純粋に研究論文だけを掲載する商業誌は日本では非常に少ないらしい

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

日本の医学商業誌のほとんどは、医学的な特集を組んで、その道の専門家や権威者に原稿を依頼する。例えば、肺炎というテーマについて、各医学部の権威者に論文を書いてもらうというやり方である。読者にとって、そういった最前線の研究者の意見を知る重要な情報源となる。ただし、純粋に研究論文だけを掲載する商業誌というのは、日本では非常に少ない。

また商業誌のなかには新薬治験のデータを専門に載せるような雑誌があり、その雑誌には製薬会社が出資しているケースもある。つまり日本ではネイチャーサイエンスといった、掲載された論文が世界的に評価を受けるような商業誌は存在しないということだ。

サイエンスやネイチャーといったノーベル賞を受賞するような論文が掲載される雑誌は、学会が作っている雑誌ではない。ところが、日本でいう商業誌はまったく意味が違う。日本では一流の学会誌に掲載されることが、研究論文として大切なこととなる。しかし、世界レベルで考えるなら、権威ある商業誌に掲載されるほうが、意味がある。つまり、日本では商業誌というものが、いかに学問的価値がないかということである。

日本の医療のスタンダード

一般の医者が知りたいのは、日本の医療のスタンダードである。日本の医療の実態、治療の方針を一般の医者は知りたいのだが、そういった協力体制はジッツがらみの原稿依頼と、調査をする金がないためにできないのが現状のようだ。したがって、商業誌に書かれる内容も、自分たちが行なった少ない症例での結果や、海外での研究データを述べているにすぎないらしい。

医局にいる医者にとってみれば、論文の数だけを稼ぐという点で、商業誌に論文を書くのは都合がいい。商業誌の編集委員も特定の学会のメンバーで仕切っていることが多いので、自分たちの仲間の人脈で、論文の原稿依頼をする。
商業誌から原稿依頼が来れば、自分が研究会で認められたということである。安い原稿料でなぜ原稿を書くかといえば、論文の数かせぎと、自分の名前を他の研究者に知らせるというメリットがあるからだ。

基本的には、医者も原稿料はいらないから、有名な商業誌に書きたいと思っている。そういった利害が一致して、商業誌の原稿は書かれていく。肝炎の特集ということであれば、肝炎を研究している教授のところへ原稿依頼が行き、ときには教授は自分の部下に書かせることになる。そういった有名な教授たちが書いた特集に、自分の名前を連ねることは書く側のメリットになる。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

学閥を利用することで名医を見つけることも可能

ベッド数九九の中堅病院ながら、心臓外科としては大学病院や国立病院をしのぐ病院もあります。神奈川県の大

記事を読む

no image

薬の種類が多いことで起こる患者への弊害

ある患者さん。不眠症の治療を除いて、まず耳鼻科から整形外科の六科に受診したとしましょう。この事態がす

記事を読む

no image

マジでやばい開業医-善し悪しの具体的な見分け方

よい開業医の見分け方には色々あるが、ここではよい開業医の見分け方を紹介していこう。 よい開業医

記事を読む

no image

医師の労働時間や環境がかなり過酷らしい

医療業界では若くしてのボックリ死もあるようですし、働きざかりに、ガンをはじめ不治の病で亡くなる人もい

記事を読む

no image

死刑囚から移植を受けることについて

どんな重症でも助かるかもしれないと思って治療を続け、呼吸が止まっても人工呼吸器をつける。それを脳死か

記事を読む

no image

医者のコミュニケーション能力の欠如の問題

手術などがうまくいった場合は、「口下手だけど、腕のいい医者」ですむことも珍しくない。しかし、手術など

記事を読む

no image

医者と付き合う場合、待ち合わせの時間を決めるのに苦労する

救急車で運ばれてきた患者さんを譲ることは緊急を要しますから、デートよりも優先順位は上にしないといけま

記事を読む

no image

「さじ加減」は料理ではなく医師がサジを使った分量の調節だった

・コーマ(coma) 昏睡のことを英語でコーマ(coma)という。 ・コート(kot)

記事を読む

no image

大病を患った患者の場合、家族を呼んで話をすることがある

医者の言葉のウラに隠されたやホンネを知っておくことで、医者に対して的確な質問をすることができます。自

記事を読む

no image

医療格差と情報の意味-治療をおすすめしても治りたい意欲なし

「どうせ生きていてもいいことがないから」「一生、貧乏だから」「一生、結婚できないから」と自棄を起こし

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑