看護師が患者を死なせてしまった話-見よう見まねで起こった事故

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

ある救急医療センターには、日頃から若手医師をイジメるので有名なべテラン看護婦がいた。経験の浅い医者が診ていると横から口を出す。普段、研修医を見下しているようなべテラン看護婦が自分の経験や勘だけで勝手な処置をしたり、いい加減な処置をしたために重大な医療ミスを起こすこともあるようだ。

ある時、急患が次から次に入った日があった。医者の手が足りない。そんな中で呼吸が困難になっている患者に対して、彼女は自分の判断で気管内に管を入れて空気を送り込んだのである。そんなふうにやっちゃダメよと、まるで自分はすべてを知っているかのように指示する。反発するとあとが怖いから、医者はグッと我慢する。

本来なら医者の手で行わなければならない処置であり、聴診によって両肺にちゃんと酸素が入っているかを確認するものである。実際は、管がちゃんと気管に入っていなかったから、人工呼吸器につないで空気を送ったところで肺には届かず、むしろ余計呼吸を困難にしてしまった。一応、聴診器で聞いたらしいが、肺に入っている音なのか酸素が送られているだけの音なのか区別がつかない。あわてて医者を呼び出したが間に合わなかった。患者は亡くなってしまった。

また、別のベテランの看護婦。心臓の働きが弱い、脈が遅くなった患者にアトロピンという薬を打つことがある。それを、反対に脈を遅くするベータブロッカーを打ってしまった看護婦がいた。心臓が止まりそうになって医者が呼ばれ、薬を打ちなおして間一髪、命をとりとめた。

注射をすべき患者を間違える

研修医なので、ついつい詳しくしゃべってしまったのだが、そんなこと、オーベン(指導医)でもないあなたがしゃべっちゃダメよ。まったく何もわかってないんだから困っちゃうわと、患者の面前で彼を叱ったのである。そんな彼女だったから、注射の件で医学部長に始末書を書かされた時は、研修医一同が万歳をしたものだった。彼女はベテランの看護婦で、病棟で研修医について担当の患者を診たりするのだが、ある時、手術後で弱っている患者が、病気について研修医にたずねたことがあった。

ある看護婦が婦長から鎮痛剤を打ってくるようにいわれたのだが、注射をすべき患者を間違えて別の患者に打ってしまった。入院患者がナースコールで痛むといってきた。医療ミスなんて問題より、日頃のうらみが晴れたことのほうが関心事のようだ。ベテラン看護婦は医師のしていることを毎日間近に見ているので、見よう見まねでそれくらいのことはできると錯覚してしまう。しかし、症状が同じだから知っている処置をすればいいというものではない。

スポンサーリンク

関連記事

no image

心臓の雑音のことをマーマーという-用語集

・ポケベル(pocket bell) 20年前に女子高生にかわいいポケベルが流行し、医者の持つ

記事を読む

no image

病院で使われる用語集-色々な略語を紹介

医師の間で使われている、色々な略語を紹介していこう。 ・エソファグス(esophagus)

記事を読む

no image

姑息的手術の意味やそのほかの医学用語の意味の紹介

・姑息的手術 たとえば、すでに転移している大腸ガンの場合、手術してもガンが治ることはほぼない。

記事を読む

no image

医学研究の本当の意味をもう一度考え直さないといけない

たしかに研究は自由で、どういうことをやってもいいのかもしれない。しかし、これからは大学病院という公共

記事を読む

no image

医者の家族は他人の医師に診てもらったほうがいい

近しい身内はなぜか治りが悪いようです。日ごろから尊敬しつづけているご夫妻なら別ですが、最も信頼できる

記事を読む

no image

心室性期外収縮とはPVCともいう心電図の検査結果欄に書かれる用語

・PVC(心室性期外収縮) 心電図の検査結果欄に書かれる用語だ。心室性期外収縮の説明をすると話

記事を読む

no image

セカンドオピニオン-転院して急激に回復したある患者の例

セカンド・オピニオンを他の医療機関で聞くほうがいいという典型的な例を紹介します。医者であるGさんの九

記事を読む

no image

やさしい医者で親切だが腕がない場合の弊害

いきなり、質問です。さて、最も罪作りな医者は誰でしょう?もし、不親切で能力のない医者と、親切で能力の

記事を読む

no image

タレントが出産のために病院に通うことになった

ある時、有名タレントの〇〇さんがおめでたで、自宅近くの総合病院に通うことになった。さすがに病院側も心

記事を読む

no image

認定医の現状-その数があまりに多いために起こる問題

専門医先進国のアメリカでは、意外な現状がある。日本と医療保険制度が違うために、単純に比較はできないが

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑