風邪などに抗生物質の処方をするのは過剰な治療

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

初期の風邪やほんの軽症なものに対しては、抗生物質の投与は過剰な治療でしょう。しかしその風邪がこじれてきますと、ウイルス感染から細菌感染の合併を引き起こし、気管支炎や肺炎の危険性が高まってきます。細菌が原因の気管支炎や肺炎に対する治療として、抗生物質は必須です。つまり細菌感染に対する抗生物質は絶対に飲むべき薬になるわけです。

風邪つまり普通感冒、に抗生物質が必要であるか否かについての考えですが、一般に感冒はウイルスによって起こる病気です。一方、抗生物質というのは、細菌をやっつけるものでウイルスには無効です。すると短絡的に言えば、ウイルスが原因で起こった風邪に対し、抗生物質はまったくの無駄ということになります。ところが、そう簡単にことが済まないところに医学の難しさがあるわけです。

はっきりしていることは、患者さんは、医者からもらった薬の内容やその意味付けを理解してから飲む必要があるということでしょう。くれぐれも読者の皆さんは風邪が一発で治る注射をしてくれとか、とにかく点満は有効ですねえなどと理にかなっていないことを言わないようにしましょう。

ケースバイケースとなってしまう

風邪のこじれかけやこじれると嫌だから予防的に飲んでおこうというオーダーに対しては、医者の判断や患者さんの希望によるケースバイケースとなってしまいます。つまり、使い方のはっきりしている抗生物質でさえグレーゾーンドラッグに位置付けられてしまうこともあるわけです。

日常診療においては、グレーゾーンの多い選択肢の中で、患者さんのためには、やった方がいいかな?このまま観察した方がいいのかなあ?と悩んでいる医者が多いことも知っておいてください。それでも医者は、悩んでいてばかりでは、日常の業務が進みませんから、かなり早いスピードで、一課題ずつ片付けていっているのが現実のようです。

病院がもうかる薬治療の選択にはグレーゾーンが多いこと、抗生物質など投与基準がはっきりしている薬剤でもグレーゾーンドラッグになり得るようです。また絶対やるべきことをやらない怠慢な医者や、絶対やってはならないことをやってしまう悪徳な医者はまれです。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医者になってからの職業選択の失敗が減ったことは歓迎すべきこと

医者になってからの職業選択の失敗が減ったことは歓迎すべきことかもしれないし、逆に言うと、研修医時代に

記事を読む

no image

信頼できる医師を見つけるにはどうすればいいのか?

昔は、町の医者は患者の懐具合に合わせて医療をおこなっていたようです。患者たちは、診療代の代わりに米や

記事を読む

no image

研究費は知名度、人脈、教授の力の見せどころ

科学研究補助金と呼ばれる金が、研究者にとっては最も大きな研究費となる。これは申請した研究内容を文部省

記事を読む

no image

勤務している医療機関を変えたいなら-利用したいサービスを紹介

医局のしがらみから抜け出すことができず、自分が思い描くような収入を得ることができず、医局を抜け出した

記事を読む

no image

主任教授とは-問題になることでも起こさない限りクビにならない

一度主任教授になれば、増収賄とか、民事で問題になるような女性問題でも起こさない限り、辞職はまずあり得

記事を読む

no image

病院内の売店の経営は意外に儲かるらしい

東京郊外にある大学病院に出入りするW商店社長の車は黒塗りのベンツ。それもサンルーフつき。大病院の職員

記事を読む

no image

開業医師は流れ作業に追われる毎日

一般の人たちからすると、開業医というのは、何かあった時にすぐに行ける身近な医療機関としてなくてはなら

記事を読む

no image

博士号のメリット-医学博士でなければ教授の地位に昇る資格はない

医学博士でなければ、教授と名のつく地位に昇る資格はない。国公立、私立を問わず、大学で出世するためには

記事を読む

no image

キャンサーは英語で癌のことを指す-その他いろいろな用語も紹介

・キャンサー たとえば肺ガンならば、Lungcaというように、Caと略して使う。なお、カルシウ

記事を読む

no image

医師への色々な謝礼の実態-現在でも本当にあるのか?

医療器械や機材のメーカーは、製薬会社ほどまだ自主規制していないために、いまだに医者への過剰な接待やバ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑