研究費は知名度、人脈、教授の力の見せどころ

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

科学研究補助金と呼ばれる金が、研究者にとっては最も大きな研究費となる。これは申請した研究内容を文部省が選んで支給するものだ。研究費は大学病院からわずかに支給され、個人レベルになれば、まともに使えるほどのまとまった金にはならない。一人当たり年間数十万円である。

科研費の分配を決定する方法が明らかにされないし、その選択に当たって公平性がないのは、以前からいわれているところである。国立系大学の医学部がやはり多くの研究費を取ってしまっているのが現状である。

国立系大学では、この科研費が取れなければ研究ができないことになるために、必死に科研費を申請するが、このことが研究の内容をどうしても規定してくることになる。つまりあまり長期的な研究は認められをいため、数年で結論が出るようなものしかダメであり、過去の論文の実績がものをいうことになり、大学の知名度、教授の力がここで影響してくる。

講演会は教授にとって大きな収入

各地区で医師会が行なう講演会、市町村で行なう講演会など、そういった講演会へ出席することは、教授の肩書きを生かすチャンスでもある。教授、助教授、講師という肩書きで、講演料のランクが決まっている団体もある。講演会は教授にとって大きな収入となる。

ある専門分野での知名度が上がれば、かなりの原稿依頼が舞い込んでくるようだ。医学系の商業誌では、同じような内容で、いくつかの雑誌が時期をずらして特集を組むために、一度ワープロで打ってしまえば、それを少し変えるだけで原稿が出来上がり、実に効率のいい仕事になる。ただ、意外に原稿料は安いものである。

学会からの招待講演ともなれば、その謝礼も大きくなり、海外からの講演招聘となればさらに名誉まで上積みされる。そういう意味では教授の研究が一般受けするとか、最先端の研究で注目を浴びているほど、講演回識は増えていくことになる。その講演会のために、大学病院の日常業務が行なわれなくても、大学の宣伝効果を考えれば、むしろ積極的に行なうべきものかもしれない。

本の出版は一般向けのもので、売れればかなり収入が期待できるが、例外的な収入である。少し前であれば、医家向けの本を書き、それを製薬会社に買い上げさせ、一般開業医などにばらまくということがなされていたが、現在ではそういったことはかなり規制されているようだ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医者は患者を触る指で相手を覚えるという

医者は患者を触る指で相手を覚えるという。顔を思い出せすともふたりの関係は指が知ってる。 ここは

記事を読む

no image

医者が女遊びがすぎて痛い目にあった話

彼が一躍その名を轟かせたのは、有名女優と噂になった時である。二人の交際はマスコミにも知られるようにな

記事を読む

no image

小さな村の診療所に赴任してきた女医の奮闘

・医者の仕事もところ変われば なにしろ村にたった一つの診療所。同じ大学病院の外科に勤務する夫に

記事を読む

no image

女のわがままに最も対処できるのは

・もっとも女のワガママを知りつくした医者 技術的には世界でも最高のレベル。現在の日本の美容整形

記事を読む

no image

無駄な医療が患者さん一人一人の負担になる疑問

心身医学療法というのは医者の持つ専門的技術が評価されているわけですので、かかる医者の技術差が医療費に

記事を読む

no image

診断が難しい病気も多く存在する診たての難しさ

医者側にとっての診たてとは?強調したいことは、患者さんにとって金科玉条のような診たてとは、医者側にと

記事を読む

no image

ITの次にくるのはBT(バイオテクノロジー)だといわれている

日本の教育は、カリキュラムが一貫したプログラムになっていない。次の二年間が、臨床といわれる、いわゆる

記事を読む

no image

語学は遺伝に関係ないと思って勉強をしたというある医師

語学は遺伝に関係ないと思って勉強をした、というある医師。それでも、中2で勉強を始めた際には、灘のほか

記事を読む

no image

病院機能評価-実態を知る方法というのはあるのか?

病院の評価すらまだまだ進んでいない現状では、大学病院の医療の実態を知る方法というのはほとんどないとい

記事を読む

no image

病院食がまずいのは調理のせいではないようだ

もちろん病気によっては食べてはいけない食品があり、好き勝手に食べられては満足な治療ができないことはあ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑