純粋に研究論文だけを掲載する商業誌は日本では非常に少ないらしい

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

日本の医学商業誌のほとんどは、医学的な特集を組んで、その道の専門家や権威者に原稿を依頼する。例えば、肺炎というテーマについて、各医学部の権威者に論文を書いてもらうというやり方である。読者にとって、そういった最前線の研究者の意見を知る重要な情報源となる。ただし、純粋に研究論文だけを掲載する商業誌というのは、日本では非常に少ない。

また商業誌のなかには新薬治験のデータを専門に載せるような雑誌があり、その雑誌には製薬会社が出資しているケースもある。つまり日本ではネイチャーサイエンスといった、掲載された論文が世界的に評価を受けるような商業誌は存在しないということだ。

サイエンスやネイチャーといったノーベル賞を受賞するような論文が掲載される雑誌は、学会が作っている雑誌ではない。ところが、日本でいう商業誌はまったく意味が違う。日本では一流の学会誌に掲載されることが、研究論文として大切なこととなる。しかし、世界レベルで考えるなら、権威ある商業誌に掲載されるほうが、意味がある。つまり、日本では商業誌というものが、いかに学問的価値がないかということである。

日本の医療のスタンダード

一般の医者が知りたいのは、日本の医療のスタンダードである。日本の医療の実態、治療の方針を一般の医者は知りたいのだが、そういった協力体制はジッツがらみの原稿依頼と、調査をする金がないためにできないのが現状のようだ。したがって、商業誌に書かれる内容も、自分たちが行なった少ない症例での結果や、海外での研究データを述べているにすぎないらしい。

医局にいる医者にとってみれば、論文の数だけを稼ぐという点で、商業誌に論文を書くのは都合がいい。商業誌の編集委員も特定の学会のメンバーで仕切っていることが多いので、自分たちの仲間の人脈で、論文の原稿依頼をする。
商業誌から原稿依頼が来れば、自分が研究会で認められたということである。安い原稿料でなぜ原稿を書くかといえば、論文の数かせぎと、自分の名前を他の研究者に知らせるというメリットがあるからだ。

基本的には、医者も原稿料はいらないから、有名な商業誌に書きたいと思っている。そういった利害が一致して、商業誌の原稿は書かれていく。肝炎の特集ということであれば、肝炎を研究している教授のところへ原稿依頼が行き、ときには教授は自分の部下に書かせることになる。そういった有名な教授たちが書いた特集に、自分の名前を連ねることは書く側のメリットになる。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

薬の投与方法のミスの問題とポイント

薬の投与方法のミスの問題とポイントについて、ある専門家は語っている。過去に薬害エイズ事件が問題になっ

記事を読む

no image

医者の優しい言葉-良い悪いを判断する判断例集

良い医者は、薬の量に精通しているので、何グラムだったかな?とは言わない。しかし悪い医者は、薬の分量を

記事を読む

no image

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし。 昔から、お産にしても一定の割合で妊婦の

記事を読む

no image

医者の仕事に就きはじめてなくなってくる最初に持っていたやる気

卒業一年目の研修医というのは、ある意味では医局でのお荷物的存在である。しかし、二年目になってきて、あ

記事を読む

no image

お医者様選びのヒント-色々なケースに見る質の高さや低さ

データ的には6カ月くらいだとしても、あくまでもそれは平均値。「厳しいですね」は、患者の命が長くないこ

記事を読む

no image

日本の医学部は偏差値が高すぎると批判されるが

日本の医学部は偏差値が高すぎると批判されるが、外国と比べて医学の世界に優秀な人材が集まっているから、

記事を読む

no image

研修の質が悪いだけでなく教授たちがいばっているという側面

研修の質が悪いだけでなく教授たちがいばっているという側面。 大学病院の場合、研修の質が悪いだけでな

記事を読む

no image

研究費は知名度、人脈、教授の力の見せどころ

科学研究補助金と呼ばれる金が、研究者にとっては最も大きな研究費となる。これは申請した研究内容を文部省

記事を読む

no image

医学部の定員増の問題

定員増の合意は、文部科学省だけでなく、厚生労働省、総務省、そして財務省までが合意している。大学側も、

記事を読む

no image

研究熱心なある医師の毒味の楽しみ

研究熱心なある医師の毒味の楽しみ。 R内科のすぐ近くで喫茶店を経営するUさんは、開業当時からの患者

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑