薬の投与方法のミスの問題とポイント

公開日: : 最終更新日:2015/11/16 医療に関する記事

薬の投与方法のミスの問題とポイントについて、ある専門家は語っている。過去に薬害エイズ事件が問題になったことがある。血液は「汚い」ものとされて、素手で触るようなことは絶対にしなかった、とある医師は語っていたようだ。まして、それが体に入るようなことは絶対に避けていた(たとえば、カテーテルなどで血が飛んできて目に入るようなことを、である)。では、薬の投与方法などのミスは、どこにあったのだろうか。

まともに文献を読んでいれば、感染の危険は十分予知できた。まともに加熱処理などを行っていないで、何千人、何万人の売血をするような人-差別と言われるかもしれないが、貧困層が多く、とくに外国の場合は麻薬や売春に関与している人が多い。

輸血肝炎などはとっくの昔に問題になっていたのだから、当然である。だから、血液製剤が加熱処理もされていなかったということを知らなかったということに驚きを禁じえないが、もし、それを知って使っていたとすれば、医者の側のセンスのなさが問題にされるべきだ。

薬の投与方法などの勉強をちゃんとしていない、危険性の想像ができなかった、薬を投与した一人ひとりの医者の責任は非常に大きい。しかしながら、薬害エイズ事件の際に刑事で訴えられた医者は、大物医師だけだった。薬の投与をした人間はどうなったのか。

薬の投与方法のミス

加熱製剤が認可されてからも使い続けていたことは言語道断である。いくら回収されなかったとはいえ、加熱製剤が出たということの意味がわからないようでは医者とは言えまい。そういう点で、この薬の投与方法などの問題は、製薬会社や国だけでなく、いい加減な薬の投与をする医者総体の問題であるといっていい。

民事訴訟でも、基本的には厚生省と製薬会社が訴えられただけだった。結局、自分の不勉強のために、患者さんに危険な薬を投与し続けた医者たちは、これだけ医療ミスの裁判が増えた時代であるのに、また多くの死者を出しているのに、薬害肝炎事件でも薬害エイズ事件でも、民事でも刑事でも、訴えられることはなかったという。

ただ、薬害エイズについてもそう簡単な問題でないこともある。血液製剤でエイズに感染した患者さんのほとんどが、エイズのウイルスが発見される前にすでに感染していたということがあるのである、とある専門家は語った。

薬の投与方法などの問題は、根が深そうである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

注目されている地域医療や総合診療など

注目されている、地域医療や総合診療。人間を個別の臓器に分けて診るという対応から、人間全体を診ていこう

記事を読む

no image

医者は論文の質ではなく、その数で決まるといわれる理由

ある医局では昔、助教授の書いた週刊誌の小さな健康記事、製薬会社の広報雑誌のコメントまで研究業績として

記事を読む

no image

いい外科医を見つけるための具体的な方法

その他の科目の医者も生命を救済するという意味ではまったく同じなのですが、むずかしい手術を成功させた瞬

記事を読む

no image

大病を患った患者の場合、家族を呼んで話をすることがある

医者の言葉のウラに隠されたやホンネを知っておくことで、医者に対して的確な質問をすることができます。自

記事を読む

no image

人間ドックにかかる費用、経費は信用できない!?

医学界では集団検診のあり方について、行政分野では人間ドックのあり方について、さまざまな調査を行ってい

記事を読む

no image

看護記録とは-いろんなことすべてが書き残されるので注意

看護記録は主に入院している患者さんについて、病気のこと、体のことのほかに、心理状態や生活観察など、実

記事を読む

no image

閉経と妊娠の判断を間違えたある女性の話

・20年ぶりの産婦人科の門 ダンナは大阪に単身赴任中で、目下高校生の2人の息子との3人暮らし。

記事を読む

no image

顔色が悪いかどうか判断するために化粧は控えましょう

たとえば、顔色や肌のつやなどから、貧血を疑ったり、体の水分バランスを考えたり、とても参考になります。

記事を読む

no image

入院中の外出は無断で行わないでおきましょう

患者さんの中には、病院の食事がこんなに美味しいなんて知らなかったと、感激される人がいるようです。栄養

記事を読む

no image

日本の医学部は偏差値が高すぎると批判されるが

日本の医学部は偏差値が高すぎると批判されるが、外国と比べて医学の世界に優秀な人材が集まっているから、

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑