医者を目指すと決めた頃にあった志はすぐに崩壊していくという話

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

医者になり、実習の頃に見ていた先輩の姿が医局ではまったく違って見えることを知る。同時に自分が医者としてどういう道を進めばいいのか、混乱していくのが普通のようだ。医学生の頃に思い描いていた医者の理想像は一瞬にして崩れていく。そこにあったのは教授を頂点とするピラミッドのなかで、沈黙する先輩たちの姿。

エリートとか、専門職であると思っていた医者の世界に、階層社会で自分の地位を守るためにあくせく研究する先輩を見ることになる。そこから抜け出し、本当の意味で世間の評価を受けていくには、ずば抜けた能力と、一貫性がないと無理であることがわかってくる。

人間を診るはずの学問が、意外にも精神と肉体を切り離した学問であることに気がつかず卒業し、さらに閉鎖性の高い大学病院の医局にいれば、ますます批判能力の低下が起きてしまうという。常識のない医者というのが、さほど不思議ではないのが、医局のなかの医者ということになるようだ。

医学界という特殊な集団

オウム真理教の事件では、受験戦争の勝利者であるはずの名門医学部を卒業した医者がカルト教団に入信し、殺鬼にまで関与し、一見不可解に思えるが、医学界という特殊な集団に入ってしまうことで、すでにそこで世間一般常識の欠如が始まるようだ。

さらに医局の状況に不満を持ち始めたとき、自分の能力をもっと認め、高めてくれる人間がいると信じてしまえば、そちらに引かれてしまう。自由な批判力を持てない医局という環境は、本当の意味での科学者は育ちにくいらしい。

病棟実習で臨床を垣間見ても、その素早い手つき、的確謹諸断はすべて憧れとなる。そういった立ち居振る舞いは、人間的にもバランスがとれているように見えるもののようだ。だからいいところしか見ないし、医学生の頃に見る医者の姿は願望が潜んでいると気がつくのは、医局に入ってから。医学生は臨床実習で各医局の様子を知り、自分の将来の行き先を決めることが多い。

多くの医者は自分が医局で、どうすれば生き残っていけるかを考え始める。日本の学会でどう評価されるか、そのためにはどんな研究をやればいいのか、努力は違った方向へ向かっていく。医者になる前の、人のために医学を学ぶという姿勢が消えていることすら気がつかないのだ。

スポンサーリンク

関連記事

no image

病院のベットはいつもフル回転にしておく

空きベッドをつくることが、一番よくない。ベッド数に見合うだけの看護婦も揃えなくてはならないが、そうで

記事を読む

no image

博士号を取得しても給料は上がらないらしい

博士号を取るためには、何か新しい研究成果を出し、それを論文の形にまとめます。その論文が医学雑誌に載る

記事を読む

no image

医師への謝礼の相場はいくら?

主任教授が医局員に私の知り合いだからと優先的に入院させるように言ったら、医局員はそれに逆らうことはで

記事を読む

no image

医者の医療ミスは犯罪か

福島県立大野病院で帝王切開手術を受けた女性が死亡した事件で、業務上過失致死と医師法違反に問われた医師

記事を読む

no image

グレーゾーン的な仕事が多いといわれる医師

医学や医療に関係のない方とお話していますと、医学への信頼もあってか、医学的治療を白か黒やall or

記事を読む

no image

生活指導、栄養指導、心理指導という何とか指導という言葉

生活指導、栄養指導、心理指導という何とか指導という言葉が嫌いですという医師もいるようです。お稽古ごと

記事を読む

no image

タレント教授で生き残る大学病院のやり方

自分の大学病院の情報を外に発信することが、社会的にも、自分の大学病院にとっても重要であり、社会的にも

記事を読む

no image

いい病院に就職できるチャンスは小さいものに

いい病院に勤めることのできるチャンスや、とくにその病院で医長や部長に昇進するチャンスは、今はどんどん

記事を読む

no image

人間はコンピューターと同じではない

壊れた臓器を新しいものに交換するという発想が機械の修理みたいで何かひっかかるという専門家がいます。た

記事を読む

no image

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし。 昔から、お産にしても一定の割合で妊婦の

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑