薬の種類が多いことで起こる患者への弊害

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

ある患者さん。不眠症の治療を除いて、まず耳鼻科から整形外科の六科に受診したとしましょう。この事態がすべて大病院の中で行われたわけですが、バラバラの医療機関です。いずれのお医者さんからも親切にしてもらったと喜んでいますし、個々のお医者さんに対しては信頼を寄せています。

しかし、飲み薬がバラバラになってしまい、当惑しているのです。一人一人の医者は、飲み薬について説明してくれたのですが、もう何が何だかわかりません。結局、この患者さんはお薬を飲むのをまったくやめてしまったのです。いずれの病院も医療レベルにまったく問題はなく、担当医は全員が善意あふれる親切で有能な医者たちでしたが。

確かに医療機関どうしが、もっと緊密に連絡を取り合えば、このような事態は防げたでしょう。しかしこのような結果になるとわかっていたら、好き好んで飲んでもらえない薬をどんどん出す医者もいないでしょう。

患者さんの側にも問題

医療機関、すなわち医者側の十分な配慮が不足していたという点で責任は否定できませんが、このケースの場合は患者さんの側にも、

・何でも相談できるかかりつけ医、をもっていないこと
・仮に経介状がなくても、現在飲んでいる薬を医者に見せていないこと
・紹介状をもって医療機関の移動をしていないこと

などの問題点があげられると思います。

誰も悪い人はいないのに、不幸な結末だけが残る。善意と善意の集合が、悪い結果を生む。そんな気がしてきませんか。一体、誰に問題が、責任の所在があるのでしょう。現在、この種の問題が日本の至る所で、起こっています。国民一人一人が正しく医療機関とつきあえるようになるために、このような問題が話し合える場があるといいですね。

実は、この方は実在する患者さんで、最後に心療内科のところを訪れたのです。たくさんの診療科に通院していることを知った医師が、この患者さんの家にある薬を全部持ってきてもらうことにしたそうです。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

人間はコンピューターと同じではない

壊れた臓器を新しいものに交換するという発想が機械の修理みたいで何かひっかかるという専門家がいます。た

記事を読む

no image

医者の中には往診する人としない人がいる

医者の中には往診する人としない人がいる。 ・往診する医者、しない医者 往診をしてくれる医

記事を読む

no image

医学部の授業ってどんなことをするの?

医学部六年間の一般的なカリキュラムを示すと、一年では基礎科学と呼ばれるものが中心である。六年間の医学

記事を読む

no image

夜間救急病院の実情-急患をイヤがる色々な理由や事情

医者の多くは死に対する感慨をなくしてしまうようである。極めて醒めた感情で人間の死に対しているようだ。

記事を読む

no image

ベテラン医者が仕事を辞めたがっている

大学のOB会でビールを飲みながら、学会のランチタイムにハンバーグ定食を食べながらなど、40~50代の

記事を読む

no image

痔で入院した患者たちの上下関係

・入院して知った痔主たちの上下関係 成人の3人に1人がかかるという痔。なんと、虫歯に次いで日本

記事を読む

no image

病院食がまずいのは調理のせいではないようだ

もちろん病気によっては食べてはいけない食品があり、好き勝手に食べられては満足な治療ができないことはあ

記事を読む

no image

医学部へ入学するのに理想的なの人は人生経験をある程度積んだ人

人生経験をある程度積んだ人間が、医学部へ進むのが理想である。現在では、医者になってからさまざまな人生

記事を読む

no image

医者が患者の場合一つのミスもなくさなければいけない-用語集

・患者が医者 医者だって当然病気になるが、その場合の主治医の感想としては、やむにくいの一言に尽

記事を読む

no image

薬の飲み忘れに注意-1回くらいいいやと思っていると危ない

高血圧や高脂血症など痛くないし、あまりつらくもない病気の場合は、薬を、ー回くらい忘れてもいいやなんて

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑