医者の世界は特殊-大学の医学部に勤務している人たちの噂

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

彼は、同期の皆からひんしゅくを買いながらも、一生懸命に採血を続けていた。おそらく、注射の腕は格段にあがったことだろう。彼は上司である助手のいいつけで、患者の血液を集めまくっていた。ある医師の研修医時代に皆からブラッド(血液)・コレクター(収集者)と呼ばれる人がいた。

血液疾患を研究していた助手は、おとなしい彼の性格を利用して患者の血滴を集めさせ、自分のの研究のデータに使っていたのである。そして助手がまとめた論文を皆がある種の期待で、つまり同僚の名が論文の端に載る羨望と嫉妬をもって目を通したが、彼の名はなかった。助手の名前だけだったのである。医師はそれが無償であることを知っていたが、何もいえなかった。

医師にとって、自分の名前で書かれた論文を学会で発表したり、医学雑誌に掲載された時することは非常に名誉なこととされ、医師としてのステータスとなる。だが、大学の医学部に勤務している多くの医師は、臨床だけで忙殺されているのが実情だ。その医師は、まだ医学界の常識がよく理解できていなかったこともあり、不思議でならなかったようだ。だが、しばらくすると内情がわかってきた。

基礎データを自分の部下に集めさせ

そこで、基礎データを自分の部下に集めさせて、そのうえで論文を執筆することが日常茶飯事に行われているらしい。論文の構成要素で非常に重要なファクターを占める、基礎データの収集を部下にやらせ、あたかも自分ひとりでやったことにしていても、医学界の常識として、誰も悪いことだと思っていないという。

そして、将来自分が論文を書くときになったら、同じように部下に手伝わせるのである。だが、手伝った部下には、それなりのお礼をしなければならない。たとえば自分が助手から講師に格上げされたら、後任の助手に推薦してやるというようなことだ。それをやらないと、ただ単にずるい人として医局で孤立することになる。別に現金を渡すというわけではなく、何かあったときその部下をひいきにしてやるのだ。

本当にずるい人は、教授などの上司に付け届けなどを日常欠かさないから、そうなったとしても平気な顔をしている。そしてまた、そういう人が、おうおうにして出世するのが医学界だということもあるようだ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

病院船とは災害時に有効な動く施設

災害時に病院が機能しなければ、助かるはずの人命が多数失われてしまいます。また大都市で震災が発生したら

記事を読む

no image

医学部の講義では治療の話はあっても実際使用の薬の話は聞けない

大学病院の医療が外来に依存しているわりには、外来診療をきちんと教育していない。あくまでも自分で経験し

記事を読む

no image

医師の休日はあってないようなもの

今はもう見なくなったポケベルですが、ポケベルは、昔は、まだ特殊な職業の人しか持っていなかったモノです

記事を読む

no image

外来診療を手抜きする医者-五分診療という言葉

大病院で外来を担当する医者は、ほとんどが中堅どころで臨床経験が豊かである。医局でいえば助手や講師クラ

記事を読む

no image

白衣の天使と言われるのを嫌がるナースもいるらしい

イメージだけではなく、専門職種として実際の仕事ぶり優しい、親切、白衣の天使。この三つの言葉も、使いす

記事を読む

no image

市販薬の種類が増えている理由

~薬の種類が増える理由~ 現在、市販薬においてはまだ多くの合剤が見られます。その代表がテレビの

記事を読む

no image

アメリカ的医学である研究至上主義は利益追求をするためのものか?

海外である程度研究が進んだ段階で、国内最初という研究がもてはやされているのは、いまも変わってはいない

記事を読む

no image

小児科医の減少の理由-仕事がきついので辞めたい人が多い

今、小児科がどんどん消えています。小児科医の全体数は増えています。それなのに小児科が減るといいます。

記事を読む

no image

心身医学療法を現代の医療に加える

気管支端息は頻回の夜間発作や度重なる入院などが医療費を高めています。気管支端息は代表的なアレルギー疾

記事を読む

no image

医療ミスの事例は多いが隠蔽しようとするものもいる

医者は、警察官や自衛官、教員などと同じで、いったん反社会的な行為をしたら、その人の信用は一気にゼロに

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑