大企業の集団検診で達人の域に達する

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

R氏とて検診医の経験もあるにはあるが、それだって近所の小学校だけ。大企業あげての集団検診など、今回が初めてである。ある地方の病院からこの春、都内の総合病院に赴任してきたR内科医。以前いた病院は、個人病院に毛が生えた程度の規模だったから、ここへ来てからというもの、見るものすべてびっくりすることばかりだった。施設、患者数、システム、覚えることが多すぎて、まじめがとりえのR氏の毎日は、目まぐるしく過ぎていく。相手は従業員2400人を数える家電メーカー。本社近くの体育館を借り切っての検診は1日がかりだ。次から次へとわき出てくる患者たちを相手に、目の回るような忙しさ。

気がつけば、耳のあたりがなにやらしくしく痛む。触ると熱をもっているようだ。なんと、長時間聴診器をしていたために、耳の穴がこすれて血がにじんでいるではないか。消毒液を湿したガーゼでしばらく冷やしてから、席に戻り、なにげなく隣の同僚を見てR氏は驚いた。なんと耳の穴につながっているはずの彼の聴診器の端は、耳のすぐうしろにあてられ、しっかり首からぶら下がっているのだ!つまり、彼は聴診器を耳に差し込んでいないのである。

君は達人ですねえ

上学生の頃、臨床実習で、あまりの緊張に、R氏も同じようにはからずもそれをやったことがある。そのとき教授に皮肉を込めてこう言われたものだ。君は達人ですねえ、聴診器を耳に差さずに胸音が聞けるとは。あれでどうやって胸音が聞こえるのか?はっと気づいて、R氏は思わずつぶやいた。達人だ。集団検診など、達人の境地でなければやっていられないかもしれない。社員数千人の大会社が一挙に検診なんてことになれば、それもあたりまえかもしれないが、ある医者に言わせると、年に1回行われる会社の健康診断などというものは、実はあまり信用できないものらしい。

レントゲン写真にしても、ものすごい数のピンボケ写真を医者はほとんど流れ作業で診ていく。万が一、それで異常が見つかったのなら、相当運がいいか、相当悪いかのどちらだろう。病院の経営上、あまり細かいことは言ってられないというのが現状らしいのである。医者のほうだって、もちろんそれがいいとは思っていない。けれども、この会社の検診というお仕事、病院側からすれば、機材がそろってさえいれば経費は一切かからないから、かなりの収入源にはなるようである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

薬の処方の問題-実態はほとんど改善されていない

最近は薬局で処方される薬について事細かに解説書が付けられるようになりました。今は、処方箋を持って薬局

記事を読む

no image

医師の休日はあってないようなもの

今はもう見なくなったポケベルですが、ポケベルは、昔は、まだ特殊な職業の人しか持っていなかったモノです

記事を読む

no image

素人判断をして指示に従わない患者の数が多い

素人判断をして、指示に従わない患者さんは、すごく数が多いようです。不安感が強く会社にも行けないといっ

記事を読む

no image

いい病院に就職できるチャンスは小さいものに

いい病院に勤めることのできるチャンスや、とくにその病院で医長や部長に昇進するチャンスは、今はどんどん

記事を読む

no image

病院で風邪薬をもらわなくても本当は自分で治せる!?

風邪薬はどれほど有効か?もともと風邪の薬というのは症状を和らげるだけのものです。風邪のウイルスを本当

記事を読む

no image

夜間救急病院の実情-急患をイヤがる色々な理由や事情

医者の多くは死に対する感慨をなくしてしまうようである。極めて醒めた感情で人間の死に対しているようだ。

記事を読む

no image

病院の待合室にやってきた手ごわい常連

ある民放キー局のすぐ近くにある、T大学病院。場所がら、ここは芸能人の患者も多い。昼間は彼らも他の患者

記事を読む

no image

終末期の定義と厚生労働省

後期高齢者終末期相談支援料は、凍結されたが、厚生労働省は医療費を減らすために、このような考えを持って

記事を読む

no image

内臓逆位で心臓も逆に!?鏡の世界に戸惑うお医者さん

・鏡の世界のお医者さんと患者さん 検診の結果報告のため、わざわざ担当医に呼びつけられたGさん、

記事を読む

no image

無駄な医療が患者さん一人一人の負担になる疑問

心身医学療法というのは医者の持つ専門的技術が評価されているわけですので、かかる医者の技術差が医療費に

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑