医者の世界は特殊-大学の医学部に勤務している人たちの噂

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

彼は、同期の皆からひんしゅくを買いながらも、一生懸命に採血を続けていた。おそらく、注射の腕は格段にあがったことだろう。彼は上司である助手のいいつけで、患者の血液を集めまくっていた。ある医師の研修医時代に皆からブラッド(血液)・コレクター(収集者)と呼ばれる人がいた。

血液疾患を研究していた助手は、おとなしい彼の性格を利用して患者の血滴を集めさせ、自分のの研究のデータに使っていたのである。そして助手がまとめた論文を皆がある種の期待で、つまり同僚の名が論文の端に載る羨望と嫉妬をもって目を通したが、彼の名はなかった。助手の名前だけだったのである。医師はそれが無償であることを知っていたが、何もいえなかった。

医師にとって、自分の名前で書かれた論文を学会で発表したり、医学雑誌に掲載された時することは非常に名誉なこととされ、医師としてのステータスとなる。だが、大学の医学部に勤務している多くの医師は、臨床だけで忙殺されているのが実情だ。その医師は、まだ医学界の常識がよく理解できていなかったこともあり、不思議でならなかったようだ。だが、しばらくすると内情がわかってきた。

基礎データを自分の部下に集めさせ

そこで、基礎データを自分の部下に集めさせて、そのうえで論文を執筆することが日常茶飯事に行われているらしい。論文の構成要素で非常に重要なファクターを占める、基礎データの収集を部下にやらせ、あたかも自分ひとりでやったことにしていても、医学界の常識として、誰も悪いことだと思っていないという。

そして、将来自分が論文を書くときになったら、同じように部下に手伝わせるのである。だが、手伝った部下には、それなりのお礼をしなければならない。たとえば自分が助手から講師に格上げされたら、後任の助手に推薦してやるというようなことだ。それをやらないと、ただ単にずるい人として医局で孤立することになる。別に現金を渡すというわけではなく、何かあったときその部下をひいきにしてやるのだ。

本当にずるい人は、教授などの上司に付け届けなどを日常欠かさないから、そうなったとしても平気な顔をしている。そしてまた、そういう人が、おうおうにして出世するのが医学界だということもあるようだ。

スポンサーリンク

関連記事

no image

地方の医師不足の解決策を協議していた厚生労働省など

地方の医師不足対策を協議していた厚生労働、文部科学、総務、財務の四省は二〇〇六年八月三十一日に、とく

記事を読む

no image

小児科医の減少の理由-仕事がきついので辞めたい人が多い

今、小児科がどんどん消えています。小児科医の全体数は増えています。それなのに小児科が減るといいます。

記事を読む

no image

研究のための研究-先見性や医学の進歩など関係のない世界

多くは海外の研究方法や新しい医療器械をどこよりも早く導入し、それをあたかも自分の研究のようにしてやる

記事を読む

no image

腕のいい医者は県立や市立などの関連病院にいる

開業医は先端医療こそおこないませんが、大学病院の医者よりひょっとしたら責任が重いかもしれません。とき

記事を読む

no image

名医とは-手術の腕だけでなく患者への対応も見ておこう

たとえば高血圧の初期は、症状が何もないので、自分で勝手に通院をやめてしまう人がいる。そういう人が体調

記事を読む

no image

ナースは忙しいのが好きな人が多い!?

Eさんは看護婦である。子育てでしばらく休んでいたが、ようやくこの春から職場に復帰した。Eさんの勤務先

記事を読む

no image

薬害エイズ事件の背景-その真実と概要-経緯と原因

基本的には、薬害肝炎は薬害エイズと同じく、輸入売血を使った血液製剤を加熱せずに使用したために、エイズ

記事を読む

no image

アメリカのレジデント時代の給料おおむね日本の研修医と同じ程度だが

日本の臨床研修のシステムは昔と比べると、かなり改善されたが、アメリカと比べると、まだまだという感じは

記事を読む

no image

私が精神科を選んだ理由

私が精神科を選んだのは、同じように学校に出なかった連中ほど厚かましいわけではなく、情報がなかったから

記事を読む

no image

大病を患った患者の場合、家族を呼んで話をすることがある

医者の言葉のウラに隠されたやホンネを知っておくことで、医者に対して的確な質問をすることができます。自

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑