医者の仕事に就きはじめてなくなってくる最初に持っていたやる気

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

卒業一年目の研修医というのは、ある意味では医局でのお荷物的存在である。しかし、二年目になってきて、ある程度自分で判断して医療が行なえるようにと、大学病院では安い給料で働く、貴重な医療スタッフとなってくる。大学病院研修医を抱え込むことで補助金も出るために、ある意味では財源を確保することなるからだ。本来は研修医の教育に使われるべき、そういった補助金は、まずその目的のために使用されることはないという。

医者になるという実に単純で強い動機があるために、医学部に入ってきた者のなかでは非常にモチベーションが高い。不況に強い職業ということで、最近はまた医学部志望者が増えている。ただのサラワーマンはいやだ、特殊な技術を持った職業につきたい、そんなことが動機で医学部を受ける者も多い。当然、医学部に入っても、勉強を徹底的にやるので、成績も上位にいる人である。

現在の医学部で医学教育を担当する医者の評価は低い。そればかりか研修医をきちんと教育するシステムすらほとんどできていない。何度も改革が行なわれているが、あくまでも大学内部の問題として処理され、卒業後の医学教育に真剣に取り組むことはないという。

医学部を出てからの努力が重要

医者というのは医学部を出てからの努力が重要で、それが本当の意味で医者を作り上げるし、いい研究者にもなる。とにかく医者になるということで医学部で頑張ってきた人間は、医者になったと同時にやる気を失い、あのすさまじい意欲は消えてしまうことが多いようだ。むしろ、成績がいいから医学部に入った人より、途中から成績が上がってくる場合がある。しかし、こういう人にも当然落とし穴がある。医者になってからの放心状態である。とにかく医者になるという大きな目標を達成してしまうと、そこから先がなくなってしまう。

医者になって見えてくるものは、階層制でがっちり固められた医局という存在である。一人の研究者として、独立して自由な医学研究などとてもできる環境ではないということだ。しかし、研修医の二年間で見えているものは、それでもほんの氷山の一角にすぎないこと。それほど医者の世界は、閉鎖され、自由のない世界であるといわれている。そのことがようやく見えるのが医者になってから二年後である。

臨床医としてのテクニックはそれなりにマスターできても、自分の進むべき道を見い出せないで、さまよう医者になってしまう。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医師が学会のために休診となっても怒ってはいけません

学会とは、検査方法や治療方法の検討など、臨床的な報告も含めて、広い意味での研究成果を提示するところで

記事を読む

no image

医者の世界で不人気のものを選んだほうが高収入を得やすいかもしれない

これから人口も減り、医療が高度集中化すると、腕のいい一流の医者にはやりがいが出てくる だろうが、一

記事を読む

no image

医者の診断できない範囲-ナワバリを知らされたある出来事

医者のナワバリを、魚の骨で知らされたある出来事がある。 1人息子の医大合格祝いの席で、鋼のホネがノ

記事を読む

no image

ガン告知の真実-病名を隠す傾向がある現代

治療をすれば治るガンについては、告知することが一般的になってきました。現実には、ガンを告知されてよか

記事を読む

no image

格差社会と勝ち組と負け組

格差社会というのは、負け組が大量に出ると同時に、勝ち組は非常にリッチになる社会である。日本は、これま

記事を読む

no image

医師先生-町の開業医が大学病院の医療より劣っているのか?

たとえば、熱が出て頭痛がするとしましょう。するとだれもが風邪かなにかだろう、と思います。風邪のような

記事を読む

no image

医師国家試験の合格率は何と90パーセントらしい

医師国家試験は内科、外科、産婦人科、小児科、公衆衛生学の必修科目と、年によって二科目の選択科目が加わ

記事を読む

no image

生検とは-その意味とその他にも医学用語をいくつか紹介

・生検(セーケン) ここでは生検について話をしよう。検査法は、ポリープとかの細胞の一部を削り取

記事を読む

no image

院長室でお宝をいただく-病院でのある出来事

通常、多くの病院では年に2度、7月と年末に大々的なカルテの整理をする。O病院もその例にもれず総整理と

記事を読む

no image

医療検査技師は医者にさえよくわからない世界

生体検査部門では患者に直接接する機会が多くなり、患者の病院に対する満足度にもその対応が影響する。検査

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑