研究のための研究-先見性や医学の進歩など関係のない世界

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

多くは海外の研究方法や新しい医療器械をどこよりも早く導入し、それをあたかも自分の研究のようにしてやるのが普通である。それを十年近くやっていれば、誰しもその道の専門家として見てくれるようになる。そこには、先見性や医学の進歩などとはまったく関係のない、研究のための研究があるだけのようだ。

日本ではまだまだ、自分のアイデアのために、研究補助員を雇って研究を進めるということがやりにくい。試験管を洗い、実験用の動物に餌をやる。そんな基本的な行為をしっかりやっていくのが、正しい研究者であると思われている。分業というものに、どうも抵抗感がある。いまや研究は共同研究といって、複敷の研究者で行なわれるものが多くなっている。一人の力ではなかなか最先端の研究をやりきれないからだ。

講師、助教授、教授と出世をしていくには、研究論文数が大切になってくる。上に立つ医者は、若手の研究指導もしなくてはならず、なかなか自分のオリジナルな研究ができにくくなる。それも自分の名前が一番最初に書かれた、ファーストオーサーと呼ばれる、実際に自分がやった研究論文をいかに作り出すかが、勝負である。

パソコンが普及しはじめた頃

パソコンが普及しはじめた頃、小さな研究発表でも、自分でデータを計算しグラフを描くことが本来の研究者であり、パソコンを使ってグラフを描くなど、邪道であると先輩に言われたようだ。グラフを描くことが、研究で非常に重要な部分であると思っていた指導医が実際にいたのだ。合理性のある考えは、研究者として失格であると思っていたようだ。

しかし、パソコンがあっという間に研究者のなかに普及して、そんな考えは消えてしまった。研究データを解析するためにはパソコンがいかに役に立つか、しばらくすれば誰もが理解できた。自分の研究ネタは他の医者に渡さないという姿勢が必要になってくる。そのために、自分独自の研究路線をとらねばならない。

その研究が医学的に価値があることにより、論文形式をふまえて、従来の医学常識にのっとっていることが、日本の医学論文には要求される。臨床的、科学的に意味があるというのは、二次的な問題なのだ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

心身医学療法を現代の医療に加える

気管支端息は頻回の夜間発作や度重なる入院などが医療費を高めています。気管支端息は代表的なアレルギー疾

記事を読む

no image

医学部の学生相手のパーティや合コン

医学部生は、よその女子学生からモテる。医学部のサークルは、当たり前のように他大学出身の女子マネージャ

記事を読む

no image

臓器移植の問題点-チンパンジーの脳に換える

心療内科では、交流分析、自律訓練法、行動療法の三本柱に加え、一般心理療法、カウンセリング、催眠療法を

記事を読む

no image

出産で超安産型な女性のお話

まったくひどい目にあったわよ!K子さんが、次女の出産の話をするときは、思わず慣概しないではいられない

記事を読む

no image

薬の飲み忘れに注意-1回くらいいいやと思っていると危ない

高血圧や高脂血症など痛くないし、あまりつらくもない病気の場合は、薬を、ー回くらい忘れてもいいやなんて

記事を読む

no image

私費でいいからいい医療を受けたいという人が出てくる可能性

美容外科の手術は私費や自費なので、保険が併用できな液検査や手術の後の抗生物質の使用も、自費で受けない

記事を読む

no image

医者に質問-先生は休憩や食事などは取っているのですか?

教室での勉強から病院での実地学習が始まり、医者の実態がわかりかけてきた時期のこと。ある医学生が病院の

記事を読む

no image

男性が結婚難と言われる時代だが原因は本人にあるかも

最近、男性は結婚難の時代だそうです。私も含めて、女性も結婚ですけれど、なかなか需要と供給がマッチしな

記事を読む

no image

進行ガンの意味-最近では患者に告知するケースが増えてきたが

・進行ガン 進行ガンの人にガン告知をする場合は、早期ガンだから大丈夫ですという言い方をするのが

記事を読む

no image

肝臓の位置を知っていますか?自分の体をよく知ろう

毎年、忘年会シーズンには、ここ何日か飲みすぎで、肝臓がキリキリ痛むんですよと、左の腹部を手でさする患

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑