看護婦長さんがずっとナースステーションにいる日はつらい

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

病棟では、婦長さんがずっとナースステーションにいる日には、どことなく緊張感のある空気が流れます。婦長さん不在のときにはほかのナースがのびのびしている様子です。こんな違いを感じてみるのも、おもしろいものです。退屈ぎみな入院生活の楽しみの一つになるかもしれません。

婦長さんというのは、看護婦の管理職です。見た目の特徴としては、たいてい姿勢がよくて胴まわりに肉付きがよい、でも脚だけは引き締まって細い。イタリアの中年婦人のような体型です。顔はキリリとしているけれど、どこか親しみやすい優しさが感じられるのは、長年、患者さんと接してきたためでしょうか。病院によってですが、ナースキャップに特別に紺色のラインが入っていたりする人です。

若いナースからは、〇〇婦長さんってカッコイイ。私もいつかはあんな婦長になりたいなぁ、なんて目標であったり、あこがれであったりするようです。ときにはプライベートな相談にまで、親身になってのってくれる頼れる人生の先輩なのです。看護の能力とともに、人材を管理するのに必要な人望も、備わっています。

婦長さんは他のナースの上司に当たります

婦長さんは他のナースの上司に当たります。会社でいえば、課長か部長といったところです。でも、一日中ナースステーションをウロウロされては、迷惑らしいです。ここまで書くと、ときには開放されたい気持ちも予想できるでしょう。

活発な婦長さんは、院内の会議や打ち合わせ、その他、研修会や学会に積極的に出席したり、現場を離れる機会がたくさんあります。婦長さんって、いないのも不安だけど、いつもいられると邪魔なのよねぇ。まぁ、忙しくて出歩いていると助かるわねぇ。という意見が多いようです。ですから、多忙で達者で留守を望まれているのです。

こういった様子は、通院している人には分かりにくいかもしれませんが、入院している人であれば、その変化が何となく分かるかもしれません。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

心臓マッサージとは?止まって動かなくなったから動かす-用語集

・スクリーニング(screening) たとえば、入院すると、その病気と直接に関係があってもな

記事を読む

no image

サービス業としての病院-来てよかったと思えるものにする

サービス業としての病院についてですが、ある患者さんが病院を訪れ、去るときにはああ、この病院に来てよか

記事を読む

no image

問診の内容や診察した所見を記載することなど

内科の場合、一般的には、顔色、眼、口、首、胸部、腹部などと上から下へ進んでいきます。まず顔色です。顔

記事を読む

no image

診断が難しい病気も多く存在する診たての難しさ

医者側にとっての診たてとは?強調したいことは、患者さんにとって金科玉条のような診たてとは、医者側にと

記事を読む

no image

医者と薬屋の接待現場での話

医者と薬屋の接待現場での話 ・お医者さんと薬の関係 小さなバーのカウンターで飲んでいるの

記事を読む

no image

処方薬を出してもらうことを期待するという傾向

これはある医者がいっていた話ですが、ある女性が胃の調子が悪いというので、胃カメラによる検査などをひと

記事を読む

no image

研修医の仕事-都会から地方病院に行ったらモテる

研修医は普通は外来の新患は診ない。初診は怖くて診られないし、病院としても診させられないというのが正直

記事を読む

no image

教授になっても研究をバリバリやっている人たちばかりではないらしい

バブル期の経済とともに、学会も増えすぎ、金をかけすぎているのだ。時代はそんな状況ではないことを学会開

記事を読む

no image

MRI検査はスーパードクターをも超える診断率

ふつう体調がどうもよくないといった場合には患者は、まず内科に行きますから、他の科にくらべて、とくに痛

記事を読む

no image

医者は手術の時に雑談を話すというのは本当?

斬刀医はキャリア7年くらいの先輩、アシスタント役は新人の後輩、この二人が手術担当医師でした。患者さん

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑