格差社会の医療の在り方-アメリカなどの例とおすすめの事項など

公開日: : 最終更新日:2016/03/14 医療に関する記事

情報通の人はいい医者を選ぶ。格差社会というとお金の問題ばかりが取りざたされる。情報の格差。ITの時代になると、情報はとる気になればいくらでもとれるのだが、そこでメディア・リテラシーの差が大きなものになる。というのは、その情報を検索してみようという知恵が働かなかったり、あるいは、書いてある情報の意味が読めなければ、いくら情報が得られても役に立たないからだ。

また、金持ちがいい医療を受けるという時代は、意外に早く来るかもしれない。高齢で大金持ちの社長などで、何億円も出していいからいい医療を受けたいという人が実際にいることは、私レベルでも知っている、とある医師は語る。そういう病院に雇ってもらうことは名誉なことだから、医者もそのために頑張るかもしれない。これは、保険診療の間に「うまい」という評判を立てないといけないから、保険診療の医療レベルを上げるというメリットがあるようである。

医学部に入ってからなら読んでわかるサイトで、入る前には理解不能ということは珍しくないだろう。無知な人は適当に医者を選ぶが、情報通の人は非常にレベルの高い医者にかかれる時代になる。これは逆に言うと、ハイレベルの病院に勤める人間には大きなプレッシャーになるという。

格差社会は知的レベルの格差の大きな社会

格差社会は、知的レベルの格差の大きな社会でもある。昔なら、飛び切り賢い人も少ない代わりに、まともに日本語の読み書きや計算ができない人がいないのが日本のよさだったのが、その前提が崩れている。

アメリカのNIH(国立衛生研究所)はほとんどの病気の標準治療を載せているが、これを読んでこられたら、それ以外の治療法を選択する際に、きちんと患者さんに説明しないといけなくなる。病院の情報を探して求めてくる人は、相当な情報通である可能性が高い。これまでは医者しか手に入れることができなかった最新の医学論文を読んで、医者に質問されるが、実際には別の格差もある。

現在の学力低下は、まともに日本語の読み書きができない人間を大量に生んでいるとされる。ところが、彼らもお客さんとしていろいろなところで大事にされてきたから、権利にだけはうるさい。クレーマーやモンスターペアレント的な人はいくらでもいる。こういう人には、これまで以上にわかりやすく説明できないと、何を言われるかわからないのである。大事なのは、分かりやすさである。

スポンサーリンク

関連記事

no image

研修が必修化されてから

研修が必修化される前は、医学部を出て国家試験に受かれば、医者の仕事ができたが、研修が必修化されてから

記事を読む

no image

医学専門誌ならではの広告

・医学専門誌ならではの広告とは どんな企業でも新規開業して1番苦労するのは一代目である。開業医

記事を読む

no image

薬の処方の問題-実態はほとんど改善されていない

最近は薬局で処方される薬について事細かに解説書が付けられるようになりました。今は、処方箋を持って薬局

記事を読む

no image

素人判断をして指示に従わない患者の数が多い

素人判断をして、指示に従わない患者さんは、すごく数が多いようです。不安感が強く会社にも行けないといっ

記事を読む

no image

医師が学会のために休診となっても怒ってはいけません

学会とは、検査方法や治療方法の検討など、臨床的な報告も含めて、広い意味での研究成果を提示するところで

記事を読む

no image

医療安全情報などを得るためにはどうすればいいのか?

日本では一部の病院で疾病別定額払い制度が試験的に実施されています。定額払いだと、よく耳にする薬漬け医

記事を読む

no image

医療ミスの鑑定は有能な医師の存在なしには成り立たない

さまざまな医療ミス事件の報道があったことを契機に、二〇〇〇年に厚生省が診療関連死を警察に届け出るよう

記事を読む

no image

行った治療行為に応じて医者に金を払うシステム

行った治療行為に応じて医者に金を払うシステムにすると、過剰診療になりがちなのだが、逆に定額制にすると

記事を読む

no image

認定医制度への疑問-差し当たってメリットはないという意見も

認定医や専門医の資格は、いまや大学病院にいる医者の大きな目標になっている。医学博士論文をだいたい卒業

記事を読む

no image

働けると見なされれば生活保護は受けられない

働けると見なされれば生活保護は受けられない。お金もないので、薬はもらえず、さらなる検査や手術も受けら

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑