風邪などに抗生物質の処方をするのは過剰な治療

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

初期の風邪やほんの軽症なものに対しては、抗生物質の投与は過剰な治療でしょう。しかしその風邪がこじれてきますと、ウイルス感染から細菌感染の合併を引き起こし、気管支炎や肺炎の危険性が高まってきます。細菌が原因の気管支炎や肺炎に対する治療として、抗生物質は必須です。つまり細菌感染に対する抗生物質は絶対に飲むべき薬になるわけです。

風邪つまり普通感冒、に抗生物質が必要であるか否かについての考えですが、一般に感冒はウイルスによって起こる病気です。一方、抗生物質というのは、細菌をやっつけるものでウイルスには無効です。すると短絡的に言えば、ウイルスが原因で起こった風邪に対し、抗生物質はまったくの無駄ということになります。ところが、そう簡単にことが済まないところに医学の難しさがあるわけです。

はっきりしていることは、患者さんは、医者からもらった薬の内容やその意味付けを理解してから飲む必要があるということでしょう。くれぐれも読者の皆さんは風邪が一発で治る注射をしてくれとか、とにかく点満は有効ですねえなどと理にかなっていないことを言わないようにしましょう。

ケースバイケースとなってしまう

風邪のこじれかけやこじれると嫌だから予防的に飲んでおこうというオーダーに対しては、医者の判断や患者さんの希望によるケースバイケースとなってしまいます。つまり、使い方のはっきりしている抗生物質でさえグレーゾーンドラッグに位置付けられてしまうこともあるわけです。

日常診療においては、グレーゾーンの多い選択肢の中で、患者さんのためには、やった方がいいかな?このまま観察した方がいいのかなあ?と悩んでいる医者が多いことも知っておいてください。それでも医者は、悩んでいてばかりでは、日常の業務が進みませんから、かなり早いスピードで、一課題ずつ片付けていっているのが現実のようです。

病院がもうかる薬治療の選択にはグレーゾーンが多いこと、抗生物質など投与基準がはっきりしている薬剤でもグレーゾーンドラッグになり得るようです。また絶対やるべきことをやらない怠慢な医者や、絶対やってはならないことをやってしまう悪徳な医者はまれです。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

良性の病気がガンになるということは現実的に殆どありえない

・放っとくとガンになる 良性の病気がガンになるということは、現実的に殆どありえない。たしかに病

記事を読む

no image

なぜ、高学歴の親の子供がいい大学に入りやすいのか?

私が中学に入ってから成績が下がったのは、勉強をしなかったせいだ。それというのも、中学受験塾の先生がい

記事を読む

no image

実は開業医は家からあまり出ない出不精の人が多いらしい

実は開業医は家からあまり出ない出不精の人が多いらしい。開業医の行動半径は実は狭いらしい。 実は

記事を読む

no image

ムンテラとは?その意味と他にも医学用語を色々紹介

・麻薬 病院で何のために使うのかというと、もちろん闇で売って大儲けするためではない。ガンの末期

記事を読む

no image

診断が難しい病気も多く存在する診たての難しさ

医者側にとっての診たてとは?強調したいことは、患者さんにとって金科玉条のような診たてとは、医者側にと

記事を読む

no image

医者の言葉で「しばらく経過を見ましょう」には注意が必要

かかっている医者が、診断がきちんとできる医者か、単なる自信のない医者なのか見分けるためにも、しばらく

記事を読む

no image

小児科医の減少の理由-仕事がきついので辞めたい人が多い

今、小児科がどんどん消えています。小児科医の全体数は増えています。それなのに小児科が減るといいます。

記事を読む

no image

医師の紹介状を気持ちよく書いてもらうには?

~紹介状を気持ちよく書いてもらうには?~ かかりつけ医から紹介状をもらう場合、日本人特有の気配

記事を読む

no image

医者の性格が悪いと言われることがあるが本当か?

私自身は医者になるつもりで医学部に入ったのではなかった。実は映画監督になりたくて、在学中には家庭教師

記事を読む

no image

医者の中には往診する人としない人がいる

・往診する医者、しない医者 往診をしてくれる医者は近頃めっきり少なくなった。これには医者のほう

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑