研究費は知名度、人脈、教授の力の見せどころ

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

科学研究補助金と呼ばれる金が、研究者にとっては最も大きな研究費となる。これは申請した研究内容を文部省が選んで支給するものだ。研究費は大学病院からわずかに支給され、個人レベルになれば、まともに使えるほどのまとまった金にはならない。一人当たり年間数十万円である。

科研費の分配を決定する方法が明らかにされないし、その選択に当たって公平性がないのは、以前からいわれているところである。国立系大学の医学部がやはり多くの研究費を取ってしまっているのが現状である。

国立系大学では、この科研費が取れなければ研究ができないことになるために、必死に科研費を申請するが、このことが研究の内容をどうしても規定してくることになる。つまりあまり長期的な研究は認められをいため、数年で結論が出るようなものしかダメであり、過去の論文の実績がものをいうことになり、大学の知名度、教授の力がここで影響してくる。

講演会は教授にとって大きな収入

各地区で医師会が行なう講演会、市町村で行なう講演会など、そういった講演会へ出席することは、教授の肩書きを生かすチャンスでもある。教授、助教授、講師という肩書きで、講演料のランクが決まっている団体もある。講演会は教授にとって大きな収入となる。

ある専門分野での知名度が上がれば、かなりの原稿依頼が舞い込んでくるようだ。医学系の商業誌では、同じような内容で、いくつかの雑誌が時期をずらして特集を組むために、一度ワープロで打ってしまえば、それを少し変えるだけで原稿が出来上がり、実に効率のいい仕事になる。ただ、意外に原稿料は安いものである。

学会からの招待講演ともなれば、その謝礼も大きくなり、海外からの講演招聘となればさらに名誉まで上積みされる。そういう意味では教授の研究が一般受けするとか、最先端の研究で注目を浴びているほど、講演回識は増えていくことになる。その講演会のために、大学病院の日常業務が行なわれなくても、大学の宣伝効果を考えれば、むしろ積極的に行なうべきものかもしれない。

本の出版は一般向けのもので、売れればかなり収入が期待できるが、例外的な収入である。少し前であれば、医家向けの本を書き、それを製薬会社に買い上げさせ、一般開業医などにばらまくということがなされていたが、現在ではそういったことはかなり規制されているようだ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

脳死移植とそのメリットについて

脳死移植とそのメリットなどについて考えていこう。 先進医療であれば法を犯してもいいのかという問

記事を読む

no image

集団自律訓練法の適応と効果について

・集団自律訓練法の適応と効果 病院では集団療法として自律訓練法を取り入れています。目的はもちろ

記事を読む

no image

良い医者を探す基準-良い例と悪い例を比較してみよう

「塩分を制限してください」 塩分制限を指示したからといって、必ずしも良い医者とはかぎらない。医

記事を読む

no image

医師の本音-こんな患者はできるだけ診たくないというケース

医者の中だけで語られる、こんな患者はできるだけ治療したくないというような病気のケースはよくあるようだ

記事を読む

no image

整形外科は人気-血を見たくないと外科の人気は降下

外科は男の世界。男性が女性化していると話題になっているが、医学界でも同様で、内科や眼科というきれいな

記事を読む

no image

既往歴の意味-あらかじめ過去の病気などを思い出しておく

久しぶりに病院に行くなら、今までの病気の歴史を復習しておくといいでしょう。初めての病院に行くと必ず質

記事を読む

no image

看護師が意地悪をしたくなるとき-医療現場で起こる出来事

看護師の中には、オールドミスであることのひがみばかりが強い看護師もいるようだが、これが手に負えない。

記事を読む

no image

病院内の売店の経営は意外に儲かるらしい

東京郊外にある大学病院に出入りするW商店社長の車は黒塗りのベンツ。それもサンルーフつき。大病院の職員

記事を読む

no image

開業医師は流れ作業に追われる毎日

一般の人たちからすると、開業医というのは、何かあった時にすぐに行ける身近な医療機関としてなくてはなら

記事を読む

no image

医療ミスを隠蔽する体質-自主申告になっている事故の実際

医療事故はちょっとした不注意、集中力の欠如から発生します。なにしろ、交通事故で亡くなる人は年間八〇〇

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑