病名をつけることはできるが、そんなことをしても患者が不安になるだけだ。それよりも、年齢的なものですよと言いえば、何だ、じゃあ仕方がないなで済むのである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

病院の受付嬢が対応に苦労した来院者たち

最近の大病院の薬局や受付は、オープンカウンターが一般的である。内と外はちょうど銀行のカウンターのよう

記事を読む

no image

風邪などに抗生物質の処方をするのは過剰な治療

初期の風邪やほんの軽症なものに対しては、抗生物質の投与は過剰な治療でしょう。しかしその風邪がこじれて

記事を読む

no image

新薬治験とは?-医者がやけに勧める薬には注意が必要かも

新しい薬を医療現場で使えるようにするためには厚生労働省の承認を受けなければなりません。そのためにはま

記事を読む

no image

医学部ジッツ-特定の大学の息のかかった病院-用語集

・再受験 他の学部に比べて医学部は再受験が多い。世の中をいろいろ見てきているので、人間としての

記事を読む

no image

医師はモテると世間で見られがちだが

世間では医者はモテると思われているようだが、検査技師Nさんは、31歳の独身。キリリと太い眉に切れ長の

記事を読む

no image

ITの次にくるのはBT(バイオテクノロジー)だといわれている

日本の教育は、カリキュラムが一貫したプログラムになっていない。次の二年間が、臨床といわれる、いわゆる

記事を読む

no image

医師がお礼の商品券を断固として拒否した本当の理由

・お礼は断固おことわり新人医師のあきれた言い分 今日退院するNさんが、医局に挨拶に来た。皆さん

記事を読む

no image

病院食がまずいのは調理のせいではないようだ

もちろん病気によっては食べてはいけない食品があり、好き勝手に食べられては満足な治療ができないことはあ

記事を読む

no image

高齢者が入院した際に起こる帰る所がなくなる現象

お年寄りの入院が長引くと、いろいろな弊害が生じます。体を動かす機会がヘるために、寝たきりになってしま

記事を読む

no image

医者の診たての間違いは自分の専門外の病気について

診断医者の診たてについては、診たてが医者の能力のすべてという専門家もいますが、ここでは、かしこく医者

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑