医者の中には往診する人としない人がいる

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

・往診する医者、しない医者

往診をしてくれる医者は近頃めっきり少なくなった。これには医者のほうにも多少の言い分がある。深夜だろうが雨だろうが、平気で電話をかけてくる。にもかかわらず、保険請求できる往診料はまことに安いので、まったくワリに合わないという。病院で座って待っているほうが往診に比べて楽だし、なかなか往診を行おうという医者は少ないようである。

ところが、たまに往診OKというキトクな医院もある。埼玉県のベッドタウンに親子二代にわたって開業しているH医院もそうだ。電話を受けて駆けつけるのは父親である75歳の大先生。主に診察室にいるのは45歳の若先生のほうである。

患者の中にもずうずうしいのがいて、めったにかからないくせに、ちょっと具合が悪くなるとすぐ出前のように往診を頼むのだそうだが、45歳の若先生の父親である75歳の大先生が、自転車でいそいそとどこへでも出かけていく。しかし、若先生のほうは一切しない。ちなみに、H医院は夜の往診は一切ダメ。その理由は、大先生の就寝時間が8時半だからということだ。

往診してくれるなんてありがたい

最近、近所に引っ越してきたAさんは、このウワサを聞いて、今どき珍しいと感心してしまった。それで診察のとき、往診してくれるなんて、ありがたいことですねえと、若先生に言うと、若先生、笑いながらいわく、なあに、オヤジの健康のためですよ。なるほど、人を診察して自分も健康になる、か。まあ一石二鳥ってことだろう。そうじゃなかったら、往診はしないのであろう。

ちなみに、若先生はなさらないんですか?と聞くと、いやあ、私は往診なんかしませんよ。身体に悪いですからね。ということらしい。ずっと引っ込んでいると、すぐボケちゃいますからね。外に出て運動がてら往診するほうが、健康的で体にいいのだろう。こうやって考えると、ワリに合わない仕事も使いようであるが、患者側としては、往診をする病院が増えて欲しいところではある。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

大企業の集団検診で達人の域に達する

R氏とて検診医の経験もあるにはあるが、それだって近所の小学校だけ。大企業あげての集団検診など、今回が

記事を読む

no image

アメリカの医学部のレジデントシステム

アメリカの研修医制度といえるレジデントのシステム。三年間で、みっちり自分の進む科のトレーニングを受け

記事を読む

no image

痔で入院した患者たちの上下関係

・入院して知った痔主たちの上下関係 成人の3人に1人がかかるという痔。なんと、虫歯に次いで日本

記事を読む

no image

地方の医師不足の解決策を協議していた厚生労働省など

地方の医師不足対策を協議していた厚生労働、文部科学、総務、財務の四省は二〇〇六年八月三十一日に、とく

記事を読む

no image

教授に評価され研究をやめさせられる医局員の悲劇

研究の評価は実に難しく、専門分野が違ってくると一人の主任教授では判断できなくなってくる。例えば、腎臓

記事を読む

no image

患者は退院日を気にする-しないと不安になる

患者は退院日を気にする場合が多いようです。退院日は、患者の迎えに来るご家族の都合もあって、土日になる

記事を読む

no image

医者の仕事に就きはじめてなくなってくる最初に持っていたやる気

卒業一年目の研修医というのは、ある意味では医局でのお荷物的存在である。しかし、二年目になってきて、あ

記事を読む

no image

ガリウムシンチなどの医学用語集

・ガリウムシンチ 病気の種類によって、注射する物質が異なるわけだが、ガンの場合はガリウムという

記事を読む

no image

医者がイライラしたり機嫌がよくなる境界線

・医者がイライラしたり、機嫌がよくなる境界線 最近、胃腸の調子が思わしくないOさん50歳、同じ

記事を読む

no image

医学部へ入学するのに理想的なの人は人生経験をある程度積んだ人

人生経験をある程度積んだ人間が、医学部へ進むのが理想である。現在では、医者になってからさまざまな人生

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑