検温カードで勘付かれてしまった病気の勘違い

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

研修医の小僧など、彼女たちの手にかかっては赤子も同然。キャリア6年の医局員M医師でさえ、表面はにこやかにふるまいながら、内心は早々に回診を済ませたいところである。T大学病院の消化器病棟でも、とくに元気なオバさま集団のいる6人部屋が、朝から晩までかしましい。女性ばかりの病室は騒がしいことこの上ない。ただでさえヒマを持て余しているものだから、不満、憶測、ウワサが飛び交い、病院の内輪話から若手の先生の品評会まで、なんのかのとおしゃべりのタネにされてしまう。

ところがある日、そんなM医師のあとを追うようにして、病室から患者のAさんが出てきた。見ると、顔が青ざめている。思いつめた表情の彼女を別室に通し、話を聞こうとすると、Aさん開口一番、先生、私ガンでしょうかと、聞いてきた。Aさんは6人の中でもわりとおとなしいほうの中年女性である。ほかの5人はMKなんです。Kはカイヨウの略だと、みんな言うんです。でも私のだけMGで・・。先生、Gはガンの略なんでしょう?私はガンなんでしょう?ハッキリ言ってください。

M医師は内心ビクビクしながらも

この病院では、入院患者の病状経過の参考のために検温カードをつけていた。体温をグラフに表示して、各患者の枕元にかけてある。そのカードのわきに小さくアルファベットが書かれているのそ)だが、このアルファベット、実は病名の略字なのだ。M医師は内心ビクビクしながらも、とにかく、これは病名の略でもなんでもないんだから、みんなの言うことなどいちいち気にすることはないよ。

さあ、早く病室に戻った、戻ったと、Aさんをかわした。Aさんに問い詰められ、M医師は言葉に詰まってしまったが、本当は、MKはドイツ語のマーゲン・クレブスつまり胃ガンの略なのだ。ほかの5人の思惑とは逆に、Gのほうがカイヨウのドイツ語略ゲシュビューアなのである。女性のカンとは恐ろしい、・・。最近では、どこの病院にも検温カードの習慣はなくなったようである。その理由が、こんなところにあったかどうかは定かではない。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

研究論文というのは大きな隠れ蓑になってしまう

まさに研究というのは大きな隠れ蓑になってしまう。肩書きが上がるほど、原著論文と呼ばれる純粋な研究論文

記事を読む

no image

注射が怖いと騒ぐ人-採後しっかり押さえて5分間待ちましょう

痛〜い。やめてくれ〜、なんて叫び声が、診察室から響いてくることがあるでしょう。その悲鳴を聞いた待合室

記事を読む

no image

美容整形は医療ではない!?大学病院には存在しない

美容整形外科は形成外科の一分野であるが、医療ではない。根本的に違うのである。手術の技術が高くなったの

記事を読む

no image

病院医局の内部-息を潜め教授の意見に黙って従う世界

医学部のさまざまな管理機構には、外部からの影響がほとんど及ばないという。そのために学長や理事長という

記事を読む

no image

教授になっても研究をバリバリやっている人たちばかりではないらしい

バブル期の経済とともに、学会も増えすぎ、金をかけすぎているのだ。時代はそんな状況ではないことを学会開

記事を読む

no image

医者の触診を役得と考えるオタク医師の話

露骨に触れば問題にもなるだろうが、触診中に大きな乳房なら手に触てしまうこともある。役得である。普通の

記事を読む

no image

医者の仕事に就きはじめてなくなってくる最初に持っていたやる気

卒業一年目の研修医というのは、ある意味では医局でのお荷物的存在である。しかし、二年目になってきて、あ

記事を読む

no image

大学の医局にはアルバイトをやりたい人はごまんといるのに

医者のアルバイトの値段は、二十年以上前とほとんど変わっていない。臨床研修の必修化で研修医のアルバイト

記事を読む

no image

医師が患者さんを診察するときに困ること

医師が患者さんを診察するときに困ることがよくあるようです。診察の中でも、胸の診察で困るのがスリップや

記事を読む

no image

教授に評価され研究をやめさせられる医局員の悲劇

研究の評価は実に難しく、専門分野が違ってくると一人の主任教授では判断できなくなってくる。例えば、腎臓

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑