医者に嫌われる患者と好かれる患者

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

~医者だって気分がのらない時もある。医者が好きになる患者、嫌いになる患者~

外科でこんな患者はお断りというのが、何といっても老人のようだ。家族に愛されている老人であれば、おじいちゃんを何とか助けてください。あと何年でもいいから、生きられるようにしてくださいなんていわれ、手術のお礼もはずんでくれる。しかしそんな家族は多くない。どうせ先が短いんだから、手術なんてしなくてもいいのになんて顔をされて、気が乗らない手術をしなくてはならないという。それに比べると、若い働き盛りの男性の胃潰瘍や胆石など、良性疾患の手術は気持ちがいいという。

ガンにしても若い患者は進行が早いので、医者の手間もかからずにすむという考え方をしている医師もいるようだ。しかし老人は進が遅い。万が一治っても、家族に温かく迎えてもらえない老人なのである。手術をする際にも体力がないので、難しい手術でも時間をかけてじっくりやるわけにもいかず、再手術の連続になる。術後も体の弱り方がひどいので、細心の注意が必要になるのだ。

こんな患者はお断り・内科

循環器系の疾患なら、たとえば心筋梗塞なんていうのは、亡くなってしまう患者はすぐに亡くなられてしまうし、持ちこたえれば治る見込みもある。急性なら治癒率も高いから気がラクである。

患者本人もつらいだろうが、医者のほうもそれなりにつらいというものもあり、消化器系のガンは進行が遅い。たとえば胆のうガンなら、「胆石ですよ。外科の先生に手術をお願いしてありますから..。体力が落ちているから回復には時間がかかるかもしれませんが、簡単な手術で必ず治ります」と嘘をつかなくてはならない。ガンや白血病などの悪性疾患は診たくないようだ。

ガンをはじめとして治癒の見込みがなかったり、治療に反応しない患者を診るのはイヤなもののようだ。どんなに病状が重くても治療をすればすぐによくなる患者は、医者にとってはラクだし一番だが、経営面からいえば、いいことではない。老若男女に関わらず、ちょっと検査して薬を出すだけで治ってくれる患者はいい。治療にすぐ反応してくれる患者は、医者をありがたいと思うのか、感謝の念も強い。保険点数の高い検査を必要とし、点数の高い治療が施せ、そしてダラダラと入院してくれなければ困るようである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

ターゲスとは血糖日内変動のことをドイツ語こう呼ぶ-用語集

・ターゲス 血糖日内変動のことをドイツ語でターゲスといい、具体的な方法は、朝食の前後、昼食の前

記事を読む

no image

貧血について-男性や中高年の女性の場合は危険なことがある

・パソ パソというのはパソロジーの略で、病理という意味だ。つまり、ガン細胞のありそうな場所から

記事を読む

no image

医師がお礼の商品券を断固として拒否した本当の理由

・お礼は断固おことわり新人医師のあきれた言い分 今日退院するNさんが、医局に挨拶に来た。皆さん

記事を読む

no image

生検とは-その意味とその他にも医学用語をいくつか紹介

・生検(セーケン) ここでは生検について話をしよう。検査法は、ポリープとかの細胞の一部を削り取

記事を読む

no image

病院の選び方-あなたはどういった観点で選択していますか?

医者に行こう!と思った時、あなたはどのように病院を選ぶでしょうか?さまざまな選択基準が考えられますが

記事を読む

no image

臨床技術を勉強させてもらっている身で給料をもらうなどという声

臨床技術を勉強させてもらっている身で給料をもらうなど、贅沢だと思うかもしれない。研修医の指導をしても

記事を読む

no image

良い悪いドクターの例を紹介-よく観察した方がよい特徴や注意点

一見、重い病気だったんだから仕方がない。諦めましょうという慰めのコトバに聞こえるが、必ずしもそうとは

記事を読む

no image

医療ミスについて-認定医の制度をほかの科にも広げるべき

医療ミスを招く原因の一つは、明らかに人手不足だ。絶対数が足りない上に、患者に主に接するのが経験の少な

記事を読む

no image

自律訓練法で簡単リラックス

心身医学療法でよくなったやせ症やせ症は拒食症とも言われ、正式には神経性食思不振症と呼ばれます。自ら食

記事を読む

no image

問診の内容や診察した所見を記載することなど

内科の場合、一般的には、顔色、眼、口、首、胸部、腹部などと上から下へ進んでいきます。まず顔色です。顔

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑