かかりつけ医のメリット-何でも相談できる近所の開業医さん

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

かかりつけ医とは、何でも相談できる近所の開業医さんのことです。あなたは、かかりつけ医を持っていますか?多くの人がかかりつけのお医者さん、をもっていない理由として、三つほど考えられます。

・大病院の専門医をかかりつけ医と勘違いしている場合
・かかりつけ医の必要性を感じているのだが、適切なかかりつけ医が見つかられない場合
・あまり病気をしないので、医療機関の必要性を感じていない場合

などです。

いずれのケースであってもかかりつけ医は必要であると考えられます。できれば内科の先生がいいでしょう。

ある医師は、患者さんのお話をうかがっていて、かかりつけ医をもっている人が案外少ないので、驚いているという。医療の用語では、第一線で医療を担当するという意味で、プライマリーケア(初期医療)医と呼ばれています。

大病院の専門医をかかりつけ医と勘違い

あなたの自宅が病院のすぐ隣にあって、あなたが人工透析に通っていたり、難病などの場合は特殊な例外でしょう。しかしその場合であったとしても、かかりつけ医を持っていてもなんら問題になることはありません。大病院の専門医をかかりつけ医と勘違いしている場合ですが、それが、最近とても多いような気がしています。

あまり病気をしないので、医療機関の必要性を感じていないケースにあてはまる方は、自分の家族(両親、配偶者、子供、孫すべて)のためにも、どこか一軒かかりつけ医を決めておいたほうがよいでしょう。近所で顔見知り、町内会が一緒なんてドクターが最高ですね。

循環器や消化器の専門医をかかりつけ医と勘違いしていますと、こんなことがよく起こります。ご承知のように病院では曜日ごとに外来担当日が決まっています。あの病院はいくたびに先生が違うという声をよく耳にしますが、そう言われる患者さんに限って、いつもバラバラの曜日に受診されているのです。やはり、こういったことからもかかりつけ医を持っていることは重要なのです。

スポンサーリンク

関連記事

no image

美容整形にハマるある女性の話

ホクロとりや二重まぶたなど、ほんの1時間足らずで受けられる手術もあり、美容整形は、ぐっと身近で日常的

記事を読む

no image

診断が難しい病気も多く存在する診たての難しさ

医者側にとっての診たてとは?強調したいことは、患者さんにとって金科玉条のような診たてとは、医者側にと

記事を読む

no image

医師国家試験の合格率は何と90パーセントらしい

医師国家試験は内科、外科、産婦人科、小児科、公衆衛生学の必修科目と、年によって二科目の選択科目が加わ

記事を読む

no image

医療求人サイトランキング

あなたは今の職場に満足されていますか?収入や人間関係、待遇問題など、不満を持っている方は多くいらっし

記事を読む

no image

医師への色々な謝礼の実態-現在でも本当にあるのか?

医療器械や機材のメーカーは、製薬会社ほどまだ自主規制していないために、いまだに医者への過剰な接待やバ

記事を読む

no image

医療ミス訴訟-処理にはあらゆる手を使う

たいしたことのない病気で、外見は元気な患者が注射ミスで死亡すると簡単にはいかない。おかしいじゃないか

記事を読む

no image

死刑囚から移植を受けることについて

どんな重症でも助かるかもしれないと思って治療を続け、呼吸が止まっても人工呼吸器をつける。それを脳死か

記事を読む

no image

看護師は夜勤などの過酷な仕事内容で体調を崩している

患者さんには、健康そうに見えてハツラツと働くナースが、ときにはうらやましく、ときにはねたましく見える

記事を読む

no image

病院患者同時でイジメが行われることもあるので注意

偶然、病室が同じになっただけの縁です。仲よくなれる人もいれば、気が合わない人もいて当然。入院生活は、

記事を読む

no image

医師は聴診器などを自費で購入しているらしい

白衣は医師の制服です。名刺は勤務病院の名前や肩書きを入れておきます。医者にとって聴診器は必需品です。

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑