後期高齢者終末期相談支援料

公開日: : 最終更新日:2016/02/01 医療に関する記事

凍結されているが、後期高齢者終末期相談支援料の新設が行われた。七十五歳以上の高齢者が、終末期と診断された場合、医師と相談し延命治療の有無などの希望を文書で示すと、診療報酬二〇〇点が病院に支払われることになったのだ。この延命治療というのが、輸液、中心静脈栄養、経管栄養(胃ろうを含む)、昇圧剤の投与、人工呼吸器、蘇生術とのことである。

大学病院型医療より地域医療型で地域の診療所の医師が患者さんを一人の人間として診る医療が発達している長野県では、老人医療費が日本で最低なのに、男性一位、女性五位寿県になっていることから見て、高齢者にコスト・エフェクティブな治療ができるという。これは大変良いことであろう。

高齢者の終末期患者に、これらの医療行為をするとお金がかかるので、しないという患者さんを少しでも増やすための制度と言えなくもない。医療費の削減圧力がかかれば、「医師と相談」ではなく「医師が説得」ということにもなるだろう。末期患者のスパゲティ状態などが問題になっていることもあり、末期の人にこんな治療をしなくてもいいではないかと思う人も多いかもしれない。これは、なかなか難しい問題なのかもしれない。

水分が足りないとき

水分が足りないときに点満をするとか、中心静脈栄養や経管栄養で栄養を補給するというのは、どちらかというと通常の医療行為だ。これをやる、やらないについては、終末期の定義が大事になってくる。

死にかけて血圧が下がってきたときに昇圧剤を使うとか、自発呼吸ができなくなったときに人工呼吸器を使うとかは、われわれ医師から見ても、十分、終末期医療と呼べるものである。これについては、患者さん(というか、多くの場合、家族が)が無理な延命治療を望まないという意思をはっきり示された場合、控えることは時にある。

たとえば、日本尊厳死協会の研究班は、終末期を「不治(と判定された)時から死までの時期」とし、「不治」を「あらゆる治療行為に効果が期待できず、死への進行が止められなくなった状態」と定義している。すると、医学が治すことのできない、とくに進行性の病気にかかった人は、その病名が確定した時点で終末期ということになる。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

格差社会の医療の在り方-アメリカなどの例とおすすめの事項など

情報通の人はいい医者を選ぶ。格差社会というとお金の問題ばかりが取りざたされる。情報の格差。ITの時代

記事を読む

no image

医者が癌になったら-病気の医師が自分で自分を診たがる理由

医者の不養生とはよくいったもので、医者の多くは自分の体に無頓着である。医者は定期検診とか人間ドックな

記事を読む

no image

医者のコミュニケーション能力の欠如の問題

手術などがうまくいった場合は、「口下手だけど、腕のいい医者」ですむことも珍しくない。しかし、手術など

記事を読む

no image

良い医者の見つけ方-良い例と悪い例をあげて分かりやすく紹介

悪い医者は、やたらと多くの薬を使いたがる。一方、薬を必要最小限にしぼって病気を治すのが、上手な医者で

記事を読む

no image

採血検査のときに朝食を抜かないといけない理由

遅刻しそうでも、朝ご飯だけは欠かせないという人たちにとっては、かなりつらいことです。なかには、学生時

記事を読む

no image

院長室でお宝をいただく-病院でのある出来事

通常、多くの病院では年に2度、7月と年末に大々的なカルテの整理をする。O病院もその例にもれず総整理と

記事を読む

no image

医者の言葉遣いの善し悪しの判断する基準や見極め方

本来は体の具合が悪いのですか?という意味だが、体の具合が悪いから病院へ来たのにきまっているから、実際

記事を読む

no image

サードオピニオンを別の病院で求めると安心な理由

ある総合病院では、主治医の紹介状、それまでにおこなった治療内容、今後の治療方針、検査データ、薬の情報

記事を読む

no image

看護師の制服は昔は薄く透けやすかったので

病院の話がテレビドラマ化されると、そのたびに人から美ましがられることがあるようだ。病院では、医者は看

記事を読む

no image

病棟常備薬-ナースステーションの薬の箱に入れてあるもの-用語集

・二通りの道 世間の人は、内科部長や診療所長よりも、医学部教授の方がカッコイイと言うが、その代

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑