後期高齢者医療制度導入の問題

公開日: : 最終更新日:2016/09/05 医療に関する記事

二〇〇八年度最大の医学関連のニュースは、おそらくは後期高齢者医療制度の導入問題だろう。つまり、これは知っておいて損はないというか、知っておかなければならない情報である。医学部受験生というのは、面接や小論文の対策上、医学にまつわるニュースのチェックが欠かないものである。どんどんと医療の世界に興味を持ちはじめることであろう。

ニューガートンによれば、七十五歳までの高齢者は中高年の連続で、ぼけたり、寝たきりになったり、いわゆる要介護状態など特別なケアを必要とすることはほとんどない。彼はそれを「youngod」と呼ぶように主張した。

そもそも後期高齢者とはだれのことなのだろう。後期高齢者という響きは良くなかった。いつのころからか、厚生労働省が後期高齢者という言葉を使い出したが、そのもとは、シカゴ大学の老年学者であるベルニース・ニューガートンが使った「youngold」と「oldold」という言葉であると思われる。

明らかにケアの必要な高齢者

たしかに、六十五~六十九歳で寝たきりや要介護状態になる高齢者は約一・五%、七十〜七十四歳では約二・五%なのに対して、七十五~七十九歳で約四・五%、八十〜八十四歳で九・一%、これが八十五歳以上になると約二〇%になってしまう。七十五歳以上はケアも必要だし、薬を使うとかえって悪くなることがあるなど特別な医療が必要だとして「odold」と呼んで、分けて考えるべきだと言った。

さらに、明らかにケアの必要な高齢者である後期高齢者(ただし、ニューガートンがこの言葉をい出したのは一九七四年のことであり、それ以降の高齢者の若返りを考えると七十五歳で切るのでな、八十歳で切るという考え方ーたしかに七十五~七十九歳までであれば、寝たきりも認知症も五%に満たないーもありえるが)が、非常な勢いで増え続けるという問題もある。

あるいは、日常生活に支障が出るレベルの認知症にしても、六十五〜六十九歳で〇・九%、七十〜七十四歳で二%だが、七十五〜七十九歳は四%、八十~八十四歳は九%、そして八十五歳以上だと一六%になってしまうのだ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

評判の良い病院が分からないときに自分でいい医者を見極める基準

もし、熱が高いから点満しましょうとか、のどが赤いから血液検査をしましょうなどと言って点満や検査をする

記事を読む

no image

痔で入院した患者たちの上下関係

・入院して知った痔主たちの上下関係 成人の3人に1人がかかるという痔。なんと、虫歯に次いで日本

記事を読む

no image

名医とは-手術の腕だけでなく患者への対応も見ておこう

たとえば高血圧の初期は、症状が何もないので、自分で勝手に通院をやめてしまう人がいる。そういう人が体調

記事を読む

no image

純粋に研究論文だけを掲載する商業誌は日本では非常に少ないらしい

日本の医学商業誌のほとんどは、医学的な特集を組んで、その道の専門家や権威者に原稿を依頼する。例えば、

記事を読む

no image

全国医学部長病院長会議は医師の臨床研修制度について見直しを求める

病院全体で医者が六人とか八人とかいうような事態が生じて、医者が過労状態になったり、救急をやめたりとい

記事を読む

no image

開業医師は流れ作業に追われる毎日

一般の人たちからすると、開業医というのは、何かあった時にすぐに行ける身近な医療機関としてなくてはなら

記事を読む

no image

医者が診断で不安なときに使う「とりあえず念のために」

とりあえず、念のためにという意味で使っている医者が時々いるようですが、これは自分の診断が不安だから、

記事を読む

no image

便秘で薬を飲むのを我慢する老人が教えた医局ではわからないこと

・ウンチが教えた大学の医局ではわからないこと この春に大学の医局に戻るO医師の後任として、K医

記事を読む

no image

風邪などに抗生物質の処方をするのは過剰な治療

初期の風邪やほんの軽症なものに対しては、抗生物質の投与は過剰な治療でしょう。しかしその風邪がこじれて

記事を読む

no image

娘にどんな教育方法を医者たちはしているのか

・娘にどういう教育を医者たちはしているか 結婚間近のMさんが、鎖骨を痛めて入院した。原因はゴル

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑