海外で行なわれた研究に学者たちが飛びつく理由や内情

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

海外の医学を日本に持ち込み、日本の医療を進歩させるというやり方はいまだに続く。そのやり方を続けているために、国内でのよい研究や、新しい研究者を見抜けない指導者が増えてしまう。さらにいままでの研究結果と比べてどうかということも。そこには新しい考え、着目に理解がなく、発想のユニークさという評価はなされなかった。どう考えても、そこから新しい研究が生まれるとは思えないという意見はある。

外国でやられた研究を、日本で最初に行なうことで権威者になっていくという仕組みであるようだ。世界で最初と日本で最初では意味がまったく違うはずだが、本邦初というのは、まだまだ研究者にとって魅力あることなのだ。ある国立大学の医学部教授は、遺伝子解析方法をアメリカから持ち帰り、独占的に行なって名を上げた。それで第一人者となっているという。そこにはオリジナルの研究というより、頑張って日本でも研究したということでしかないのだが、それでも日本では権威者となる。

独占的に発表し学会を席巻した

レントゲン線によるコンピューター断層撮影装置・CTを一番最初に日本で購入した医学部は一年間くらい、独占的に発表し学会を席巻した。CTで撮影した脳の断面図をスライドで出すだけで、みな感嘆したからだ。しかし、それは研究だったのだろうか。使用経験であり、純粋な意味の研究とは違うように思うという意見はある。残念ながら、日本の研究はいまだにそういうレベルのものが多いらしい。

芸術でもそうだが、アメリカではどうかアメリカではどう評価されるか。そんなことばかりを気にしてしまう。海外での評価を得てから、ようやく日本に戻ってきて認められるということになる。日本の学会で認められることは二次的な問題なのだ。本邦初を行なうには、海外の大学や研究所と太いコネクションもなければいけない。そういう意味では留学をして技術を盗むというのは大きな意味を持ってくる。その繰り返しで、日本の医学は成長してきたともいえる。だからこそ、新しいことを自ら発表できない土壌ができてしまったようだ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医科大学病院の手術が長い理由-安全性が高いわけではないらしい

患者の家族にとってはたまらない話かもしれないが、外科医を育てるためにはやむを得ないことであるようだ。

記事を読む

no image

医師国家試験は実はそんなに難しくないという意見もある

国家試験をパスしないと医者になれないわけだが、この国家試験は実はそんなに難しくないという。大学時代に

記事を読む

no image

学会誌は掲載許可を会長のようなお偉方が決めているらしい

科学論文の正当な評価というものは、ある程度時間が経たねばわからないものもある。それに、学会誌というの

記事を読む

no image

病院の受診時に注意したいボディースーツの着用について

ボディースーツは、特に40代の女性に好まれるようです。美味しいモノを我慢するのもイヤ、ハアハアいいな

記事を読む

no image

純粋に研究論文だけを掲載する商業誌は日本では非常に少ないらしい

日本の医学商業誌のほとんどは、医学的な特集を組んで、その道の専門家や権威者に原稿を依頼する。例えば、

記事を読む

no image

医学部の講義では治療の話はあっても実際使用の薬の話は聞けない

大学病院の医療が外来に依存しているわりには、外来診療をきちんと教育していない。あくまでも自分で経験し

記事を読む

no image

医者になりたいなら志望校対策

塾や学校での成績はいいのに、志望校の過去問では、もう一つ成績がよくないとか、帰国子女でTOEFLなど

記事を読む

no image

医師国家試験の合格率は何と90パーセントらしい

医師国家試験は内科、外科、産婦人科、小児科、公衆衛生学の必修科目と、年によって二科目の選択科目が加わ

記事を読む

no image

内科と歯科の連携が崩れてしまったある事件

E歯科とO内科は隣同士。今年は上の子がそろって有名私立中学に合格。家族ぐるみのつき合いも末永く続きそ

記事を読む

no image

看護師と患者が恋愛関係に発展することもある!?

ナースで、患者さんだった男性と結婚する人もいるようです。えっ、いつ、どうやって、男と女を意識し始めた

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑