医者を目指すと決めた頃にあった志はすぐに崩壊していくという話

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

医者になり、実習の頃に見ていた先輩の姿が医局ではまったく違って見えることを知る。同時に自分が医者としてどういう道を進めばいいのか、混乱していくのが普通のようだ。医学生の頃に思い描いていた医者の理想像は一瞬にして崩れていく。そこにあったのは教授を頂点とするピラミッドのなかで、沈黙する先輩たちの姿。

エリートとか、専門職であると思っていた医者の世界に、階層社会で自分の地位を守るためにあくせく研究する先輩を見ることになる。そこから抜け出し、本当の意味で世間の評価を受けていくには、ずば抜けた能力と、一貫性がないと無理であることがわかってくる。

人間を診るはずの学問が、意外にも精神と肉体を切り離した学問であることに気がつかず卒業し、さらに閉鎖性の高い大学病院の医局にいれば、ますます批判能力の低下が起きてしまうという。常識のない医者というのが、さほど不思議ではないのが、医局のなかの医者ということになるようだ。

医学界という特殊な集団

オウム真理教の事件では、受験戦争の勝利者であるはずの名門医学部を卒業した医者がカルト教団に入信し、殺鬼にまで関与し、一見不可解に思えるが、医学界という特殊な集団に入ってしまうことで、すでにそこで世間一般常識の欠如が始まるようだ。

さらに医局の状況に不満を持ち始めたとき、自分の能力をもっと認め、高めてくれる人間がいると信じてしまえば、そちらに引かれてしまう。自由な批判力を持てない医局という環境は、本当の意味での科学者は育ちにくいらしい。

病棟実習で臨床を垣間見ても、その素早い手つき、的確謹諸断はすべて憧れとなる。そういった立ち居振る舞いは、人間的にもバランスがとれているように見えるもののようだ。だからいいところしか見ないし、医学生の頃に見る医者の姿は願望が潜んでいると気がつくのは、医局に入ってから。医学生は臨床実習で各医局の様子を知り、自分の将来の行き先を決めることが多い。

多くの医者は自分が医局で、どうすれば生き残っていけるかを考え始める。日本の学会でどう評価されるか、そのためにはどんな研究をやればいいのか、努力は違った方向へ向かっていく。医者になる前の、人のために医学を学ぶという姿勢が消えていることすら気がつかないのだ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

良性の病気がガンになるということは現実的に殆どありえない

・放っとくとガンになる 良性の病気がガンになるということは、現実的に殆どありえない。たしかに病

記事を読む

no image

医者の紹介状があるからといって特別扱いは期待しない

ある日、初めて受診する患者さんがいました。たとえば、患者さんとして訪れた人が、かつての同級生だったな

記事を読む

no image

医師先生-町の開業医が大学病院の医療より劣っているのか?

たとえば、熱が出て頭痛がするとしましょう。するとだれもが風邪かなにかだろう、と思います。風邪のような

記事を読む

no image

医学部の講義では治療の話はあっても実際使用の薬の話は聞けない

大学病院の医療が外来に依存しているわりには、外来診療をきちんと教育していない。あくまでも自分で経験し

記事を読む

no image

医者の診たての間違いは自分の専門外の病気について

診断医者の診たてについては、診たてが医者の能力のすべてという専門家もいますが、ここでは、かしこく医者

記事を読む

no image

製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうことがあるという。こんなに大事にさ

記事を読む

no image

将来何科に行くかを決めない形での研修も可能になった

将来何科に行くかを決めない形での研修も可能になった。病院で研修を受け、そのうえで、何科に進むかを決め

記事を読む

no image

看護師と患者が恋愛関係に発展することもある!?

ナースで、患者さんだった男性と結婚する人もいるようです。えっ、いつ、どうやって、男と女を意識し始めた

記事を読む

no image

病院のベットはいつもフル回転にしておく

空きベッドをつくることが、一番よくない。ベッド数に見合うだけの看護婦も揃えなくてはならないが、そうで

記事を読む

no image

看護師の現状-退職願を出しても止められない時代となった

あくまでも看護師は医者のもとで、医療補助的役目をするに留まっている。それだけに、医者への不満、自分の

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑