教授に評価され研究をやめさせられる医局員の悲劇

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

研究の評価は実に難しく、専門分野が違ってくると一人の主任教授では判断できなくなってくる。例えば、腎臓が専門の主任教授に、呼吸器の研究を判断させるほうが無理である。しかし、いまのようにいろいろな診療科目を抱え込んでいる大医局制度では、腎臓が専門の教授であっても、呼吸器、循環器、神経内科など、自分の専門外の研究も評価していかねばならない。

医局の研究テーマを決めるのは当然、主任教授である。そこで主任教授の納得できないものをやり出せば、研究費の配分も受けられず、そこでの研究生活は終わりである。そうしたやり方のほうが院内で医局の力を誇示できたし、医局員をたくさん抱えることができたからだ。

判断能力のない主任教授に研究を止められた医局員も多くいるようだ。個人的な人間関係がそこに入り、自分に従順であるからその医局員の研究を評価するという、実に馬鹿げたことがまかり通っているのが現状であるようだ。そこには科学的な根拠すらなく、感情論で押し通すことすらあったらしい。

しかし、さすがにその弊害が出て、診療科目は職器別になり、外来にも循環器内科、神経内科というように、細かく表示されるようになった。そのために、研究面でも臓器別の組織になってきていて、以前より一人の主任教授が専門外のことに口を出すことはできなくなってきた。しかし、まだまだ講座制が残っている限り人事権を持つために、主任教授の影響力は大きい。

二十年間同じ医局にいれば

どれほど有能な教授であろうと、二十年間同じ医局にいれば、その指導能力、研究能力は陳腐なものとなるといわれる。
どんなに知名度の高い教授であっても、最先端で研究を行なっているように見えるのは、優秀な研究者を抱えているからであって、いつまでも教授自身が直接研究をしているわけではない。
医学部の主任教授もやはり五年くらいをめどに任期制にすべきであるという声はある。
その場合、医局や医者の組織を管理する部署として別な組織が必要になろうが、研究指導者としての主任教授はやはり任期制にして、流動性を図る必要があろう。

とくに日本の医学部では、他の大学や研究機関との人材の行き来が少なく、研究者は一カ所で停滞してしまう。
大きなプロジェクトで有能な医者を集め、その研究が終われば解散していくというのが理想だろう。
ただ問題は、主任教授を辞めたあとの仕事や身分の保証の問題を解決しなければならない。
大学病院が研究至上主義を貫くなら、そのほうが効率はいいし、意味のない研究はできなくなる。

スポンサーリンク

関連記事

no image

病院の教授回診-ピリピリする神経の使う行事

明日が回診ともなると、教授の機嫌を損ねては自身の立場が危うくなるので、神経の使い方は並じゃない。一週

記事を読む

no image

大学の医局にはアルバイトをやりたい人はごまんといるのに

医者のアルバイトの値段は、二十年以上前とほとんど変わっていない。臨床研修の必修化で研修医のアルバイト

記事を読む

no image

医者が患者の場合一つのミスもなくさなければいけない-用語集

・患者が医者 医者だって当然病気になるが、その場合の主治医の感想としては、やむにくいの一言に尽

記事を読む

no image

医学教育の特徴-対外的な評価が教育面に反映されにくい現状

医学の教科書を棒読みする授業や、コピーを配るだけの、実に権威的なものが多いという。偉い教授の授業とい

記事を読む

no image

医師の休日はあってないようなもの

今はもう見なくなったポケベルですが、ポケベルは、昔は、まだ特殊な職業の人しか持っていなかったモノです

記事を読む

no image

8020運動という厚生労働省のスローガンをご存知でしょうか?

八〇歳になっても自分の歯を二〇本残し、自分の歯でものを噛んで食事をしょうというスローガンの8020運

記事を読む

no image

病室に騒音が響いて寝れないときの対処法

ただでさえ雑音の多い夜間の病院です。たとえば、急に容体が変わった患者さんがいれば、当直のナースやドク

記事を読む

no image

医学部の解剖実習出会いと相性とないものねだり

・解剖実習の出会いと相性とないものねだり G君たちの班の解剖体は、脳溢血で亡くなった42歳の男

記事を読む

no image

人体を解剖する実習

人体を解剖する実習だが、献体をしてくれる人に対する感謝の念や、あるいは医者としての精神を叩き込むとい

記事を読む

no image

キャンサーは英語で癌のことを指す-その他いろいろな用語も紹介

・キャンサー たとえば肺ガンならば、Lungcaというように、Caと略して使う。なお、カルシウ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑