献体について-少ないご遺体をなんとか得ようとする術

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

遺体にいくら支払うかの相場はなく、大学によってまちまちだ。医学教育に欠かせない解剖実習は献体に頼っているが、献体者は実に少ない。少ないからこそ、本来は無償のはずが、解剖実習のために患者の遺族に金を払って遺体を買うということが起こる。

しかし解剖が終わると解剖尉慰霊祭などを行い、火葬して遺族に返すことになるので、葬式代が浮くと考える遺族がいないわけではない。精神病院に二十〜三十年と長く入院している患者などは、両親はすでに亡く、身寄りもないといった状況で、死んでも遺体の引き取り手がいないことがある。そんな場合は献体されるし、兄弟がいたにしても献体を望まれることが多い。
精神病院に長期入院する患者は少なくないが、家族は最初はひと月に一、二回面会に来るものの、そのうち段々と間隔が開いていく。

遺体を買う場合は貧しそうな遺族を選ぶのだそうで、相手を間違えると感情を逆撫でして、社会問題に発展する可能性もあるという。精神障害が重く、身内の判別もつかないような患者の家族は、十年もすると面会には来ない。生きていようが、死のうが、もう関係を持ちたくないのである。そうした患者が死んで家族に連絡をとると、献体に喜んで応じるという。

人工透析の医療費

人工透析は病院や患者の病状によっても違うが、一回五万円、週三回やるとして一か月六十万円である。そして、九八年末のデータでは、全国で人工透析を受けている患者は約二十万人もいる。人工透析は一度はじめたらずっとやり続けなければならない、やめれば死んでしまう。一昔前は、重い腎臓病にかかったら死を待つ以外なかった。それが人工透析の開発によって、生き延びられるようになった。ところが、この人工透析はとにかく金がかかる。

人工透析は病院にしてみれば固定収入になっていいわけだし、医者にとってもその立ち会いほどラクな仕事はない。アルバイトとしても効率がいい。とはいえ、透析を受ける患者は、今後増えても減りはしない。人工腎臓も考えられているが、実用化の見込みは当分ない。現在のところ人工透析以外で救う手段は、腎臓移植しかないのである。

これではいくら保険料を上げても、保険医療はパンクしてしまうだろう。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医学用語集-用語についてわかりやすく解説します

病院用語についてわかりやすく解説します。 ・一過性 一過性という語がついた病名や病状は、

記事を読む

no image

エントラッセンとは?退院のことを英語でこう呼ぶ-用語集

・エントラッセン(entlassen) 若手医師にうっかりこの患者は今日の午後にENTだなどと

記事を読む

no image

受験の直前期にやること

医学部への受験。これからの二週間や一カ月より、これまでの一年間、二年間のほうが、はるかにやってきたも

記事を読む

no image

トラウマとは英語で外傷という-色々な用語集

・トラウマ(trauma) トラウマとは英語でガイショー(外傷)のこと。 ・トーヤク(投

記事を読む

no image

日本の医者は腕がよくなることにきわめて動機づけが乏しい

日本の医者は、腕がよくなることにきわめて動機づけが乏しいという問題がある。日本の場合、臨床の腕のよし

記事を読む

no image

二日酔いで吐き気を感じながら手術をする医師

お医者さんの二日酔いなんて、いいの?そんなことあるの?と疑問に思うでしょう。医者も人間です。飲んべえ

記事を読む

no image

アメリカの病院システムで有名なマネージド・ケアというシステム

アメリカはマネージド・ケアというシステムを作り出した。これは医者、病院、保険会社が患者個人や会社を相

記事を読む

no image

看護師にいくらプレゼントを渡しても待遇は一緒

もちろん患者さんからの贈り物ですが、お中元やお歳暮のシーズンになると、ナースステーションと呼ばれる看

記事を読む

no image

ヤンキーの妊娠-子宮摘出の手術を施さなければならない事態に

振り乱した髪は金色に輝き、黒いTシャツに床までとどく長いジャンパースカートのいでたちは、さっきまで環

記事を読む

no image

肝臓の位置を知っていますか?自分の体をよく知ろう

毎年、忘年会シーズンには、ここ何日か飲みすぎで、肝臓がキリキリ痛むんですよと、左の腹部を手でさする患

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑