看護職の仕事はどう変わる?-活躍する場は広がってくるが問題も多い

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

高齢者の在宅医療を進めていこうとするこれからの医療では、医者より看護婦が活躍する場は広がってくる。そこには独立して仕事ができる場もある。医者から干渉されない専門の仕事ができれば、看護婦も開業という大きな目標を持つことができる時代はそれを要求するだろうが、医師会などからの反発が予想される。

介護保険で活躍するであろうケアマネージャーの試験には看護婦がかなりの数、受験していた事実は、いかに看護婦が医療現場で裁量権を持たないことに不満を感じているかということを的確に表している。大学病院のような高度医療になれば、専門的知識を持った看護婦も必要になるのは当然であるが、臨床で患者が望むことは、そういった看護婦ではなく、思いやりがあってやさしい言薬をかけてくれる看護婦である。

日本看護協会では専門看護士の認定を行なっている。精神看護、ガン看護、地域看護の三つの分野がある。さらに助産婦などの資格を取ろうとする者も多い。上昇志向の強い看護婦は、自分の技術を専門性のあるものにしようと考える。しかし、眼りなく医者の立場に近づこうとすることは、けっして看護婦の将来を明るくするものではないようだ。

医者と同じように、あまり専門化が進むと、患者の要求と次第にかけ離れてしまう。そこに看護婦の仕事や存在の本当の意味が隠れているように思える。結局、医者と同じように、研究と臨床を分けて行なうようなシステムを作る必要があるのかもしれない。

看護職は肩書きの少ない仕事で

医者の場合は研究という評価があり、それが大きな仕事の意欲になっているが、研究をしにくい看護学では、いかにやる気を維持するかは大きな問題である。患者からの感謝という非常に抽象的な表現で逃げているのが現状だろう。
能力別の評価がないために、やる気ある看護婦のやりがいを失わせ、次第にその環境はマンネリ化していく。看護職は肩書きの少ない仕事である。

研究をすることが、大学病院の医者の出世とリンクしている状況とはだいぶ違う。同じような仕事の多くなる外来診療などで、彼女たちのやる気を維持させるのは容易ではない。

研修などで勉強をしていくが、その勉強の先にあるものは自己満足しかなく、優秀な看護婦を評価するシステムは存在しない。あるいは優秀であってもできる仕事に制限を受けてしまう。主任、婦長という肩書きくらいしかないために、出世していくという満足感が得にくい。そのために臨床をやっていくこと自体に喜びを見い出さねばならない。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

病院内で事故が起こることもありえるので注意しましょう

病院内は安全な場所っていうイメージがあるのに、実際は危険も多いんです。病院内の交通事情は不良です。気

記事を読む

no image

医者のコミュニケーション能力の欠如の問題

手術などがうまくいった場合は、「口下手だけど、腕のいい医者」ですむことも珍しくない。しかし、手術など

記事を読む

no image

病院で予約システムを導入した場合のデメリット

病院はなぜ完全予約制の外来にしないのか?ある医師の話。「実は完全予約制の外来も何度となく考えてみまし

記事を読む

no image

医者が患者などとのコミュニケーションがうまくいかない問題

「医学部に入ってから、他学部の人とのつきあいがない」「医者になってから医者以外の友達がほとんどいない

記事を読む

no image

医師の休日はあってないようなもの

今はもう見なくなったポケベルですが、ポケベルは、昔は、まだ特殊な職業の人しか持っていなかったモノです

記事を読む

no image

なり手のない分野の医者になることは社会貢献でもある

医者は金だけがすべてではない。しかし、安易に都会の大病院に就職したいと思っていても、現実はそう甘くな

記事を読む

no image

麻薬犯罪に関わった医者の話-トランキライザーびたりの友人

ある大病院の医師が、トランキライザーびたりの友人に頼まれて、ハルシオンを長期間にわたって横流ししてい

記事を読む

no image

注射が怖いと騒ぐ人-採後しっかり押さえて5分間待ちましょう

痛〜い。やめてくれ〜、なんて叫び声が、診察室から響いてくることがあるでしょう。その悲鳴を聞いた待合室

記事を読む

no image

医科大学病院の手術が長い理由-安全性が高いわけではないらしい

患者の家族にとってはたまらない話かもしれないが、外科医を育てるためにはやむを得ないことであるようだ。

記事を読む

no image

健康診断システムに疑問を持つ専門家の意見

現在の健康診断のシステムを否定したり、健康診断の問題点をいくつか指摘している専門家が多くいるようです

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑