看護師が患者を死なせてしまった話-見よう見まねで起こった事故

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

ある救急医療センターには、日頃から若手医師をイジメるので有名なべテラン看護婦がいた。経験の浅い医者が診ていると横から口を出す。普段、研修医を見下しているようなべテラン看護婦が自分の経験や勘だけで勝手な処置をしたり、いい加減な処置をしたために重大な医療ミスを起こすこともあるようだ。

ある時、急患が次から次に入った日があった。医者の手が足りない。そんな中で呼吸が困難になっている患者に対して、彼女は自分の判断で気管内に管を入れて空気を送り込んだのである。そんなふうにやっちゃダメよと、まるで自分はすべてを知っているかのように指示する。反発するとあとが怖いから、医者はグッと我慢する。

本来なら医者の手で行わなければならない処置であり、聴診によって両肺にちゃんと酸素が入っているかを確認するものである。実際は、管がちゃんと気管に入っていなかったから、人工呼吸器につないで空気を送ったところで肺には届かず、むしろ余計呼吸を困難にしてしまった。一応、聴診器で聞いたらしいが、肺に入っている音なのか酸素が送られているだけの音なのか区別がつかない。あわてて医者を呼び出したが間に合わなかった。患者は亡くなってしまった。

また、別のベテランの看護婦。心臓の働きが弱い、脈が遅くなった患者にアトロピンという薬を打つことがある。それを、反対に脈を遅くするベータブロッカーを打ってしまった看護婦がいた。心臓が止まりそうになって医者が呼ばれ、薬を打ちなおして間一髪、命をとりとめた。

注射をすべき患者を間違える

研修医なので、ついつい詳しくしゃべってしまったのだが、そんなこと、オーベン(指導医)でもないあなたがしゃべっちゃダメよ。まったく何もわかってないんだから困っちゃうわと、患者の面前で彼を叱ったのである。そんな彼女だったから、注射の件で医学部長に始末書を書かされた時は、研修医一同が万歳をしたものだった。彼女はベテランの看護婦で、病棟で研修医について担当の患者を診たりするのだが、ある時、手術後で弱っている患者が、病気について研修医にたずねたことがあった。

ある看護婦が婦長から鎮痛剤を打ってくるようにいわれたのだが、注射をすべき患者を間違えて別の患者に打ってしまった。入院患者がナースコールで痛むといってきた。医療ミスなんて問題より、日頃のうらみが晴れたことのほうが関心事のようだ。ベテラン看護婦は医師のしていることを毎日間近に見ているので、見よう見まねでそれくらいのことはできると錯覚してしまう。しかし、症状が同じだから知っている処置をすればいいというものではない。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

8020運動という厚生労働省のスローガンをご存知でしょうか?

八〇歳になっても自分の歯を二〇本残し、自分の歯でものを噛んで食事をしょうというスローガンの8020運

記事を読む

no image

医師の紹介状があるかないかで料金が違うことがある-用語集

・紹介状 紹介状があるかないかで料金が違うことが多い。大学病院によっては、紹介状がないと診察し

記事を読む

no image

サービス業としての病院-来てよかったと思えるものにする

サービス業としての病院についてですが、ある患者さんが病院を訪れ、去るときにはああ、この病院に来てよか

記事を読む

no image

教授になっても研究をバリバリやっている人たちばかりではないらしい

バブル期の経済とともに、学会も増えすぎ、金をかけすぎているのだ。時代はそんな状況ではないことを学会開

記事を読む

no image

病院内の売店の経営は意外に儲かるらしい

東京郊外にある大学病院に出入りするW商店社長の車は黒塗りのベンツ。それもサンルーフつき。大病院の職員

記事を読む

no image

美容整形は医療ではない!?大学病院には存在しない

美容整形外科は形成外科の一分野であるが、医療ではない。根本的に違うのである。手術の技術が高くなったの

記事を読む

no image

看護師にいくらプレゼントを渡しても待遇は一緒

もちろん患者さんからの贈り物ですが、お中元やお歳暮のシーズンになると、ナースステーションと呼ばれる看

記事を読む

no image

地方の医師不足の解決策を協議していた厚生労働省など

地方の医師不足対策を協議していた厚生労働、文部科学、総務、財務の四省は二〇〇六年八月三十一日に、とく

記事を読む

no image

勤務している医療機関を変えたいなら-利用したいサービスを紹介

医局のしがらみから抜け出すことができず、自分が思い描くような収入を得ることができず、医局を抜け出した

記事を読む

no image

医者の触診を役得と考えるオタク医師の話

露骨に触れば問題にもなるだろうが、触診中に大きな乳房なら手に触てしまうこともある。役得である。普通の

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑