研修医の仕事-都会から地方病院に行ったらモテる

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

研修医は普通は外来の新患は診ない。初診は怖くて診られないし、病院としても診させられないというのが正直なところ。院長なり、ベテランの医師などが診断を下した、入院患者の経過を診るのが主な仕事だ。ほかに先生がいなくてしかたなく診ることはあっても、ほとんどは病棟の担当になる。

それと当直である。都内の有名な病院じゃ、若くても勤務の長い看護婦には子供扱いされるが、地方病院に行ったらまず看護婦の目が違う。まさに辞めるように上から下までジロジロ。ここでも技量を測られるのかって最初はビビるが、そうではない。

都会の医者に憧れていて、あわよくば結婚して東京に住みたいと思うのか、東京じゃとてもモテないような人間でも、先生、先生と寄ってくるらしい。それくらい、地方病院の看護婦は東京の医者に弱いようだ。
医局では叱りとばされ、看護婦にも先生、それは違いますよなんていわれているのに、アルバイト先では大事にされる。お金をもらえるだけでなく、アルバイトは気分もいい。

個人経営のクリニック

個人経営のクリニックとか診療所などと名乗っているところは別だが、病院と名のつくところでは法定人員がある。
しかし常勤にして高い給料を払ってはやっていけないから、アルバイトを呼ぶことになる。研修医や勤めはじめて二~三年の医者でも、なんとかアルバイトとして使ってもらえるのは、医師の頭数だけは揃えておかなければならないからだ。

研修医のアルバイトといえば決まっていて、一般の病院で外来の手伝いをすることだ。五万円というのが平均的な報酬だが、ベッド数が二~三百の中規模の病院だと二~三万円しかもらえない。入院患者を多く抱える総合病院だと十万円で、これは高い。勤務時間は四~五時間といったところだ。医局でもしなくてはならないことが何かとあって忙しいから、週に一回がせいぜい。

私大に行った研修医は給料は三万円なのに、患者からの心付けが十万円、アルバイトで三十~四十万円、計四十~五十万円を稼いでいた人もいたようだ。でも、そんなに働いていたら休みもとれず、心と体がポロボロになってしまうようだ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

研究論文の発表の場でこだましたあってはならないセリフ

・学会でこだました、あってはならないあるセリフ これまで、できるかぎり晴れがましい場は避けてき

記事を読む

no image

老夫婦の愛が強すぎたために起こった夜の事件

妻は毎日欠かさず見舞いにくる。70歳になる老人が胃潰瘍でP病院に入院してきた。それも、たかが胃潰瘍の

記事を読む

no image

医者に嫌われる患者と好かれる患者

~医者だって気分がのらない時もある。医者が好きになる患者、嫌いになる患者~ 外科でこんな患者は

記事を読む

no image

教授選の激しい舞台裏-道は非常に険しいらしい

教授選は最後の最後まで裏切りなどがあり、教授選は本当に蓋を開けてみないとわからないことが多いようだ。

記事を読む

no image

医者の診断できない範囲-ナワバリを知らされたある出来事

医者のナワバリを、魚の骨で知らされたある出来事がある。 1人息子の医大合格祝いの席で、鋼のホネがノ

記事を読む

no image

新人ナースを嫌がる患者さん-しかし嫌なことばかりではない

学ぶエネルギーに満ちあふれ、フレッシュな気持ちで患者さんに接してくれる看護実習生。実習生は、たいてい

記事を読む

no image

かかりつけ医のメリット-何でも相談できる近所の開業医さん

かかりつけ医とは、何でも相談できる近所の開業医さんのことです。あなたは、かかりつけ医を持っていますか

記事を読む

no image

死刑囚から移植を受けることについて

どんな重症でも助かるかもしれないと思って治療を続け、呼吸が止まっても人工呼吸器をつける。それを脳死か

記事を読む

no image

小児科医の減少の理由-仕事がきついので辞めたい人が多い

今、小児科がどんどん消えています。小児科医の全体数は増えています。それなのに小児科が減るといいます。

記事を読む

no image

医療安全情報などを得るためにはどうすればいいのか?

日本では一部の病院で疾病別定額払い制度が試験的に実施されています。定額払いだと、よく耳にする薬漬け医

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑