ITの時代の次はBTの時代

公開日: : 最終更新日:2016/05/10 医療に関する記事

医学以外の分野であれば、一流の研究の多くは企業の研究所から出ている(島津製作所の田中耕一氏がノーベル賞をとったのは記憶に新しいだろう)。民間での研究はけっしてバカにできない。もちろん、医局に残っていい研究をするという可能性はないわけではないが、近道は研究を専門にできる環境に入ることだと、はっきり言っておきたいところである。

製薬会社の研究所に就職するという手がある。薬学部を出た人が多いが、医学部を出た人は少ないので、一般的には歓迎される。生活も安定するし、研究費も潤沢だ。

ITの時代の次はBTの時代といわれるように、医学研究に注目が集まっている。遺伝子のDNA解析がおおむね終わった現在、次はそれの意味づけの分析や、薬の開発などへの応用が注目されている。また、がんやアルツハイマー病の治療薬がまだ開発されていないから、薬そのものがつくれなくても、それにつなげる研究ができただけでも非常に大きな業績となるだろう。

大学院を終えて一本立ちしてからでも貧乏

大学院に入れば、医者の仕事ができないうえに授業料を取られるというが、基礎医学の研究者というと、大学によっては、同じ助教や教授でも臨床の先生より給料は安いし、アルバイトもろくにできないので、大学院を終えて一本立ちしてからでも貧乏、というのが相場だった。しかし、今後は医学研究の将来は明るいし、研究者の待遇も今よりはよくなると考えている。

もちろん、山中教授のiPS細胞にしても、外国と比べて研究費が少ないとはいえ、それなりの予算がついたし、将来的には相当額の金が集まる研究になるだろう。

日本では、研究費の中から自分の懐に入れるのは許されないが、アメリカでは集めてきた研究費の中から自分の給料を出す。たくさん研究費が集められた人は自分の収入も多くなるし、そうでない人は、大学からほとんど給料が出ないので教授を辞めないといけない。いずれにせよ、研究者の待遇は、昔と比べて確実に上がっているようである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

病院教授の絶対的な権力と力-人事権はある意味では切り札

教授は医局の人事権というものをちらっかせながら、医局を統括していく。その結果、日本の医学部は衰退して

記事を読む

no image

医師先生-町の開業医が大学病院の医療より劣っているのか?

たとえば、熱が出て頭痛がするとしましょう。するとだれもが風邪かなにかだろう、と思います。風邪のような

記事を読む

no image

外来診療を手抜きする医者-五分診療という言葉

大病院で外来を担当する医者は、ほとんどが中堅どころで臨床経験が豊かである。医局でいえば助手や講師クラ

記事を読む

no image

教授回診のある秘密

ある大学病院には週に一度特診日がある。これは、教授が外来診察する特別診療日のことで、午前中に病棟の回

記事を読む

no image

医者になりたいなら志望校対策

塾や学校での成績はいいのに、志望校の過去問では、もう一つ成績がよくないとか、帰国子女でTOEFLなど

記事を読む

no image

死刑囚から移植を受けることについて

どんな重症でも助かるかもしれないと思って治療を続け、呼吸が止まっても人工呼吸器をつける。それを脳死か

記事を読む

no image

エアコンが寒い暑いと病室で争う前に

毎年モメことが起きるのが大部屋のクーラーです。20歳くらいの若者は、暑くて夜も眠れません。これじゃあ

記事を読む

no image

大学病院医師の生活

もともと大学病院闘争の目的の一つに自由研修というのがあった。研修医の二年間は医局が身分を縛るのではな

記事を読む

no image

医者の付け届けの相場を知らない人へイタズラをした話

U氏は広告代理店に勤める41歳。明るくて茶目っ気たっぷりのキャラクターだが、仕事のムリがたたって、十

記事を読む

no image

学会で二番煎じ三番煎じの発表が堂々と行なわれてしまう理由

学会では二番煎じ三番煎じの発表が堂々と行なわれてしまう。これは学会の数が多すぎ、無理に参加しなければ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑