薬の種類が多いことで起こる患者への弊害

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

ある患者さん。不眠症の治療を除いて、まず耳鼻科から整形外科の六科に受診したとしましょう。この事態がすべて大病院の中で行われたわけですが、バラバラの医療機関です。いずれのお医者さんからも親切にしてもらったと喜んでいますし、個々のお医者さんに対しては信頼を寄せています。

しかし、飲み薬がバラバラになってしまい、当惑しているのです。一人一人の医者は、飲み薬について説明してくれたのですが、もう何が何だかわかりません。結局、この患者さんはお薬を飲むのをまったくやめてしまったのです。いずれの病院も医療レベルにまったく問題はなく、担当医は全員が善意あふれる親切で有能な医者たちでしたが。

確かに医療機関どうしが、もっと緊密に連絡を取り合えば、このような事態は防げたでしょう。しかしこのような結果になるとわかっていたら、好き好んで飲んでもらえない薬をどんどん出す医者もいないでしょう。

患者さんの側にも問題

医療機関、すなわち医者側の十分な配慮が不足していたという点で責任は否定できませんが、このケースの場合は患者さんの側にも、

・何でも相談できるかかりつけ医、をもっていないこと
・仮に経介状がなくても、現在飲んでいる薬を医者に見せていないこと
・紹介状をもって医療機関の移動をしていないこと

などの問題点があげられると思います。

誰も悪い人はいないのに、不幸な結末だけが残る。善意と善意の集合が、悪い結果を生む。そんな気がしてきませんか。一体、誰に問題が、責任の所在があるのでしょう。現在、この種の問題が日本の至る所で、起こっています。国民一人一人が正しく医療機関とつきあえるようになるために、このような問題が話し合える場があるといいですね。

実は、この方は実在する患者さんで、最後に心療内科のところを訪れたのです。たくさんの診療科に通院していることを知った医師が、この患者さんの家にある薬を全部持ってきてもらうことにしたそうです。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医者が勧める薬には必要のないものもあるようですので注意

ビタミン剤は、いわゆる薬とはちがって、飲んでも副作用などもまずなく、安心であることから、積極的に勧め

記事を読む

no image

妊娠後の死産を増やすある産婦人科の話

地方都市の近郊にある土着の病院で、親子代々がお産するので有名だった。先代の死後、二流私大を出た息子が

記事を読む

no image

姑息的手術の意味やそのほかの医学用語の意味の紹介

・姑息的手術 たとえば、すでに転移している大腸ガンの場合、手術してもガンが治ることはほぼない。

記事を読む

no image

医師の本音-こんな患者はできるだけ診たくないというケース

医者の中だけで語られる、こんな患者はできるだけ治療したくないというような病気のケースはよくあるようだ

記事を読む

no image

大学病院はメリットばかりとは限らない

カゼらしい症状でも大学病院の内科、小さな切り傷でも大学病院の外科に行きたがる人ってけっこういるんよう

記事を読む

no image

必見!今の医療現場に嫌気がさした時に転職を考えるならこれ!

医師が転職を考える場合、自分で転職のために動くのはかなり大変です。ツテはある方なら何とかなるかもしれ

記事を読む

no image

愛人関係などの問題で病室がパニックになることもある

医療の現場では、教科書や授業で習わなかった問題点がさまざまあって、解決方法に困ったこともあるようです

記事を読む

no image

医師の労働時間や環境がかなり過酷らしい

医療業界では若くしてのボックリ死もあるようですし、働きざかりに、ガンをはじめ不治の病で亡くなる人もい

記事を読む

no image

脳死移植とそのメリットについて

脳死移植とそのメリットなどについて考えていこう。 先進医療であれば法を犯してもいいのかという問

記事を読む

no image

医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射をされる犠牲者も必ずいるわけで

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑