健康診断の結果が怖い-ささいなデータの変化に一喜一憂

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

最近、増えているのが健康診断の結果を手にして、ささいなデータの変化に一喜一憂したり、医学的にあまり意味がない検査成績を過敏に気にする人たちです。健康診断や人間ドックの情報があふれ過ぎて、現在何かの病気で病院に通院中の人も健康診断を受けに行きます。こんな人がいらっしゃったようです。働き盛りのがっちりした二〇代の男性です。ある健康診断会社のコンピュータの検査成績の打ち出しを持って来院されました。そして、診察室の椅子に座るなりこう言われるのです。私はコレステロールが高いのです。今、治療しないと脳卒中や心筋梗塞にならないでしょうか。

確かに彼の持参した検査成績を見ると、コレステロールのところにだけ、H(High)のマークがついていました。しかし他の脂肪の検査を含めて、あとはすべて正常値たったといいます。Hのついている彼のコレステロール値は二二二でした。結論から言えば、まったく心配はいりません。その健康診断会社のコレステロールの正常値は一三〇〜二二〇で、コンピュータで診断するものですから、二多いだけでもHマークや※がついてしまいます。しかし健康診断の会社を代えたり、正常値の値を異なってとらえるだけで変わってくる結果です。

健康診断の目的が異なる場合は意義がありますが

高血圧で治療中の人が胃癌検診を受けに行ったり、糖尿病の治療中の女性が婦人科的検査を受けるなど、今かかっている病気と健康診断の目的が異なる場合は意義があります。しかし、高血圧で循環器の専門医にかかっているのに、循環器の検査を健康診断として受けるとか、胃潰瘍の治療を消化器内科でしている最中であるのにかかわらず、別の病院で胃カメラを施行してくるなど、検査の重複や無駄が多いのにも驚かされます。

A病院に通院中なのに、B病院で健康診断を受けたらC病院を紹介されてしまい、薬が重なってしまったなどという話もよく聞かれます。一人の患者さんの診察や検査の結果などの医療情報があちこちの病院に拡散してしまい、はなはだ効率がよくないと思います。このことの予防策としては、患者さんが自分の健康は自分で守るという視点に立って、自らの医療情報をコピーなどで保管・自主管理することであると思います。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医者の触診を役得と考えるオタク医師の話

露骨に触れば問題にもなるだろうが、触診中に大きな乳房なら手に触てしまうこともある。役得である。普通の

記事を読む

no image

ニューハーフの患者が大部屋に入ったらどうなる?

パンツスーツは女性のファッションとして定着しましたし、髪の長い男性もふえています。世間では男女の区別

記事を読む

no image

病院教授の絶対的な権力と力-人事権はある意味では切り札

教授は医局の人事権というものをちらっかせながら、医局を統括していく。その結果、日本の医学部は衰退して

記事を読む

no image

エゴグラムの結果の見方の例を紹介

あなたの前で、ヨチヨチ歩きの幼児が転んでしまったとき、あなたは最初にどう思うでしょう。 ・あら

記事を読む

no image

医学部の授業ってどんなことをするの?

医学部六年間の一般的なカリキュラムを示すと、一年では基礎科学と呼ばれるものが中心である。六年間の医学

記事を読む

no image

看護師が意地悪をしたくなるとき-医療現場で起こる出来事

看護師の中には、オールドミスであることのひがみばかりが強い看護師もいるようだが、これが手に負えない。

記事を読む

no image

研修後に医師が雇用してもらうには

研修後に医師が雇用してもらうには。 研修が終わった後、雇ってもらえる方法としては、後期研修という形

記事を読む

no image

医者の言葉遣いの善し悪しの判断する基準や見極め方

本来は体の具合が悪いのですか?という意味だが、体の具合が悪いから病院へ来たのにきまっているから、実際

記事を読む

no image

尿路結石になった男性-健康って何か分からなくなる

・35歳、健康食生活一筋男の嘆き 35歳のSさんは、深夜激しい腹痛に襲われ、救急車で運ばれた。

記事を読む

no image

閉経と妊娠の判断を間違えたある女性の話

・20年ぶりの産婦人科の門 ダンナは大阪に単身赴任中で、目下高校生の2人の息子との3人暮らし。

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑